2008年9月

シンポジウム報告 [2008年09月30日(火)]

2008年9月12日・13日の両日、ハノイ国家大学人文社会科学大学において越日外交関係樹立35周年を記念し、「ベトナムにおける日本研究促進にむけて」と題した国際シンポジウムが国際交流基金の助成のもと開催された。ベトナム各地と日本ならびにシンガポール、オーストラリアから日本研究者、ベトナム研究者、日本語教育関係者が集い、興味深い研究発表や調査報告等が行われた。
「日本研究の成果とその課題」というテーマの分科会では、特に若手研究者から優れた日本研究が発表され、今後、アジアの中の日本とベトナムという視点での地域研究の促進が必要であるという課題が認識された。「ベトナムにおける日本研究と人材育成」の分科会では、ベトナムにおける日本語教育の現状が報告され、語学力の育成と専門知識の習得のために、ベトナム国内の機関同士、また日本とベトナムとの間にどのような連携が可能かが話し合われた。(西川寿美)

第2回ドンラム村観光推進ワークショップ [2008年09月22日(月)]

第2回ドンラム村観光推進ワークショップが8月9日に開催された。川魚釣り体験プログラムと集会場前の広場での民族舞踊、龍踊り、土産物店出店、レストラン出店がされ、多くの地元住民や観光客参加により賑わいをみせていた。なかでも、龍踊りの龍が月を飲みこみ闇夜にして雨を降らす様が龍衆によって力強く表現され感動的であった。また、レストランでは、民族衣装を着て住民が観光客に食事を振舞うなど、観光化へ向けた取り組みが随所になされていた。今後もドンラム村遺跡管理事務所主催のワークショップが開催され、このような取り組みが継続的になされる事が望まれる。(山田実加子)

書籍紹介「ベトナムの歴史」 [2008年09月16日(火)]

ドンラム村の研究に参加された小川有子さんより、明石書店・世界の教科書シリーズ21・ベトナム中学校歴史教科書「ベトナムの歴史」ファン・ゴク・リエン監修、今井昭夫監訳、小川有子他2名翻訳、定価5800円をお送りいただきました。単にベトナムの歴史を知るばかりでなく、ベトナムの若い方々が自国をどのように理解しているのか、非常にわかりやすく参考になります。是非、ご一読されますようにお願い申しあげます。なお、いただいた献本は国際研で閲覧できます。(鈴木弘三)

ベトナム文化情報観光省文化財局長夫妻で来日 [2008年09月04日(木)]

ダンバンバイ氏が東京大学で8月26日「ベトナムの文化財保存の現状と今後」と題して講演を行った。司会は前東京大学古田元夫副学長。バイ氏は20年以上に渡りベトナムの文化財保存に携わり、日本からのさまざまな協力に感謝していると語った。同氏が来年3月に引退されるとのことで、多年に渡り同氏と協力関係にある日本文化庁と昭和女子大学がご夫妻でお招きした。ホイアン・全国木造民家保存・ドンラム・・・、さらに文化財保存分野でのベトナムと日本との交流促進が期待される。(友田博通)
(左:日刊建設工業新聞8月29日最終面:記事全文紹介)

ホイアン町並み保存の現状と課題 [2008年09月04日(木)]

第6回ホイアン国際フェスティバルは、日越国交樹立35周年記念事業として坂場大使出席のもと8月15・16日盛大に実施された。主催はホイアン市とJICA、昭和女子大学も共催した。16日にはホイアン市長を議長に上記シンポジウムが開催され、日本側からは副議長に篠崎正彦(東洋大学)、講演者として林良彦(文化庁)・福川裕一(千葉大学)・内海佐和子(昭和女子大学)が参加。最後に市長より、世界遺産登録10周年を迎え、町並み保存の見直しと管理事務所若手の国際レベルでの教育への協力を世界に向けアッピールした。(内海佐和子)