第9期生・韓国留学便り ~誠信女子大学校 12月編~ [2019年02月17日(日)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
私はもともと授業の予習をする方ではなかったのですが、語学堂の級が高級クラスになってから中級クラスよりも難しい単語が増えてきたので最近は予習をするようになりました。予習方法としては、まず授業で使う文法をまとめた教科書に出てくる単語を前日までに調べて日本語訳した物をまとめて書き留めておくようにしています。予習をすることで授業中に分からない単語を調べる時間も減り、予習の大切さを実感しました。また復習方法としては、毎日その日習った単元のワークを解き、習った単語は各5回ずつ声に出しながら書き覚えたらテストをして、間違った単語はまた5回ずつ書いてテストをして…ということを繰り返しています。こうすることで単語もすぐに覚えることが出来ます。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマス当日は友達と新村に行き美味しいポッサム定食を食べ、前から行きたかった素敵なカフェに行きました。1人650円でポッサムステーキと冷麺、ご飯、味噌チゲというたくさんの量を食べて大満足でした。日本と比べ韓国は安い値段で量が多くおかずもおかわり自由なところが多いため、食べることが好きな私にとってはとても幸せです。そして26日には韓国人の友達2人が家でクリスマスパーティーをしようと招待してくれたため私の友達と計4人でクリスマスパーティーをしました。パーティーではピザとチムタクという蒸し鶏、そして大きいアイスクリームを出前で取り皆で食べました。皆で美味しいものを食べた後は、韓国の伝統的な遊びユンノリやトランプを皆でしたのですが、チーム戦で白熱しとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。今年のクリスマスは留学しないと経験することのできない思い出に残る素敵なクリスマスになったと思います。

初めて食べたポッサム定食

ホンデの素敵なカフェにて

韓国人の友達の家でクリスマスパーティーをしました

<今年を振り返って>
今年一年を振り返ってみて、2018年は去年より確実に充実し、また成長できた年だったと思います。韓国に来る前は人見知りで自分から人に声をかけられず授業中も発言はせずただ聞いているだけでした。しかし留学前に立てた、外国人の友達をたくさん作るという目標のため、語学堂の休み時間には自分から隣の席の子に積極的に声をかけるなどした結果今では留学前には考えられなかったほどたくさんの友達を作ることが出来ました。また語学堂では間違ってもいいから韓国語をたくさん話した方が良いと思い、自分から発言することが多くなりました。このように外国人の友達と遊んで積極的に韓国語を使う機会を作ったり、授業中に発言するようにしていたら最終的に留学の第一目標であったTOPIK6級に合格することが出来ました。まさか受かるとは思っていなかったため、合格が分かったときはとても嬉しかったです。2019年はもっと今より成長した年になるようこれからも努力したいと思います。

語学堂のクラスのみんなと

☆A・N☆