友田博通 最終講義とレセプションの延期 [2020年02月26日(水)]

                                                                         3月7日に開催する予定でおりました最終講義とレセプションに、多くの海外プロジェクトでお世話になった方々から、多数の参加申し込みをいただき深く感謝しております。
 しかしながら、今回の最大の目的である交流会=ビュッフェスタイルの立食パーティーは、現状の新型コロナウィルスには全く無防備と指摘を受け、今回はすべて延期といたします。ご参加を表明いただいておりました皆さまには誠に申訳ありませんが、ご理解いただけますようお願い申上げます。
昭和女子大学 友田博通 最終講義 世話役一同

2019年度日越大学の昭和女子大学担当授業が修了 [2020年01月14日(火)]

昭和女子大学は東京大学から依頼され日越大学の協力校として「地域遺産の継承と活用」「地域開発論」「都市計画」の授業を担当している。本年も日越大学修士2年生は日本留学研修があり、9月から来日し地域研究専攻は1月中旬まで日本に滞在。12月と1月は帰国した学生も含め、昭和女子大学と日越大学ハノイ校をTV会議システムで結んで実施した。2019年度の一連の授業は、1月13日に無事終了した。

講義とアフタヌーンパーティと三軒茶屋カルチェラタンProject [2019年12月24日(火)]

37() 14時~コスモスホール   環境デザイン学科・友田博通

14時から「最終講義:様々なプロジェクト紹介」 (入試日で13時から正門入校可)

1520分から「アフタヌーンパーティ」

 皆様への感謝を込め、軽食と各種飲み物サービス・各プロジェクト間の交流が少ないので、諸先輩方・仕事仲間・OG・学生同士が交流し、新たな出会いを創造

16時40分から「三軒茶屋カルチェラタンProject」 (太子堂地区指定店・各自負担)

 様々なグループが三軒茶屋太子堂地区の様々な店で久しぶりの再会をお楽しみください。私も梯子して各店に参ります。坂東先生も参加していただけるとのことです。なお、今回は環境デザイン学科としての最終講義で、国際文化研究所にはさらに3年間勤務させていただきます。申し込み:tomodaken2020@gmail.com

昭和女子大学国際学科ベトナム留学生8名がハノイから参加 [2019年11月16日(土)]

和女子大学国際学科は海外留学が義務付けられ、ハノイ国家大学に3年生8名が留学中でした。そのため、カイベー祭・ドンラム研究会に8名全員が参加。ベトナム語の研修だけでなくこのようなイベント参加や学生間交流により、きっと国際感覚を身に着けることができたと思います。ご参加有難うございました。

ドンラム村世界遺産登録に向け女性リーダー達が研究会 [2019年11月14日(木)]

本年9月日本研修参加・伝統まちづくり女性リーダー達がハノイ市ドンラム村で研究会を開催。議長に、ハノイ国家大学ファンハイリン先生、日本研修に参加した文化省グエンティトゥチャン無形文化財課長・ドンラム村婦人連合会グエンティニュクイン会長他をパネラーに、ドンラム村の保存と活用について活発に議論、世界遺産登録に向けスタート。ハノイ国家大学に留学中の本学国際学科8名もカイベー祭に続き岩崎三恵子先生と和装イベントを行い研究会に参加しました。

シンポジウムや市長賞授与式、各邸宅イベントはVTVニュースに [2019年11月11日(月)]

ティエンザン省主催シンポジウム「文化財保存と活用における女性の役割」、カイベー市長賞授与式、各邸宅で行われたベトナム書道・日本書道、折り紙、生け花教室などのイベントにはVTVのカメラが入り、その模様はベトナムTVのニュース番組で繰り返し放映されました。

昭和女子大学同窓会 日本文化紹介でカイベー市長賞受賞 [2019年11月11日(月)]

11月11日(月)ティエンザン省主催シンポジウム「文化財保存における女性の役割」の最後で、カイベー市民との市民交流・文化交流に貢献したとして、神戸・日本橋の市民代表と昭和女子大学同窓会4名、国際研友田吉紀にカイベー市長賞が贈られた。同窓会は、チームリーダーの太田鈴子、無形文化財宝生流能後藤裕子、和装スタイリスト岩崎三恵子、弓道書道師範渡邊祐子で、開幕式舞台での演舞・伝統家屋での日本文化紹介等が評価された。

ティエンザン省主催「文化財保存と活用における女性の役割」 [2019年11月11日(月)]

 

 

 

 

 

ティエンザン省ズン文化局長主催、タン観光副局長・カイベー市副市長・ゴク建築大学施設計画学科長を議長に、日本研修に参加したドンラム村クイーン婦人連合会長、ドンホアヒエップ村キエット女史らと、左からゴク先生、日本橋水戸部孝子、神戸浅木隆子らが「女性の役割」について講演、最後に文化庁江島祐輔調査官がまとめの言葉で締めくくった。

カイベー文化観光祭開幕式がホーチミンTVで2時間番組として生放送 [2019年11月10日(日)]

カイベー文化観光祭は、開幕宣言から知事表彰式、JICA代表挨拶、ベトナム側歌謡ショーと日本側日本文化紹介、最後の全員参加のフィナーレまで、全体で90分に渡り全国ネットのホーチミンTVで生中継されました。以下のページから全体100分程度がダウンロードできます。1GB程度のファイルです。お楽しみいただければ幸いです。https://1drv.ms/u/s!At95KEMX7B7t2nfL-72fjKdWKEOn?e=9OaPm5

昭和女子大学同窓会と学生による 日本文化紹介 [2019年11月10日(日)]

各参加団体代表紹介、昭和女子大同窓会から琉球舞踊・宝生流能・弓道、前回にも増して豪華な日本紹介で、最後は総勢24名による沖縄エイサーで舞台を締めくくりました。