第1期生・フランス留学便り ~カーン大学10月編・その2~ [2018年12月23日(日)]

<日本の授業との違いはありますか>
一般教養科目の授業は日本よりもプレゼンやグループワークが多いように感じますが、基本的には日本で受けている英語の授業と似たような内容や授業方法です。ただ、日本の授業と違うのは12週分の授業と最終試験があるというかたちが普通で、日数的にはかなり少なめです。12週間の中にも各授業ごとにテストやプレゼンがあって、それによって点数がつけられるようです。また、どの授業のテストも20点満点で採点されるのでにな、見慣れないかなり低い数字での点数は少し不安になります。

学校で申し込みをして参加する体験授業第1弾 ~チョコレートファクトリーへ~

<寮での生活で心がけていることはありますか>
キッチンや廊下でで他の住人にあったときは挨拶をするようにしています。また、機会があれば会話練習のために少し話してみたり、何をつくっているのか聞いたりもします。他の国のことを知ることができたり、時にはそのまま仲良くなることもできるので挨拶は大切にしています。あとは、部屋が狭くて空気がこもりやすいので、寒くてもしっかり換気をするようにはしています。衛生面の管理も自分でしなくてはいけないので、部屋はきれいに保ちたいです。

<カーンでできた友達について教えてください>
フランスでは日本の漫画がとても人気で日本に興味がある人がたくさんいます。でも、カーン大学には日本語を学ぶことのできる学科がないので、会話の練習に付き合ってほしいというフランス人や他国の留学生からよく話しかけられます。3人くらいに日本語を教える代わりにフランス語を教えてもらったりしています。お互い言語で説明が難しい時は英語をつかって会話をするので、英語を学んでいてよかったと思いました。それぞれの友達と、週に1回は会って話をするほどの関係にはなりました。

皆さんご存知のMont Saint-Michel
~日本人が多い観光地のため日本語表記の看板が沢山ありました~

月末のバカンス期間中に1週間かけてパリとロンドンを観光~エッフェル塔~

月末のバカンス期間中に1週間かけてパリとロンドンを観光 ~生憎の工事中だったビックベン~

☆M・Y☆