第3期生・ベトナム留学便り ~ベトナム国家大学ハノイ校12月編・その1~

<学校の設備、図書館、キャンパスの雰囲気などを教えてください>
校内は三階建てで、小さな教室が沢山あります。ベトナムの教室は夏はとても暑いのでエアコンと扇風機が必ずあります。教室がこじんまりしているので、先生との距離が近くてとても話しやすい雰囲気です。わたしは日本の教室の広さよりベトナムの方が先生と沢山会話ができると感じました。教室の外を出ると小さな売店があり、そこにあるサンドウィッチがとても美味しいです。生徒の朝ごはんはそこで済ますことができます。値段もお手頃で生徒にとても人気です。日本のキャンパスより狭いですが、快適に過ごしています。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスはハノイの中心街にある、大きな教会へ行きました。そこの教会の前には大きいクリスマスツリーがあります。中心街の周りにはクリスマスの装飾は少ないです。ですが、教会にはきれいな飾りや花があります。教会もきれいにライトアップされてとてもクリスマスの雰囲気を感じられました。ベトナム人の友達と日本人の友達と大人数で過ごしたクリスマスは初めてでした。みんなで楽しく、写真をとったり私たちも少し仮装をして賑やかな街でした。ですが、人が沢山いて道を歩くのも大変でやっとの思いでクリスマスツリーを見たのもいい思い出です。

現地のベトナム人の友達と、大学のクリスマスツリーの前で写真をとりました。
クリスマスの様子

<今年を振り返って>
今年は初めて留学を経験して、初めての経験や留学しないと感じることができない日常生活を体験することができました。最初は恥ずかしくてなかなか話すことができなかったけど思い切って自分から行動してみると自信がつきました。最初からあきらめずに何事もやってみて、感じることが大事だと思います。また、人との出会いはとても大切だと思いました。同じ家の大家さんや学校の先生など一人では留学生活は難しいです。色んな人の支えがあってこそ充実した生活を送れているのだと感じます。

☆K・T☆