ホイアン町並み保存の現状と課題 [2008年09月04日(木)]

第6回ホイアン国際フェスティバルは、日越国交樹立35周年記念事業として坂場大使出席のもと8月15・16日盛大に実施された。主催はホイアン市とJICA、昭和女子大学も共催した。16日にはホイアン市長を議長に上記シンポジウムが開催され、日本側からは副議長に篠崎正彦(東洋大学)、講演者として林良彦(文化庁)・福川裕一(千葉大学)・内海佐和子(昭和女子大学)が参加。最後に市長より、世界遺産登録10周年を迎え、町並み保存の見直しと管理事務所若手の国際レベルでの教育への協力を世界に向けアッピールした。(内海佐和子)