2009年3月

ドンラム村伝統衣服調査 [2009年03月27日(金)]

3月16日~20日ドンラム村の伝統衣服の調査を行いました。今回の調査はハノイ国家大学のリン先生のご協力のもと、保存管理事務所のアンさん、ハンさん、JICA小貫さんとともに、学生3名(このうち留学生ハーさんを含む)、谷井、下村で実施しました。古い衣装をお持ちのお宅を訪問して、写真撮影、採寸記録、着装の仕方など貴重なお話をうかがうことができました。またハーさんのご家族の協力で、大変貴重なクーナウという染色材料を入手できたため、実際に染色をしていただくことができたことは、大きな収穫でした。途中、ドンラム村遺跡保存管理事務所のソン所長に調査結果を報告いたしました。この調査・報告の様子が新聞「Hanoi moi」に掲載されました。http://www.hanoimoi.com.vn/vn/53/201360/(下村久美子)

「アジアの文化財を守る」2冊の本をユネスコが出版 [2009年03月26日(木)]

ユネスコに依頼され、国際文化研究所のメンバーが共同執筆に参加した2冊の書籍が出版されました。一冊目のAsia Conserved: Lessons Learned from the UNESCO Asia-Pacific Heritage Awardsは、2000年から2004年にわたって、アジア・太平洋地域においてユネスコ文化財保存賞を受賞したプロジェクトを紹介する書籍で、ホイアン等について執筆しました。もう一冊のHoi An World Heritage Site, Vietnamは、国際文化研究所が中心となってユネスコ及びホイアン遺跡管理センターとの共同執筆で作成した書籍です。ホイアンでの保存活動の事例をもとに、アジアの文化財を守る地元住民や文化財行政担当者等がどのように町並み保存を行ったら良いのか、わかりやすく解説した教科書です。(マーク・チャン)

ベトナム文化財研究所から委託研究 [2009年03月26日(木)]

JICAベトナム事務所からの依頼で、ベトナム文化財研究所からの委託研究として、文化財保存と地域活性化を両立させるための研究を共同で実施した。2月24日~3月13日までの3週間に渡り、関西では奈良文化財研究所・和歌山県文化財センター、関東では文化庁の協力で文化財保存と活用調査を行った。途中、文化財修理中の高野山金剛三昧院に合宿し研究会を開催するなど、実り多い共同研究となった。年度末の多忙な時に様々な方々にお世話になり、多々ご迷惑をおかけしましたが、無事終了することができ感謝いたします。(鈴木弘三)(産経新聞