2016年1月

2015年度 国際文化研究所講演会 [2016年01月31日(日)]

国際研講演会ホイアン・カイベ―友の会に先立ち、国際文化研究所の活動を紹介するため講演会を開催いたしました。NHKのカメラも入り座席も不足する盛況の中で、3先生にご講演いただきました。                  司会 マークチャン准教授                       西川寿美教授  「ベトナムの日本語教育分野における昭和女子大学の活動報告」                                              下村久美子教授 「ベトナム服の地域比較研究」         向後千里准教授 「ベトナム食文化の継承と再生」

ホイアン・カイベ―友の会 [2016年01月31日(日)]

ホイアンカイベ―友の会sNHK World side by side に国際文化研究所の活動が紹介されることになり、制作会社から関係者が集まる機会を作っていただけないかとの打診があり、急遽ホイアンとカイベ―に関係する方々にお集まりいただいた。坂東眞理子昭和女子大学長・古田元夫日越大学長・金井健文化庁調査官・グエンビントロン桜学校理事長・山口昭男前岩波書店社長はじめJICA・旅行社・横浜山手・佐賀NPO他の方々にご挨拶いただきました。

JICA草の根パートナー型スタート 安藤勝洋氏現地赴任 [2016年01月17日(日)]

安藤勝洋JICA草の根技術協力事業パートナー型「ヘリテージツーリズムによる辺境農漁村の生計多様化プロジェクト」のJICAと昭和女子大学の契約が締結され、1月17日から安藤勝洋氏を現地連絡調整員としてベトナムに派遣し、現地事務所をゲアン省ビン市に開設しました。具体的には、ゲアン省コンクオン郡ヌア村(少数民族村)・ゲアン省ナムダン郡ナムチュン村(伝統的農村)・カンナム省ホイアン市チャム島(伝統的漁村)の文化財群保存と観光活用を、現地行政・住民と共同して行います。

提案事業の概要 http://www.jica.go.jp/partner/kusanone/partner/vie_21.html