2018年1月

授業風景・日本文学演習ⅡJ [2018年01月19日(金)]

〈授業風景〉
こんにちは、猪熊ゼミです。私達は猪熊先生と学生12人で90分間充実した時間を過ごしています。
まだまだ冬の寒さが続くなか、私達はこの一年、卒業論文の作成に取り組んできました。分野は近代文学で谷崎潤一郎や三島由紀夫、堀辰雄などの作品、人物についてそれぞれテーマを決め、自分の意見をまとめていきます。
前期ではテーマを考え、序論を作成しました。夏期休暇中には資料を集め、後期では、スケジュールを組み本格的に作成に取りかかります。
毎回ゼミでは、進捗状況と照らし合わせて、先生と読み合わせを行います。そして、意見やアドバイスを頂き、完成に向けて論文の質を高めていきます。
資料集めの際には、大学図書館や地元図書館を利用しており、様々な先行研究と照らし合わせて、自分なりの意見を捻り出します。また、論文作成に困った時は、ゼミのメンバーで集まり、楽しく話し合いながら進めていきます。
それぞれのテーマに違いはありますが、他作品との比較、人物像、女性関係、海外文学の影響などについて調べる上で、図書館には大変お世話になっています。

授業中の読み合わせは、先生と1対1で行われますが、ラフな形で和気あいあいとしています。その間、待っているメンバーは互いの状況について話し合ったり、全く別の話題で語り合ったりしています。卒業論文という長い戦いの中で、仲間との交流はよい刺激であり、気分転換になります。

そんな私達は、1月9日に無事卒業論文の提出が完了しました。
みなさんも、大学生活の集大成に向けて個性豊かな文学にふれあい、知識を深めてみてはいかがでしょうか。 (4年猪熊ゼミ一同)

 

(S.D)

日本語教師のキャリア支援 [2018年01月16日(火)]

〈日文便り〉

日文で取得できる資格の1つに、日本語教員(大学認定)があります。
火曜4限の日本語教育Ⅱ(日本語指導実践(2)教壇指導)という授業では、実際に日本語学習者(初級学習者)に教室に来ていただき、教壇実習を実施しています。実習前には授業運営の基本、教え方の基礎を学び、指導案を何度も練り直して実習授業に臨みます。

今学期はその授業における初の試みとして、現職の日本語教師として活躍する卒業生、梨本さんをゲストスピーカーとしてお招きし、お話をうかがう機会を設けました。梨本さんは台湾で日本語教育に携わった後、現在は首都圏の大学で留学生教育に携わっていらっしゃいます。
授業履修者以外にも広く日本語教育に興味を持つ方に声をかけ、学科を問わず、火曜4限があいている学生は参加可能であることを呼びかけたところ、履修学生に加えて5名の学生が聴講に来てくれました。
日本語教師になろうと思ったきっかけ、在学中のこと、卒業後のキャリアのこと、この仕事の大変さと魅力について、在学中にやっておくといいこと…等、PPTを使って分かりやすくお話しくださいました。
質疑応答の時間がたっぷりとありましたが、質問が次から次へとあがり、あっという間の1時間でした。授業後も、5限のない学生が熱心に個別質問をする姿が見られました。
授業の中でも折に触れて現場でのエピソードなどを話すようにはしていますが、やはり学生たちにとって身近な卒業生からの話は、大きな刺激となったようです。

今回お呼びしたのは1名でしたが、今後は様々な機関で日本語を教えている卒業生や、日本語の教科書を作成した経験がある方をお呼びして、教科書作成の舞台裏をうかがったりする機会を作りたいと思っています。
理論と実践を結びつけること、学びと卒業後のキャリアを結びつけること、今後もどちらも実践していこうと思っています。

  

(UE)

【再掲】音楽座ミュージカル「メトロに乗って」が放送されます! [2018年01月11日(木)]

<日文便り>

音楽座ミュージカル「メトロに乗って」が放送されます!

昨年10月17日の特殊研究講座でご講演いただいた石川聖子氏がチーフプロデューサーを務めていらっしゃる音楽座から嬉しいお知らせが届きました。

「1月21日(日)にEテレセレクションにて「メトロに乗って」が再放送されます。
放送されるのは、2000年にル・テアトル銀座で上演されたバージョン。
たくさんのリクエストが寄せられ、今回の再放送が実現したとのことです!

学生時代にこの舞台を観て「音楽座ミュージカルに入りたい!」と決心したカンパニーメンバーも。放送をお楽しみに♪

Eテレセレクション 「音楽座ミュージカル『メトロに乗って』」
2018年1月21日(日)0:45(予定)」

どうぞ、お楽しみに。

(FE)