ホイアン日本祭り:日越伝統芸能シンポジウム [2018年08月18日(土)]

石見銀山の世界遺産登録に奔走した大國晴雄(前太田市教育長)を司会に、昭和女子大学国際文化研究所で日本の祭りを研究しベトナムで博士となったグエントゥーチャン(ベトナム文化省文化財部無形文化財課長)、小林泰三(石見神楽能面師 )、吉田誠男(元浮世絵版元伊場仙社長)と伝統芸能についてのシンポジウムを開催。初めての試みでしたが、大國さんの名司会で様々な課題が時間一杯まで議論され、今後の新たな文化交流の契機となると予感させられました。