2018年11月

ホイアンに和模様のルーツがある松阪手織り木綿調査 [2018年11月19日(月)]

国際交流基金アジアセンターの助成で、昭和女子大学卒業ハノイ国家大学ファンハイリン日本学科長を招聘、11月11日「松阪もめんフェスティバル」に招待されゆうづる会と交流、東京に移動し越後屋(三井財閥の原点・松阪出身・現三越デパート)の商い帳を所蔵する三井文庫で文献調査を行った。多くの「松阪嶋見本帳」から文化年間(1803年~)に遡る資料を得るなど、日本の和模様の原点である松阪木綿とホイアンの関係について多くの成果を得た。