2013年10月

古紙でごみ箱 [2013年10月31日(木)]

図書館の机に、こんな箱が置いてある事をご存知ですか?

実はこれ、『消しゴムのカスやホッチキスの針を捨てられるようにしてほしい』 というリクエストに応えて設置したごみ箱shineです。

最初は既製品を置こうとして場所やサイズを検討していたのですが 「捨てるもののために新たにモノを用意すするのはエコロジーに反するのでは」 という思いから、古新聞や広告で作った箱を使うことになりました。

.使い始める前は、「箱自体がゴミと勘違いされないかしら?」 という心配もしましたが、勉強中に出る小さなゴミが入っているところを見ると、ごみ箱だと気が付いてもらえたようです。

置いてから解ったことですが、古紙のごみ箱には「低くて安定しているので倒れない」 「動かしても音がしない」 など、長所がたくさんあるようです。

手軽で便利なエコごみ箱を、どうぞよろしくお願いします。
(S.T)

選書ツアーに行ってきました! [2013年10月23日(水)]

10月17日木曜日、学生選書ツアーで、
丸善丸の内本店へ行ってきました。

当日は、学生5名がお揃いの図書館オリジナルTシャツを着て、
参加しました。

卒論に必要な本を選んだ人、多くの学生に読んでもらいたい本を選んだ人、
公共図書館でも人気の本を選んだ人、自分の好きな作家の本を選んだ人、
ちょっと高価で自分では買えなかった本を選んだ人など、
それぞれ思い思いの本を選んでいました。

最初は、2万円という設定金額に驚いていた人もいましたが、
皆思う存分選書できたのではないかと思います。

選書後の図書館副館長中西先生との
ランチ懇親会も和やかに行われました。

11月には、図書館3階学生選書ツアーコーナーに
今回選書した図書76冊が並びますので、
是非楽しみに待っていてください。 (M.K)

3階開架室のパソコンを入れ替えました [2013年10月16日(水)]

大学1号館側のデスクトップ20台を24台に増やし、OSは、Windows8になりました。
24台すべてにWORD2013、EXCEL2013、POWERPOINT2013が入っています。
今後、グラウンド側も入れ替えていく予定です。
※電源を入れると、Windows8のスタートメニュー画面が表示されますが、ちょっと待つと、自動的にデスクトップ画面になります。 (不来方)

和本『甲州小室山伏問答記』と版木の展示 [2013年10月09日(水)]


10月の展示は、『甲州小室山伏問答記』
和本板木です。

これらの史料は中西裕先生(図書館副館長・
現代教養学科)のご所蔵品です。
江戸時代の板木の実物と、更にその板木で刷られたであろう和本も同時に並べて見ることができる貴重な機会です。
ぜひ図書館に足を運んでご覧ください。
.
.

【『甲州小室山伏問答記』】

『甲州小室山伏問答記』は江戸時代に出された版本で、日蓮と山伏恵朝阿闍梨善知との験(ゲン)比べを物語ったものです。
験比べとは、修験者たちが互いの修行によって得た力の優劣を比べあうことです。言い伝えによると日蓮が勝ったといわれています。
.

【頁と丁】

和本では、現代の本の頁(ページ)のことを、丁(ちょう)と表し、紙一枚単位で数えます。印刷した紙を一枚ずつ折りたたんで製本するので、今の本の二頁(表と裏)が、和本では一丁となります。
木版本は、この一丁分を一枚の板木に彫ります。文字は裏返しに彫られ、それに墨を塗って和紙を置き、バレンで刷ります。
この展示の板木の真ん中(版心)に「小室山伏問答 九」とあり、九丁目の板木であることがわかります。(実はこの板木の裏側には十丁目が彫られています。)

和本の「甲州小室山伏問答記」九丁目と合わせて見てください。和本のどこが、板木のどこに当たるか、目を凝らして探してみてください。
 (Y.I)

10月のイベント紹介とお知らせ [2013年10月02日(水)]

- 選書ツアー参加者募集 -
10月17日(木)に開催する第12回学生選書ツアーの参加者を募集しています。
今回は、丸善の丸の内本店に本を選びに行きます。

- 図書館ツアー・情報検索ガイダンス開催 -
10月4日(金)まで図書館内を案内する図書館ツアーを開催中です。
10月7日(月)からは情報検索ガイダンスを開催します。

- 新聞コーナーが変わりました -
全国紙や利用が多い英字新聞を新聞ホルダーにセットせず、
1部ずつ並べることで、座ってじっくり読む時や読み比べる時に
扱いやすくなりました

*新聞記事を検索できるデータベースも利用できます。
日経新聞は「日経テレコン」、朝日新聞は「聞蔵Ⅱビジュアル」
読売新聞は「ヨミダス歴史館」です。

イベントの詳細や各データベースの利用方法はレファレンスカウンターでお尋ねください。
(S.T)