2021年7月

博物館実習として学生が取り組んだ夏の収蔵資料展「日本郷土玩具めぐり」開催中! [2021年07月20日(火)]

「日本郷土玩具めぐり」展示の様子

光葉博物館は、大学博物館として、展示活動のほか、学芸員資格取得を目指す学生の実習の場としても活用されています。とくに毎年7月開催の「夏の収蔵資料展」は、学芸員課程の学生たちが博物館実習の一環として展示企画に取り組みます。

今年度は8つのグループに分かれ、日本各地の郷土玩具をテーマに、大半がオンライン授業という中で、企画案をまとめ、パネル原稿を作成し、7月の展示室での実習へと進めてきました。
なかなか旅行に行けないご時世ですが、各地方に伝わる郷土玩具を通して、日本をめぐる旅をお楽しみいただけると幸いです。

また、本展は当館展示室を2つのエリアに分けて、特別展示として、図書館との連携で、図書館コレクション展「鏑木清方と近代作家」も同時公開しています。あわせてご観覧ください。

南東北地方の郷土玩具

東海地方の郷土玩具

九州・沖縄の郷土玩具

[開催日] 7/11㊐~7/16㊎ 7/18㊐~7/22㊍、8/21㊏、8/22㊐
[開館時間] 10:00~17:00  ※8/21㊏、8/22㊐は10:00~15:00 
[入場料] 無料
事前予約不要