面白いこと見つけましょう [2010年07月29日(木)]

古代エジプト史、ヒエログリフを勉強している吉成です。
先週末は一般教養で担当している「西洋史」のテストの採点で忙しくしていました。レポート形式の答案の中に「高校で習ったという前提で話をされるのがつらい。」という感想を書いたものがありました。
高校世界史で多分やらなかったところの話のことでしょう。
そこで提案ですが、高校の世界史の授業でしなかった時代と地域については、教科書の記述を手がかりに自分でそれに関する一般書を読んでみることをおすすめします。
退屈な教科書の記述より面白く、きっと新しい発見があり、意外にそのテーマが大学での勉強のきっかけになるかもしれません。自分で働きかけたことには、必ず良い結果が生まれると考えます。
他人まかせにしないで、自分で面白いことを見つけに行きましょう。