2020年10月

「動画授業」と「私」 [2020年10月20日(火)]

〈授業風景〉

2020年4月、アナログな私が、なんと「動画による授業」を開始。「えっ、youtube?」と私を知る学生・仲間・友人からは、驚きの悲鳴。かつて大学時代、情報処理の教授曰はく「わからない、という学生の一番ヘビーな状況は、君をみていたら、わかる!」。また、あるとき、新たな職場で、初めてのPCを前に、ぼーっとしている私に、同僚が一言「何か、かなしいことがあったの?」「PCが動かないんです!」電源位置がわからず固まる私に、みんな愕然。そんなアナログ人間が、「動画授業」を開始すると決めたのですから、それからの物語はご想像どおり、てんやわんや、しっちゃかめっちゃか、ザ・カオス。ですが、《Heaven helps those who help themselves.》(天は自ら助くる者を助く)高校時代に英語で暗記した、あのことわざ通り、救世主(Mr.yururi)が登場し、動画作成のイロハを伝授くださったのです。教わった「loom」機能をつかうと、「すごいっ!」パワポの一部に顔をのぞかせる、TVでよく見るあの「ワイプ」で私が登場できる!願ったり叶ったりの「動画授業」つくりが、「師匠」の助けによりスタートしたのです。

教職科目に加え、国語科教育法、創作論とバラエティに富んだ授業を担当する故に、毎回のトピック探しに、四苦八苦。授業の入りは、ウォーミングアップ、そこから、だんだんカラダをあたためて、今日のメインワークに突入、そして、リフレクションタイム。対面授業とプロセスは変わらずですが、動画故に、より面白く、ワクワク、夢中になれる「素材」探しが「動画授業」つくりの肝となったのです。「自転車操業」という言葉どおり、毎日、「知る」「想う」「創る」「動く」4ステップを繰り返しながらの「動画授業つくり」の日々です。

そんな動画を視聴した学生たちのコメントを少しご紹介しましょう。「先生が、私のために語ってくれているようで、思わず、聞かれると返事をしたりで、対面授業をうけているより、もっと、先生と密に話をしているような気がします」「グループワークができないのは、ちょっと、さびしいけれど、具体的に、手を動かし、頭を動かし、言葉を発して、動画の先生と対話をしてるので、違和感はありません。わからないところ、もう一度聞きたいところを、何度も繰り返してみられることは、動画の良さだなあって思います」「直接先生に質問したり、相談したりできないのは、さびしいけれど、ちゃんと考えてあれこれ聞きたいことを文章にする中で、自分の頭の中が整理されていくような気がします。毎回、質問にちゃんと先生がこたえてくださるし、ミッションにも、いろいろなコメントをくださるので、次はもっとこれを調べて挑戦してみようと、学ぶことがとっても楽しくなってきました」

「知る」「想う」「創る」「動く」4ステップ「動画授業つくり」を続ける中、今、私は日々こんなことを思っているのです。「つねに、学生の立場で考えよう」「授業をデザインする力をつけよう」「新たなものにハッと気づく、そんな感性を磨き続けよう」と。

(S・A)

コロナ禍をのり越えるユーモア [2020年10月14日(水)]

<日文便り>

コロナ禍に見舞われて早くも半年余り、「ニュー・ノーマル」と言われる社会生活にも、オンライン授業にも、学生・教員ともどもすっかり慣れた感があります。ふり返ってみれば、教員も学生も、4月に突然始まった慣れないオンライン授業には、大きな負担を強いられました。朝から晩までコンピュータ画面と向き合い、電子情報と格闘する日々は、旧世代の私には厳しいものでしたが、それでも何とか無事に前期を終えることができました。後期からは一部の授業が対面で行われるようになり、キャンパスには学生の姿も見られるようになり、少し活気を取り戻しつつあります。

少し周囲を見回せば、仕事を失うこともなく、「辛い」と言いながらも本業を続けることができている私たちは幸運なほうです。街でよく利用していた店の扉にいつの間にか「閉店」の文字を見ることが何度かあり、飲食店などコロナ禍で大きな影響を受けた職種の方々には、本当にお気の毒な気持ちになります。コロナ禍は家庭生活や友人との関係にも影を落とし、息苦しさや寂しさを味わっている人たちも多いことでしょう。

そんな中、先日の「朝日歌壇」に、ほっとするような短歌を見つけました。選者は、本学卒業生でもある馬場あき子氏です。

 §コロナ禍で麒麟は来ないと呟けばアサヒあるよと妻は言いたり   及川 和雄
 §春過ぎて夏来たるらしマスク干す3密禁止の東海の島       中曽根儀一
 §「巣ごもりに短歌はいかが」と誘うからライバル増えて入選遠のく 貴山 浩美

                  <朝日新聞2020年10月9日(金)朝刊より>

文化には、未曽有の禍をも笑いに転じる力があるのだと、また明日に向かうエネルギーをいただいた気がしました。
(YN)

2020年 キャリア支援講座 内定者座談会開催 [2020年10月01日(木)]

〈日文便り〉

日文のキャリア支援委員が主催となり、内定者座談会がオンラインで開催されました。

初めてのオンライン実施でしたが、内定者である4年生5名を登壇者としてお招きし、
1年生から3年生まで30名以上と、多くの方にご参加いただきました。

コロナ禍での就職活動をされていた先輩からのリアルな情報・体験談を
限られた時間で最大限語ってくれました。

ここで、座談会の中で出てきた質問やお話を少しご紹介します。

・就職活動をするうえで、日文で良かったと思ったところは?
→普段から文章を書く機会が多いので、ESも書きやすい。
→会話分析の専攻は、面接官の知らない世界であり、興味を持って聞かれた。
ただ、自分の専攻にこだわらず、深堀りしてもらえる「何か」を一つ持っておくことが大切。

・面接について
→どんなに練習していても、本番の面接を受けてみると初回は絶対に緊張するもの。
そこでは、今の自分に不足している事を理解し、次の面接に活かそう!

この他にも、日文生からSEになる事、おススメの穴場就職サイト、大学のキャリアセンターの
活用法、中小企業の探し方、自己分析のコツ、大学とりまとめを通しての就職活動の方法、
インターンについて、などここには書ききれないほどの貴重なお話が満載でした!!

後輩の皆さんも、参考書などには書かれていない情報にとても刺激を受けている様子でした。

以下、アンケートより参加者の声の一部抜粋です。

・先輩それぞれの就職活動のやり方を聞けたことが良かったです。
・就職サイトについてやキャリアセンターの利用の仕方などを聞けて参考になりました。
・同じ学部の日文の先輩から詳しいアドバイスを聞く事ができ、貴重な時間でした。
・いつ頃に何をやり始めた、など就活のペースを知ることができました。
・実際に使用していた就職アプリも教えていただいて、参考になりました。
・インターンシップや学校取りまとめ、推薦について聞けたことが良かったです。
・何も分からない自分にとって有意義な時間でした。今からでもできる事をしていこう
と思うきっかけになりました。
・インターンシップに何回も参加されている先輩からのお話も聞けた。
・就職活動を開始した時期も、先輩によってバラバラで様々な就活のパターンを聞けて
有難かったです。
・先輩から直接お話を聞く事で、自分が不安に思っていた部分、また就活自体に対しての不安が
和らぎました。
・ガクチカについての認識が自分が思っていたのとは少し異なっていて、
詳しく知ることができて良かったです。

最後に、座談会に参加してくださった4年生から皆さんへのメッセージです!

・コロナ禍で先が見えない中、不安なことがこれからたくさん出てくると思います。ただ、やることをやっていれば実際何とかなります。学校の就活支援もとても充実していますので存分に頼りましょう。焦らず、自分に合う企業を見つけてください。陰ながら応援しております。(AM)

・周りの意見に左右されすぎず、自分らしい就活をしてください。
納得のいく就活になるよう、応援しています!
(MO)

・企業は「できる人間」ではなく「できる人間になりそうな人」に内定を出すと思います。
自分が就職後「できる人間」に成長できる環境を見極めるために自己分析があります。
是非色々もがいて自己嫌悪になりつつ、未来の「できる」自分を勝ち取ってください。
応援しています。
(AK)

4年生のみなさん、改めてありがとうございました。
1-3年生のみなさん、是非聞いた事をご自分の中で消化して、
ご自身なりのキャリア・人生をもう一度描いてみてください。

(CC)