第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その2~ [2019年01月23日(水)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の予習は、授業でやっている内容の文法を日本で使っていた教科書を使って前もって頭に入れて置き、授業内で理解しやすい体制を作っておく。復習は、毎授業で出た宿題をしっかりとこなし、宿題の部分でどこが分かっていてどこが分からないのかをはっきりさせておき、授業で宿題確認の時間に先生に質問できるようにしておく。自習では、毎授業ごとその日やったことをまとめ、その日にやった文法などで分からなかったところを、日本の教科書や、現地の教材を使って理解しておく。

授業風景

アルカリングアでのインテルカンビオ

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
ホームステイの生活で大変なことは特にないです。スペインに来た頃に比べると、話している内容やテレビの内容なども理解できるようになり、ニュースを見ていて自分の興味のある内容だった時、それについてこれはどういった意味か、この問題についてどう思うかなど、話せるようになったのでそれが楽しい。リビングにいる時間が多いので、自然と話すことができたり、近所の人たちとも仲良くできているので、すごくいい生活が送れていると思う。

家の近くの紅葉の様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月は、両親の結婚記念日やホストマザーの誕生日など、パーティーを行うことが多く、どのパーティーも日本とは少し違ったのでそこがすごく勉強になった。例えば、誕生日であったら、ホストマザーが自分の友達に、何日は私の誕生日だから家に来ない?と自分から誘うところは、日本とは違う文化だなと感じた。自宅にホストマザーの友達などを呼び一緒にお祝いできたことや、次の日の夕食ではレストランに行き、家族でお祝いするなど、私の家族の一員として受け入れてもらえていることがすごくうれしいなと感じることが多い。初めて会う人も優しく話しかけてくれたり、理解できるまで言い方を変えてくれたりするので、すごく勉強になる。今月は、たくさんの人との新しい出会いがあり、日本との記念日の祝い方の違いを勉強できた。

マドリードクリスマスツリー点灯

☆K・T☆