第10期生・中国留学便り ~上海交通大学11月編・その2~ [2020年01月23日(木)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
授業中に取り扱った内容や先生が詳しく説明をしてくださった箇所を中心に復習しました。今回のテストは暗記するものがほとんどだったため、単語や文法をきちんと理解するように努めました。またテキストやプリントの隅々まで目を通し、どのような問題にもきちんと対応できるように準備しました。加えてスピーキンのテスト対策として友達と互いに問題を出し合ったり、間違いを指摘してもらいました。テスト対策は基本的に1人で行うことが多いですが、時と場合によっては一緒に勉強することでより自分の為になることもあるのだと感じました。

<寮生活で大変なことは何ですか>
夜遅くに同じ階の人が大声で熱唱していたり、大勢で騒いでいる声が聞こえることです。楽しく過ごしているのはいいですが、他の人も同じ建物で生活していることを忘れないでほしいと思います。日本にいる時は外国人が近くに住んでいることがなかったので、上海に来たばかりの時は他の外国人が騒いでいることも含めすべてが新鮮で割と受け止めることができていました。しかし2ヶ月以上経過した今、日に日に大きくなっていく声が気になるようになってきてしまいました。様々な国の人と生活するということ1つでも、価値観や生活リズムの違いがあるのだと改めて実感させられています。

韓国人の友人が今月誕生日だったため、ピザをデリバリーしてお祝いしました。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私の父と母、韓国人の友達の4人でご飯を食べたことです。今月半ばに父・母が上海に来たため、以前から話していた韓国人の友達を実際に紹介しました。この日を友人も楽しみにしてくれていて、両親の為に日本語を一生懸命練習していた姿は本当に嬉しかったです。最初は彼女も両親も緊張していましたが、徐々に打ち解けて最後は楽しく話すことができました。留学に来てこんなにも早く素敵な友人に出会うことができるとは私自身まったく思っていなかったため、彼女には本当に感謝しています。また国を超えた友人を両親に紹介できたのも、留学生活中に自分から積極的に交友関係を広げた成果の1つだと思っています。

父と母が上海に来た際に豫园を紹介しました。

豫园の様子

豫园の様子

☆M・H☆