ベトナムシルク産業再生に向け西陣が技術協力開始 [2018年12月09日(日)]

昭和女子大学が国際交流基金アジアセンターの助成を受け、ホイアンシルクVU社長を招聘した。2014年に始まる本学環境デザイン学科服飾コースが仲介してベトナムにシルク産業を再生させるため西陣織工業組合渡邊隆夫理事長に技術協力を依頼。今回のVU社長の来日で、養蚕・製糸・手織りの3分野で技術協力することになった。