日越大学が昭和女子大学でインターンシップと授業 [2018年10月26日(金)]

3年目を迎える日越大学、昭和女子大学は地域研究専攻と社会基盤専攻の協力校として本年もインターンシップと都市計画・地域開発論・地域遺産の継承と活用3科目を担当、修士2年生は9~12月日本に短期留学し授業を受ける。インターンシップでは国際学科・環境デザイン学科・管理栄養学科の学生と交流、授業では環境デザイン専攻の大学院生と受講、日本滞在中ということで校外実習も多く行っている。