受験生の方へ

七夕読書会をめぐる冒険~一通の手紙から~ [2020年04月28日(火)]

〈受験生の方へ〉

あれは、去年の秋、私のもとに、一通のエアメールが届きました。
「さっちゃん~ごきげんよう。七海です。何度かメールしたのですが、
うまく届かなかったので手紙にしました。今私はニューヨークで物流の仕事をしています。
さっちゃんと約束した通り「記憶」「物語」を学ぶため留学、そして卒業後三井物産に入り、
7月からニューヨーク勤務です。7月7日、七夕、必ず思い出すのが、あの七夕読書会。
よしもとばななの「ムーンライト・シャドウ」はニューヨークにも持ってきました。
あの日から、私は人にとって、記憶、そして、物語とはなんなのか考え続けています・・」

かつて高校教師だった私の最後の教え子からの手紙は、あの「七夕読書会」を
鮮やかに蘇らせてくれました。3・11大地震が発生した、あの年の7月7日のことでした。

不安いっぱいでスタートした高校3年4月始業式、私は語り始めました。
「一年間一緒に学ぶ仲間たちと、一緒に何かを続けるってどう?」、生徒達からは猛烈な拍手。
それを受け「私の話を聞いてください」プロジェクトについて話し始めると
「おもしろそう~」の声があがりました。これは朝のホームルームを使い、毎日一人が
「私の話を聞いてください」と、今、私が興味関心を抱いている社会のコトを仲間に説明し、
その中で自分の思い・考えを語るものです。素材は新聞・ネット・雑誌なんでもOK、
紹介した素材は週の終わりに一枚のプリントにして配布し、各自じっくり読み込むという
シンプルな試みです。拍手をうけ「では、今日は私から」とスタート。
「私の話を聞いてください。今日、私が皆さんに紹介したいのは、今朝のこの新聞記事です。」
と藤原信也さんのエッセーを紹介。『先日、主宰するウェブマガジンに、ルターの「たとえ明日
世界が滅びようと、わたしは今日林檎の木を植える」という言葉を掲載した。
「読んで涙をぼろぼろこぼした。仲間と『こういう世の中だけど、前向きに生きていこう』
と話し合った」というメールが来た。過剰反応かなと思ったが、肩書を見てハッとした。
フクシマの高校生からだった。』

ここから始まった「私の話を聞いてください」に夢中になった生徒たちからリクエストがでました。
「先生、今度みんなで読書会したいです。
一つの小説を真ん中において、みんなで語り合いたいです」
その声に答え、開催された、7月7日の「ムーンライト・シャドウ」をめぐる「七夕読書会」。
七海さんの手紙は次の言葉で終わります。
「あの七夕読書会は単なるイベントではなく、新たな学びの<冒険>でした。」と。

受験生のみなさん、「新型コロナウイルス禍と向き合う」こんな時こそ、本を読んでみませんか?
世界をみる新たな「まなざし」は、きっと、あなたの力になります。

(AO)

「耳をふさぐ、その前に――。」 [2020年03月10日(火)]

〈受験生の方へ〉

3月も中旬、コロナウイルスに対する不安とも闘いつつ、受験の総仕上げをしていらっしゃる方もいるでしょう。続く高校2年生の中には、3学期の期末テストがなくなり、評定と新たな向き合い方をしなければならなくなった方もいることでしょう。
大きな事故、事件等が起きた時、どう対処するのか、そこに人間の真価があらわれます。
不本意な状況が訪れた時、「だから言ったでしょう」「ああすればよかったのに」と言われれば、
誰でもムッとして、耳をふさぎたくなります。私もその一人です。

しかし、「朝日新聞」2020年3月1日(日)朝刊の記事に、はっとさせられました。
編集委員・福島申二氏「〈日曜に想う〉お友達より、持つべきは敵」です。
国会で批判され、ムッとした首相の態度に対する文章の中で、次のように述べています。

たしかに、「持つべきものは友」である。しかし「敵」というのもそれに劣らず大切だ。
大劇作家シェークスピアはさすがに人間通らしく、喜劇「十二夜」の道化役に「持つべきは敵」
だと語らせている。セリフが振るっている。

 

〈だってさ、友だちはおれをほめあげてばかにするが、敵は正直にばかだと言ってくれるんでね〉。
続くセリフが、ずばり真を突く。
〈つまり敵によっておのれを知り、友だちによっておのれを欺くってわけだ〉(小田島雄志訳)

 

これは、受験のひとコマ、ひとコマ、日々の積み重ねのひとコマ、ひとコマにも
活きてくる言葉だと思います。――なかなか難しいことですが。

9階の私の研究室から見えた夕暮れ時の富士山
強い北風が吹く中、神々しい姿でした

(FE)

推薦図書・入学準備について [2020年02月03日(月)]

日本語日本文学科に合格おめでとうございます。

これから始まる大学生活に期待を寄せる反面、少し不安な方もいらっしゃることでしょう。4月の入学までの期間を利用して、ぜひ、日本文学や日本語に関する知識を深めておいてください。
以下に、みなさんにぜひ読んでおいていただきたい本を紹介しています。中には難しい内容や読むのに時間のかかる本もありますが、全て読めなくても、自分を試すつもりで、複数冊読破にチャレンジしてみてください。

<学科推薦図書>

日本語日本文学科の学びの分野から1冊ずつ推薦します。

近現代文学  新潮文庫『日本文学100年の名作』シリーズ 全10巻のうちどれか1冊

古典文学   講談社現代新書『知っている古文の知らない魅力』(鈴木健一)

日本語学   光文社新書『日本語は「空気」が決める 社会言語学入門 』(石黒圭)

日本語教育  岩波新書『やさしい日本語-多文化共生社会へ』(庵功雄)

文化(周辺領域) 講談社学術文庫『しぐさの日本文化』(多田道太郎)

<入学準備>

大学での学びに備えて、また、高校までに学習した内容を確かなものにするために、以下の点を参考に、問題集などで自習しておきましょう。

・日本文学史(古典~現代)の知識を確かなものにする。
例)『重点整理 新・国文学史ノート』(日栄社)など

・漢字の読み書き能力をアップする。
例)『本試験型漢字検定2級試験問題集』(成美堂出版)など

・敬語・語彙・表記・文法などの日本語力を強化する。
例)『日本語検定公式練習問題集3級 3訂版』(東京書籍)など

・日本史(古代~現代)の知識を確かなものにする。
高校で使用している日本史の教科書や副教材、あるいは手持ちの参考書などを用いる。

日本語日本文学科

合格おめでとうございます。 [2020年02月03日(月)]

日本語日本文学科

合格おめでとうございます。
あなたの努力が実を結び、こうした結果を出せたことは素晴らしいことですね。
あなたの周りで、あなたの夢を応援してくれた方々もお慶びでしょう。

さて、あなたはこの学科でどのような夢を叶えますか。
日本語日本文学科は何よりもことばの力を磨く学科です。
そして、日本の言語文化を多角的に学び、国際化が加速する社会において自立し、貢献できる力を養います。
こうした力を身につけるため、日本語日本文学科では、文学・言語の2コースに分かれるコース制で専門の学びをより深めます。更に学びを実践するプロジェクト科目や、日本の言語文化を国内外から捉える文化科目も用意されています。
あとはあなた自身が夢に向かって行動するのみです。
あなたの新たな夢を、教職員一同、心から応援します。
桜の咲く頃、このキャンパスに立つあなたの晴れやかな姿を楽しみにしています。

日本語日本文学科長 山本晶子

受験生の方へ~中国文学について~ [2019年12月20日(金)]

〈受験生の方へ〉

日本語日本文学科では中国文学を学ぶことが出来ます。今回は実際に中国文学ゼミで学ぶ学生
のメッセージを紹介します。

——————————————————————————————————————

出身高校が論語教育に力を入れていたので、そのことがきっかけで『論語』に興味を持ちました。そこで、孔子の考え方をさらに追求したいと考え、現在大学では中国文学ゼミに所属し、『論語注疏』と『論語集註』に基づいた解釈をしながら日々孔子の考え方について勉強しています。
『論語注疏』は訓読文のない白文なので、読むのが大変ですが、やりがいがあり漢文を読む力が身につきます。また、論語を読み解くには中国の歴史やその時代背景を知る必要があるので、色々な書物を読んだり、先生が授業のなかで様々な知識を教えてくださります。

 

他には「中国文学Ⅱ(中国B)」の授業も受けています。この授業では『白氏文集』を勉強しています。白居易の詩は大きく諷諭詩と閒適詩で分かれていて、これらを前後期で学びます。多くの詩を読むことで白居易の姿が詩から想像することができるので、とても楽しいです。

(IC)

会話データ分析を大学で学ぼう! [2019年11月05日(火)]

〈受験生の方へ〉

10月26日に第7回昭和女子大学日文公開講座において、
「会話を科学する。-ストーリーテリングの世界」
というタイトルで、東京外国語大学の中井陽子先生と共同講演を行いました。

中井先生と私は、他の先生方とも一緒に「会話データ分析」を行ってきています。
講演では、この会話データ分析の中でも「ストーリーテリング」を例に
「会話を科学する」ことを聴衆のみなさんにも体験していただきました。
そして、この会話データ分析を通して、
その先にどのような可能性が広がるのかについてもお話しました。

この会話データ分析は、高校までの授業ではあまり取り上げられることはないと思います。
日常会話は毎日行うものですが、この会話を科学的に見るとはどういうことなのか、
そのためにはどうしたらいいのか、といったことを私は授業で扱っています。

みなさんも、日常生活の会話で、
何か困ったり、逆に、関心を持ったりしたやりとりがあるのではないでしょうか。
例えば、外国人にうまく説明ができなかったり、外国人との会話では日本人同士とは異なるやりとりになったり、テレビでちょっと気になるやりとりをみたり、といった経験はあるものと思います。
このような経験をそのままにするのではなく、どうしてそのような現象が起こったのかを科学的に見ることができるのが「会話データ分析」です。

私が経験する会話と、若いみなさんが経験する会話ではまた違ったやりとりになるものと思います。

ぜひ、みなさんならではの会話の現象を、大学で一緒に科学的に見ていきたいと思っています。

(OB)

オープンキャンパスのお知らせ [2019年10月18日(金)]

〈受験生のみなさんへ〉

みなさん、こんにちは!
日文キャラクターさくらです。

今月も、オープンキャンパスを開催いたします。

日 時:10月26日(土) 13:30~16:30

■学科の企画「学生による学科紹介」
時間 13:40~13:55
場所 1号館5階 5S33教室

■公開講座「会話の構造を科学する。-ストーリーテリングの世界-」
講師 中井陽子(東京外国語大学大学院国際日本語学研究院准教授)
大場美和子(昭和女子大学日本語日本文学科准教授)
時間 14:00~15:30
場所 1号館5階 5S33教室
詳細は、こちらのリンクへ! → 

それでは、みなさんとお会いできることを楽しみにしています!

(sakura)

受験生の方へ [2019年10月01日(火)]

〈受験生の方へ〉

すっかり秋らしくなってまいりました。

受験生の方は、勉強も佳境に入ってきたことと思います。

私も経験がありますが、受験勉強をすることはなかなかしんどいものです。
「いったい何のためにやっているのか」と疑問に感じたり、
なかなか成果に結びつかなくて投げ出したくなるような瞬間は、誰にでもあると思います。

それでも、そこで何とか気持ちを切り替えて、
最終的に「あの時はよく勉強したなあ」と胸をはって言えるようながんばりは、
人生の節目節目において非常に重要であると思います。

もちろん学ぶ内容も大切なのですが
(受験で学んだことがしっかりと身についている人ほど大学の授業が楽しくなります)、
同時に、それぐらい一つの物事に集中して取り組んだ経験自体が大きな学びであって、大きな財産でもあります。

この経験は言わば一つの通過儀礼であり、その後の人生においても
「あの時あんなにがんばれたのだから、今回もやれるはず」
という励みにもつながるはずです。

ぜひ、これまでの人生で一番勉強したと言えるくらいがんばってみて、
そして大学に入ったら、その一番をあっさりと更新して欲しいと思います。

大学で好きなことをおもいきり学ぶのは楽しいものです。

良い春が来ることを願います。

(YN)

ゼミで高尾山へ [2019年09月18日(水)]

〈受験生の方へ〉

夏休みの一日、3・4年ゼミの学生の希望者と高尾山に上りました。
高尾山は、標高599メートルの山で、登山にはいくつかのルートがあります。
今回は、1号路~4号路を経て山頂へ。いつもの授業とは違う学生の表情が新鮮でした。
学生から感想が寄せられたので載せます。

高尾山に登るのは昨年の12月ぶりでしたが、坂道が大変なのは相変わらずでした。しかし、その分登りきった時の達成感は最高です!山頂から見た景色はいつ見ても綺麗で、家からほど近い場所に自然を感じました。ビアマウントでは友人達や後輩達とおいしいご飯を食べて、とても楽しい夏休みの思い出になりました!みんなで登山を楽しめるのも、辛い時に背中を押してくれる仲間がいる嶺田ゼミならではだと思っています。次は、卒業論文という山を登りたいと思います。(MT)

今回は3年生も加えた登山だったので、学年を越えて親睦を深めることができ、とても充実したイベントになりました。でも、自分の体力の無さを痛感した登山でもありました…笑 やっぱり日頃から運動をしなければ…次こそ目指せ頂上!です!(MY)

2回目の高尾山ということもあり少し心に余裕を持って登ることができました。序盤の急な坂道が苦しかったです。遠くまで景色が見渡せる天気ではありませんでしたが、山を登るには丁度良かったかと思います。登っている間はきつい、苦しいという気持ちだったのですが、登りきった時には大きな達成感がありました。また登りに行きたいです。(MT)

嶺田先生や先輩方と高尾山を登ることができてとても嬉しかったです。登山後のビュッフェもみんなで美味しくいただきました。今回の楽しい思い出を糧に、これからもゼミでの活動を頑張っていきたいと思います。(RY)

昨年に続き2度目の高尾山の登山に参加しました。嶺田先生、4年と3年のゼミ生の8名で登りました。今年は後輩たちとの交流もあり、より新鮮さが増したように感じ、頂上からの景色も去年とは違う印象だったような…。普段はしない真剣な話を、登山中に友人にポロっと語ってしまうのは何故なのか…?それが山の力なのか…?とふと思う今日この頃です。(SN)

(MN)

日本文化発信プロジェクト 留学生との意見交換会 [2019年08月06日(火)]

〈受験生の方へ〉

こんにちは。
日本文化発信プロジェクト担当の山本です。
このプロジェクトは、日本の伝統芸能の一つである狂言の魅力を
外国の方に伝えることを目的として活動しています。
この活動も今年で4年目となりましたが、毎年夏に留学生との意見交換会を行っています。
今年は8月2日に、長沼スクール東京日本語学校から6名の留学生の方と
引率の先生が、本学へいらしてくださいました。
当日の流れは、これまでの活動成果としてまとめた冊子を手引きに狂言鑑賞を行い、
その後、意見交換となります。

まずは互いに自己紹介をした後、プロジェクトの学生から、
狂言の概要と鑑賞する「附子」についての説明をしました。



その後、狂言「附子」を鑑賞してから、2つのグループに分かれ、
狂言についての感想やプレゼンの内容等についての意見交換を行いました。
今回の参加者は、皆さん台湾からの留学生でしたが、それぞれ気になるところは
違っていたようで、鋭い質問が投げかけられると、プロジェクトの学生は
懸命にメモを取りながら答えていました。



最後は全員笑顔で記念写真です。

長沼スクール東京日本語学校の方達をお見送りした後も、プロジェクト活動は続きます。
それぞれのグループでどのような話合いが行われたのかを報告し、
今年度の冊子作りに活かしていきます。いずれのグループでも、
留学生の方と率直な意見交換ができたようで、貴重な機会となりました。
プロジェクト活動にとって、通常の授業がない休暇中は、
できるだけディスカッションを重ね、新たな発信の形をまとめていく大切な時間です。
今年も秋桜祭でその成果を発表する予定ですので、楽しみにしていてください。

(YM)