第11期生・韓国留学便り ~淑明女子大学校・オンライン4月編~ [2021年05月26日(水)]

<淑明女子大学校のオンライン授業について>
今月は語学堂の中間テスト、プレゼン、TOPIKが連続してあったのでとても忙しかった。語学堂は6級になり難易度がぐんと上がったと感じたので試験対策も簡単にはいかなかった。プレゼンは日本のフェミニズムについての発表だったが、日本語で説明するのでさえ難しいことを韓国語でわかりやすく伝えなければならなかったので制作に時間を要した。

<バーチャルコミュニティーについて>
今月はバーチャルコミュニティの実施はなかった。2月のオリエンテーションの際に行った活動の景品として淑明女子オリジナルのトートバッグ、マスクストラップ、マスク10枚が来月実施されるバーチャルコミュニティの材料とともに届いた。その量に驚きつつも、韓国のマスクを初めて手にしたのでとても嬉しかった。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
今月は特に勉強漬けの毎日を過ごしたように思う。TOPIKの対策を今まであまりしてこなかったので焦ったが、いざ過去問を解いてみると思ったより解けたので、気づかないうちに実力がついたこと、日頃の努力は無駄にならないことを感じた。コロナの感染状況が悪化する中で、長引く自粛生活に嫌気がさして勉強にも身が入らなくなるが、上手く向き合って継続していければと思う。

☆O・N☆