• 2022年5月20日

文化財保存活用ハノイ国際シンポジウム

文化財保存活用ハノイ国際シンポジウムを、主催:人文社会科学大学、支援:国際交流基金 協力:昭和女子大学で開催しました。(💚を押すとビデオが見られます) 0開会式(26分)  1ホイアン日本橋の文化価値と修理(150分)  2文化財保存及び活用による地 […]

  • 2022年5月20日

ドンラム村観光再開に向けアオザイ祭り・アオザイデザインコンペ開催

呉権によるベトナム独立の拠点である国家文化財集落ドンラム村では、コロナ後の観光再開に向けて、食品の土産物品化、小物のデザインコンペなど様々な努力を行ってきました。その女性リーダー達の活動を「女性文化財保存クラブ」としてビデオ化しました。また、その集大 […]

  • 2022年5月20日

カイベー観光再開に向け住民参加型観光環境整備

コロナ禍のため昭和女子大学国際文化研究所とZOOM会議を繰り返し開催してきましたが、明るい兆しが見え始めたカイベー・ドンホアヒエップ村では、女性リーダー達が相談し観光再開に向け活動を開始しました。家のフェンスを草花で飾るフェンスコンテスト、住民一斉の […]

  • 2022年4月21日

モンゴル研究に貴重な収集資料を出版

Mongγul sedgül『蒙古報』というモンゴル語の雑誌は、1934年(康徳元年)5月1日に満洲国興安総署調査科から創刊され、同年12月に興安総署が蒙政部になったため、同誌も第8号(康徳元年/1934年12月)から発行者名が蒙政部総務司調査科に変 […]

  • 2022年4月20日

日本イコモス賞2021受賞

国際文化研究所は、日本イコモス賞2021 を受賞、3月12日には受賞者講演会が開催されました。講演の中で、文化庁・奈良文化財研究所他を代表し金井健、技術者代表・鳴海祥博+江島明義+佐賀グループ、市民交流代表で前松阪副市長・小林益久+日本橋地域・水戸部 […]

  • 2022年4月19日

国際文化研究所30年の歩み(更新中)

(緑)を押すと記事が年代順に見れます! 1992~ ベトナム・ホイアン  町並み保存活用プロジェクト1:世界遺産登録への道(~1999)  2:日越交流のシンボルへ(~2009) 3:日本各地との市民交流(~2014) 4:市民達の町づくり交流(~2 […]

RANKING ランキングTOP10