• 2021年3月31日

20世紀の内モンゴル研究に貴重な収集資料を出版

フフバートル教授が長年にわたり収集した、1927年に創刊し満洲国でもモンゴル人の意思と努力によって発行が継続された唯一のモンゴル語定期刊行物Ulaγan bars (『丙寅』、オラーンバラス)誌が、2021年3月に、フフバートル編『蒙文学会 Ulaγ […]

  • 2021年3月28日

『国際的視野のなかの溥儀とその時代』出版

ボルジギン・フスレ教授が編集した論文集「国際的視野のなかの溥儀とその時代」が風響社より出版された。これは2020年12月に開催した昭和女子大学100周年記念国際シンポジウムで、日本・中国・ロシア・台湾の研究者が発表した論文を収録したもの。近年の研究の […]

  • 2021年3月9日

シンポジウム「アートでカンボジアの子どもたちの心を支える」

藤澤忠盛准教授の企画者考案、昭和女子大学協賛「アートでカンボジアの子どもたちの心を支える」というシンポジウムを、3月19日、早稲田大学国際会議場、井深大記念ホールで開催します。「カンボジア特命全権大使」や「文化芸術省次長」、「明治村館長」「外務省」「 […]

  • 2021年1月25日

「こころの住む家」ベトナム語版出版

「こころの住む家」友田博通著(理工図書)のベトナム語版が、本学出身ホーチミン建築大学建築計画学科長グエンティビクニョク先生のアレンジで、建設出版社から発行、ホーチミン建築大学・ハノイ建築大学・日越大学等で使用予定。2021年1月25日から開催された5 […]

  • 2021年1月22日

カイベーKIET邸がBS-TBS「世界の窓」で放映

ベトナムティエンザン省カイベー祭での日本文化紹介、女性リーダー交流プロジェクト等で、KIETさんとたいへん親しくされている、本学同窓生 太田鈴子先生・岩崎三恵子先生・渡邊祐子先生他から情報提供がありました。なお、日本の援助とは、昭和女子大学がJICA […]

  • 2021年1月22日

インフォマテックス地理情報システム研修会

文化遺産保存地区の情報公開システム構築支援のため、インフォマテックス社に協力いただき地理情報システム研修会を開催しました。ベトナム・ホイアン、ドンラム、カイベーを対象にシステムを構築、その後のデータ増強・精緻化・維持管理等を、現地管理事務所に移管しま […]

  • 2020年12月22日

文化遺産書籍の出版

国際文化研究所コミュニケーション部門のチャン先生が執筆に参加した文化遺産書籍「The Planning and Management of Responsible Urban Heritage Destinations in Asia」が出版されまし […]

  • 2020年12月14日

伝統集落保存女性リーダー育成プログラムが外務大臣賞に

「1993年開始のホイアン市歴史的町並み保存事業から,同市チャム島での草の根ヘリテージツーリズム事業まで,ホイアン市への国際協力に長年従事した。また,ベトナム北部ドンラム村,中部フクティック村,南部ドンホアヒエップ村で文化財修復や観光促進事業を実施。 […]