第9期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 3月編~ [2019年05月15日(水)]

<今教わっている先生について>
今は、5級の語学堂の先生3人とそれとプラスで受講している高級韓国語の先生2人にお世話になっています。5人の先生方は韓国語教育を専門としている方々なので授業時に常に留学生の私たちがわかりやすい速度、発音で基本的に話してくれます。また、わからないことがあるときには質問をすればわかりやすい言葉に直して説明もしてくださるので困ることなく授業を受けることが出来ています。授業中には韓国語だけでなく韓国のおすすめのお出かけ先や食べ物、文化についてもたくさんお話してくださり授業が楽しいです。

仁川の海

익선동の美味しい韓食屋

<留学して感じた日本との違い、カルチャーショックを教えてください>
韓国に留学して日本と違いカルチャーショックを受けたことは、3つあります。1つ目は、いたるところにフリーWi-Fiがあるということです。カフェはもちろん地下鉄の中でも各携帯会社のWi-Fiが飛んでいます。そのため、スマートフォンのデータ量が1か月500MBでも余るほどであることに驚きました。2つ目は、出前文化が当たり前であるということです。韓国では出前のアプリを使い簡単に食べたいものを探し出前を取ることが出来ます。3つめは、カード払いが当たり前であるということです。いつでもどこでもカード1枚さえ持っていれば買い物が可能でとても便利だと感じました。しかし、現金で払うときと比べ、所持している金額が目に見えないため使い過ぎに気を付けなければなりません。

おしゃれなカフェ

<留学をして半年が経ちましたが、留学前と比べ自分自身が成長していると感じることはありますか>
留学してから半年がたち、留学前と比べ自分自身が成長したと感じることはやはり韓国語力だと思います。留学が始まった当初は、街中で聞く韓国語の速度が日本で勉強していた時に比べ速度が速く、また発音もはっきりしていないこともあり理解するのが大変だった時期もありました。しかし、だんだんとその速度に慣れて韓国語の聞き取り能力が上がったのだと実感します。また、授業中も最初はわからない単語を辞書で検索することが多かったですが今では辞書で検索するということが少なくなったと思います。まだまだ6級取得には実力が足りないため今後も頑張って勉強します。

バロムで出会い仲良くなったルームメイト達とご飯

韓国で有名なミュージカルを観に

☆I・Y☆