2019年12月

冬季休暇期間中の開館・休館等についてのお知らせ [2019年12月24日(火)]

学生冬季休暇(12/26~1/5)に伴い、休館日は以下の通りです。
 休館:12/26(木)~1/5(日) ※授業開始日1/6(月)からは通常開館(8:45~21:30)となります。

また、冬期休暇 (12/26~1/5) に伴う他機関利用・文献複写依頼の受付休止期間は、図書館ホームページの「冬季休暇(12/26~1/5)による他機関利用及び文献複写依頼についてのお知らせ」をご覧ください。

.◦❆2019年も、図書館をご利用いただきありがとうございました。
         また、2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
⛇❆.◦

クリスマス・正月コレクション展 [2019年12月16日(月)]

図書館3階コミュニティルームにて、「クリスマス・正月コレクション展」を
2019年12月3日(火)~2020年2月12日(水)で開催します。

会期:2019/12/3(火)~2020/2/12(水)
会場:昭和女子大学図書館コミュニティルーム(8号館3階)
休館日:冬期休暇(2019/12/26~2020/1/5)、
    日曜、祝日、1/18(12/15、22、1/12の日曜は開館)
入場・観覧:無料
   ※一般の方々のご観覧を歓迎いたします。
    (図書館入館は、16時30分迄)
    図書館メインゲートのインターフォンで
    入館をお知らせください。
   ※自家用車でのご来場はご遠慮ください。
お問い合わせ:TEL:03-3411-5430(受付)
学外の方にもご覧いただけます。
メインゲートのインターフォンでお伝えいただくと、
入館できます。詳細は図書館ホームページ「図書館展示利用案内」をご覧ください。

図書館展示案内
(URL:https://library.swu.ac.jp/use/u_facility/t_tenjiannai)
———————————————————————–
なお、会期中に以下の日程でページ替えをします。
◆グーテンベルク聖書42行聖書
 ダロウの書
 リンディスファーン福音書
 ケルズの書
 12/16(月)、1/6(月)、1/20(月)、2/3(月)
◆欽定英訳聖書
 1/6(月)
————————————————————————

この機会に、ぜひ、足をお運びください。

12月13日付 新着図書の紹介 [2019年12月13日(金)]

12月13日付の新着図書の紹介をします。
———————————————————————————————————————–★.。
タイトル:イースターのおはなし
作者  :ターシャ・テューダー
訳   :内藤里永子
出版社 :メディアファクトリー
出版年 :2008年8月17日
請求記号:J930/Tud

タイトル:文系のための データサイエンスがわかる本
著者  :高橋威知郎
出版社 :総合法令出版
出版年 :2019年9月26日
請求記号:336.1/Tak

タイトル:マジ文章書けないんだけど 
著者  :前田安正
出版社 :大和書房
出版年 :2018年9月5日
請求記号:816/Mae

タイトル:子どものこころの世界
著者  :小倉清
出版社 :遠見書房
出版年 :2019年8月1日
請求記号:493.93/Ogu

タイトル:京都観音めぐり 洛陽三十三所の寺宝
監修  :平成洛陽三十三所観音霊場会 京都府京都文化博物館
編集  :長村祥知
出版社 :勉誠出版
出版年 :2019年6月29日
請求記号:186.8/Nag

———————————————————————————————————————–★.。
全5冊
他にも新着図書がありますので、ご覧ください。

日曜特別開館のお知らせ:12/15(日)、12/22(日)、1/12(日)、2/2(日) [2019年12月09日(月)]


下記の日程で試験期日曜特別開館を実施します。

     記

開館日 :12/15(日)、12/22(日)、1/12(日)、2/2(日)
 
開館時間:9:00~16:00

【本の紹介】大学生アルバイトのおすすめ本を紹介します- 6 – [2019年12月09日(月)]

大学生アルバイトのおすすめの本 第6弾を紹介します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

タイトル:『No.6』
著者  :あさのあつこ
発行年 :2006年10月
発行社 :株式会社 講談社
請求記号:913.6/Asa/1

「2013年の未来都市≪No.6≫。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急展開。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう?飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに…。」(裏表紙から引用)
台風が直撃したその夜、紫苑は矯正施設から逃走した少年、「ネズミ」をかくまい治療をした。4年後、No.6の街を襲った奇妙な変死事件の犯人として連行された紫苑はネズミに助けられ、彼と再会する。

市に管理され守られて育った紫苑と、正反対の性格をもつネズミの掛け合いがとても面白いです。ネズミとの出会い、そして彼らの戦いが始まる1巻目。
共に過ごすことでネズミを知り、彼を支えたいと思う紫苑と、次第に紫苑の存在が大きくなり葛藤するネズミの心情に惹きこまれます。
読み進めるごとに明らかになるNo.6の実態と、紫苑たちの戦いをぜひ読んでみてください。
                                         (R.Y)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月6日(金)10:50現在 図書館混雑状況 [2019年12月06日(金)]


12月6日10時50分現在の図書館混雑状況はこちらです。
※空…空席あり、席あり…数席あり、混…ほぼ満席
(画像:混雑している場合は、閲覧席は赤色の丸、パソコン関係は緑色の四角がついています)
・閲覧席
3階:フリーラーニングスクエア、空/グループスタディルーム、席あり/閲覧席、席あり
4階:閲覧席(6人掛け)、空/個人閲覧席、空/研究個室、席あり
・パソコン関係
3階:情報検索コーナーA、混/情報検索コーナーB、混/閲覧席、混
4階:個人閲覧席、混