がんばってます!

生活科教育法の授業でこども園園児と落ち葉を楽しむ [2020年01月14日(火)]

12月12日に、昭和女子大学初等教育学科の教職を目指す2年生約50名の学生とこども園の園児とで、秋を楽しみました。5名の学生が落ち葉を使った授業を企画し、その計画に従ってグループを作って昭和女子大学内にある庭園「昭和之泉」を散策しました。

ネイチャーゲーム・サイレントウォーク

「ここから先には魔法がかけられています。人が入ったことが分かると魔法がとけてしまいます。だから気付かれないように声を出さないで入っていきましょう。」という呼びかけで自然観察をするネイチャーゲームの一つ、「サイレントウォーク」というプログラムです。大学生と子どもは、指のサインで面白いものや不思議なものを指しながらゆっくりコースを歩きます。

この日はとても温かい晴れの日で、池の反射光があずまやの天井に映り、水紋が揺らめく幻燈が見られました。池には冬鳥のマガモが泳いでいました。プラタナスの大きな葉っぱを踏んだり、ごつごつした木の幹を一緒にさわったりしながら進みカーブを曲がると、突然黄色いじゅうたんがまぶしく広がります。一面のイチョウの落ち葉です。そこがゴールで、大学生と子どもは、見たものを声に出して確認しあいます。

落ち葉拾い

落ち葉拾いのために大学生は新聞紙で全員分の肩掛けバックをつくっていました。子どもたちはそこに自分のコレクションを入れていきます。イチョウの落ち葉拾いの後、ケヤキ、サクラと続きます。特に美しかったのがイロハモミジでした。上も下も赤かったので、子どもの頬も赤く染まっていました。子どもは夢中になってひろっていました。

 

バックに入れる落ち葉を選ぶ時に、子どもは落ち葉をよく観察します。色味がグラデーションになっていること、葉の張り具合、切れ込みの入り方などを見て、お気に入りの葉っぱを大切にしまいます。そして、種類によって質感が違うことを指先で感じます。イチョウはしっとり、桜はふにゃっと、ケヤキはパリッとしています。気に入った落ち葉が見つかると友達や大学生に嬉しそうに見せていました。このような経験が、植物の葉を見て分類する能力の基礎になるのです。

王冠作り

あらかじめ大学生が準備した台紙に両面テープで落ち葉を張っていきます。大学生が両面テープの剥離紙をはがしてあげたり、デザインの相談に乗ってあげたりしていました。葉を張った後は、紙を筒状にしてホチキスで輪ゴムをとめて完成です。素敵な作品ができて、子どもたちは嬉しそうにかぶって楽しんでいました。

秋祭りでの交流に続き2回目だったので、大学生と子どもたちはより仲良くなれ、手をつないだり一緒に遊んだりする様子が見られました。このような交流は、教職を目指す学生にとって大変よい機会です。また、子ども一人に大学生一人がつくことができ、目が行きとどいていたので、こども園の先生方にも喜んでもらえました。

魔法ってなに?

ネイチャーゲームの時に「魔法がかけられています」と言ったことを書きましたが、魔法とは何でしょう。魔法ごっこでしょうと思うかもしれませんが、この日のモミジの美しさは本当に魔法のようでした。魔法がかけられているみたいと思ったところにアンダーラインを引きました。秋深まり、北の国からやってくる美しいマガモや、水紋の揺らめき、落ち葉のグラデーション。自然は私たちに素敵な贈り物を届けてくれるのです。しかし、時間の移ろいと共に魔法はいつかとけてしまいます。旬を逃さないように! そのためには、旬をキャッチする感性が大切ですね。

昭和女子大学 しらす

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの学生の活躍―館山プログラム① [2019年09月19日(木)]

そろそろ夏休みが空けますが、初教の学生は今年も大活躍してくれました!

8月20日~22日、千葉県館山市教育委員会と共催で、館山ウキウキワクワク教室を催しました。館山市内の子供たち、のべ290名が参加しました。

プロジェクトを企画運営した学生は、児童コースの29名の3年生です。小学校教員を目指す学生たちが、3日間の授業だけでなく、このプロジェクトの運営すべてを行います。プロジェクトの準備は6月から始まります。有志のメンバーを募りスタートします。それぞれの係や担当する授業を決めていきます。

まずは一日目の様子を紹介します!

 

※8月19日(プログラム1日目) 会場設営・授業準備

お昼過ぎに館山にある望秀海浜学寮に到着し、それぞれの係や授業ごとに準備の段取りを相談します。夕方には教育委員会の担当者との打ち合わせを控えています。段取りよく、動きます。授業の準備もばっちりです!

いよいよ採用試験! [2019年07月04日(木)]

初等教育学科の4年生は、教育実習を終え、教員採用試験(小学校・幼稚園)、公務員(保育士)試験等への準備に一生懸命取り組んでいます!初めての経験で、さぞかし緊張することと思いますが、先輩たちも荒波を乗り越え立派に現場で活躍しています。学科教職員一同、応援しています!

学寮研修〈東明〉 [2018年05月24日(木)]

 

東明2日目には、7つのグループに分かれ、神奈川県大井町・松田町の小学校・幼稚園での初めての参観実習に参加しました。

 

教育・保育実践の場で子ども達と触れ合いながら、あらためて子どもと関わる仕事への責任と魅力を確認できました。

参加観後には、各自設定したテーマをもとに、先生方に積極的に質疑をし、丁寧にお答えいただきました。

 

続く3日目の学生の自主企画である「ようこそ先輩」では、昭和女子大卒業後の先輩方の活躍を伺い、大学で培ったキャリア教育が卒業後、どのように生かされるかを知りました。

 

学寮研修〈望秀〉 [2018年05月24日(木)]

望秀学寮研修2日目は、館山市内の幼稚園・小学校に分かれて、参観実習を行いました。

38名の学生がうかがった館山小学校・幼稚園では、校長先生、副校長先生、教務の先生、副園長先生が学生たちを笑顔で迎えてくださいました。

 

 館山市の幼稚園では2年保育を行っています。

年少さんは4月から幼稚園に通い始めてまだ2週間くらいしかたっていません。それでも、館山幼稚園の園児たちは先生の指示をしっかり聞いて、落ち着いて学習する姿が見られました。

幼稚園の先生は、「一指示、一動作、一確認」を徹底していて、園児たちの様子をよく見て、指示を出していました。また、学生は一緒に踊ったり、じゃんけん列車の仲間に入れてもらったりして楽しそうに保育参加していました。

 館山小学校では、1時間の授業をじっくり1本落ち着いて参観しました。

授業参観後の学生の振り返りから、教師と児童の関わりの焦点をあて、深く授業が読み取れるようになったことが伝わってきました。

興味の引き出し方、指示の出し方、発問、声掛け、まとめの方法等、多くのことを感じ取り、自分のものにしていこうとする姿がありました。

 4年生の教育実習を前に、「良い授業」をたくさん参観して、自分の引き出しを増やし、園児や児童とよいかかわりのできる授業者に育ってもらいたいです。

新入生を迎えて [2018年04月12日(木)]

新入生の入学最初の週は、オリエンテーションの他、ガイダンスや講話、履修、テスト、施設の案内など盛りだくさん。

まだ慣れない大学生生活への緊張や不安で少し疲れが見られる頃、三年生主催の新入生歓迎夕食会、懇談会があります。

 

主催した三年生も、一年生との交流を通じて二年という時の流れの速さに驚きつつ、自身の成長も実感できたようです。

 

今週から授業が始まり、来週は学寮研修があります。

 

新入生にとっては慌ただしい日々が続きますが、充実した学生生活をスタートできるよう、学科教職員一同サポートしていきたいと思います

内定者就職懇談会 [2018年03月07日(水)]

2月14日、教育職・保育職に内定している4年生を招いて、就職懇談会を開催しました。

2年生を中心に多くの学生が参加しました。

教育保育の勉強を始めて2年が経ち、
自分の卒業後の進路もそろそろ具体的に考えていかなければならない時期に、
4年生の体験談を伺うことができて、とても参考になりました。

 

先輩たちが

採用試験に向けて

どのようなスケジュールで

受験勉強と大学の授業とを
両立
させたのか、

勉強の中身や、

役に立った参考書、

自分で作ったノートなども
見せていただき、

具体的なイメージが 浮かびました。

お話を聞くことができて、

これからの2年間で
すべきことがよくわかりました。

迷うことも多く、
自信を失いかける
こともありましたが、

また、しっかり頑張って

先生や保育士を目指そう

という気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業を間近に控えてお忙しいところ、
後輩のために時間を割いていただき、ありがとうございました。

トビタテ!留学JAPAN第5期生 川村真由さん 帰国報告会 [2017年12月06日(水)]

11月29日(水)の昼休みに、トビタテ!留学JAPAN第5期生として、カンボジアやルワンダで活動してきた川村真由さんの帰国報告会を行いました。

バイタリティーあふれる活動の様子を、いきいきと報告してくれました。

カンボジアでは、プノンペン大学の日本語講師をしながら現地の初等教育現場に飛び込んで、その課題を探り、さらに東南アジア全体の様子を知ろうと2ヶ月間ひとりで東南アジア各国をバックパックで見て回りました。

さらには、国連の試験を受け、アフリカのルワンダに飛び、発展途上国の教育の現状を視察しました。

 

自らが知りたいと思ったことを現地に行って自分の目で確かめる行動力は、報告会に参加した学生に大いに刺激になったようです。

 

(参加者の感想)

◯「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。私が留学したわけではないが、川村さんの発表を聞いてこの言葉の意味を改めて実感した。私も川村さんに倣って媒体を通した情報をみるのではなく、現地に飛び込んで事実を追求していきたいと思った。

◯女子大生がバックパック1つ持って何カ国も旅をするという行動力に驚いた。自分で「見たい」「知りたい」という好奇心に対する貪欲な姿勢を見習い、今後の川村さんの活躍に期待したいと思った。

◯心の中に抱いた疑問を自分の目で確かめに行き、目の前に広がる世界の現状を真摯に受け止め、自分にできることを探す姿に尊敬の念を抱いた。川村さんのように、原動力となるワクワク感を自分自身の中にも何か見つけたいと思った。

◯留学してやりたいことを突き詰めていく川村さんの姿勢は自分にとって刺激になった。カバン1つで海外を歩くなんて、自分は怖くて出来ないと思ったが、不安でもまずはやってみることが大切なんだなあと思った。

公立小学校幼稚園一日見学 [2017年11月15日(水)]

10月31日、2年生は全員、公立小学校5校、公立幼稚園5園に分かれて、「公立小学校幼稚園一日見学」を実施しました。

子どもたちの行動を観察し、担任の先生、園長先生のお話をお聞きして、たくさんのことを学んできました。

小学校の見学も朝の登校の様子から、6時間目の協議会まで、質疑を積極的に行い、校長、副校長先生にお話を伺いました。ご協力を頂いた先生方、ありがとうございました。

おでかけひろばSHIP みんなで手をつなごう~学生といっしょに~ [2017年05月18日(木)]

img001 IMG_1074

UPが遅くなってしまいましたが、

おでかけひろばSHIPのイベント「みんなで手をつなごう~学生といっしょに~」に遠藤ゼミ4年生が参加しました。

ご参加いただいた親子のみなさま、ありがとうございました。

 

 〇絵本の読み聞かせ〇

〇IMG_1090 〇IMG_1115

 

〇みんなで「いないいないばあ」〇
〇IMG_1126

〇手作りカードをおみやげに〇
〇IMG_1128

小学生に海外体験を語る [2016年12月28日(水)]

12月6日(火)、松本ゼミの学生が都内の小学校の3年生のクラスを訪問し、発展途上国の子どもたちや人々について話をしました。

sIMG_1384 sIMG_1390
sIMG_1430 sIMG_1419

子どもたちの前で話をした学生は、小学校時代の担任の先生の影響で、海外に関心を持ち、大学時代にフィリピンに3回、スリランカに1回行きました。フィリピンでは孤児院やストリートチルドレンの施設へいったり、スリランカでは井戸掘りをしたりして来ました。そして、それらの体験を通して気付いたことを日本の子どもたちに伝えたいと思いました。

貧困、不便、不衛生、不足、危険。そのような中にあっても、日本では感じたことのない「人と人とのつながり」「人の温かさ」を体験しました

言葉も通じない中、フィリピンやスリランカで、人と人との出会いのかけがえのなさを感じ、「自分は、日本でどれだけ真剣に人と向き合って来ただろうか」「どれだけ隣人のことを知っているだろうか」と振り返り、子どもたちにも語りかけました。

最初、とても活発に学生の話に反応していた子どもたちが、最後には、真剣に耳を傾ける姿が印象的でした。

卒業生との懇談会を開催しました [2016年12月22日(木)]

s0785 IMsG_0839
IMGz_0831 IMGs_0846

毎年恒例となりましたが、今年も、11月26日(土)の午後、教職・保育職に就いている卒業生をお招きして懇談会を開催しました。

いらして下さったのは、現在小学校・幼稚園・保育園にお勤めの10名の先輩です。

全員20代の若い先生たちです。

教師や保育者の仕事とはどのようなものなのか、その魅力とは何か。子どもとの触れ合いの中で日々どのようなことを感じているかなど、さまざまなエピソードを交えながらお話し下さいました。

また学生からの質問にも丁寧に答えて下さり、教師や保育者を目指す学生にとって大変勇気づけられるお話を伺うことができて、有意義な時間となりました。