後期も好発進です! [2018年10月16日(火)]

9月から10月をまたぐ頃、天気の方はあいにくでしたが、初等教育学科は元気に発進しました。

9月28日には、カムジー先生をお迎えしての特別研究講座。1年生から4年生まで全学科生が参加し、見聞を広めました。愉快なリズム遊びの実演を通して、子どもたちとのコミュニケーションの取り方や表現力の育成についてて再考しました。

 

 

 9月30日 本学で三茶・子育てファミリーフェスタが開催されました。三茶・子育てファミリーフェスタは、安心して子育てができる世田谷のまちづくりを目指して、世田谷区の子育て支援団体の紹介や、多世代交流の場を提供し、地域と連携して子育て家族を支援することを開催の目的としています。

 このプロジェクトを行うにあたり、大学では全学部の学生から参加を募りました。つまり、プロジェクトメンバーは、運営を行うために自ら手を挙げて集まった学生たちです。5月にプロジェクトが発足してから今日に至るまで、毎週ミーティングを重ね、活動してきました。多くの初等教育学科の学生も運営側としてかかわってきました。また、ボランティアとしても100名を超える学科の学生が、働いていました。

 当日は悪天候の中でもたくさんのお客様にご来場いただきました。小さなお子様連れのお客様が、学内・学外参加団体のブースで楽しまれていた様子が、スタッフの心にも深く残ったようでした。

夏休みの初等教育学科生の活躍③―カンボジア海外教育研究 [2018年10月16日(火)]

9月16日から23日にかけて、カンボジアのプノンペンにおいて、「カンボジア海外教育研究」(王宮プノンペン大学日本語学科、トゥク・ラーク小学校にて研修)が開催され、11名の学生が参加しました。

プノンペン大学日本語学科でのボランティア実習では、現地学生と簡単な日本語を使って伝言ゲームやビンゴゲームなどを行い、懇談会では日本やカンボジアについて紹介し合いました。

トゥク・ラーク小学校では、小学校6年生と中学校1年生の子どもたちに、日本文化紹介、英語授業等が行われました。文化紹介では、伝統文化である福笑いで遊んだり、新聞紙で兜を製作したりしました。英語の授業では、簡単な英語を使って「桃太郎」のペープサートを行いました。

カンボジアの文化と学生、児童生徒の学習意欲に大いなる刺激を受けて、夏休みを終えた参加学生たちです。

夏休みの初等教育学科生の活躍②―館山プログラム [2018年09月23日(日)]

8月22日から24日にかけ、本学望秀海浜学寮において、毎年恒例の学習教室である「館山プログラム」(館山市教育委員会と本学科の共催)が開催されました。延べ202名の小学生が参加してくれました、ありがとうございました!

本プログラムは、小学校教諭を目指す3年生がグループごとに授業を展開します。

 

2日目の23日には65人の児童が参加。学生作のプラネタリウムによる星の観察などが行われました。

参加した学生も教員への意志が高まっていったようです。

 

 

夏休みの初等教育学科生の活躍①―朝小サマースクール [2018年09月16日(日)]

夏休み中も初等教育学科の学生が活躍と成長を見せてくれました!

8月8日は毎年恒例の朝日小学生新聞主催のサマースクールが行われました。この日はあいにく大型の台風が近づいており、参加者の足にも影響が出ると心配していました。しかし、受け付け時間の1時間以上前から会場にはたくさんの親子連れがおみえになりました。遠く静岡や栃木、群馬からも来てくださった方もいらっしゃいました。大盛況で終了時間を過ぎても、ブースを回ることに夢中の子どもたちもいたほどです。

この朝小サマースクールは、5月にキックオフでした。そこから幾度も、本学の2年生と朝日新聞社、イベント会社の方がミーティングを重ね、当日を迎えました。ミーティングの時に意見交換したり確認したりしなければならないことを、あらかじめ端的にまとめてミーティングに臨んでいました。ミーティングの時間は実質45分ほどなので、その場でわかりやすく互いの要望を説明し、決定していきます。少ない時間の中で互いに意見を交わし合い、共通理解をはかり、協働して大きな目的を達成していく様子は、これからの日本の学びの方向性でもあり、社会の方向性でもあるように見えました。

今年のメンバーは東急電鉄さんを始め、身近な地域の企業さんとコンタクトをとり、ブースを立ち上げました。特に、東急電鉄さんとのコラボは子どもたちにも大好評でした。『子どもたちも、地域の企業の方も喜びを感じる』という大きな目的を達成し、企画・運営に関わったメンバーみんなが手ごたえを感じたようでした。

こういったイベントの運営ができる本学の学生は、とても恵まれた環境にあると思います。ただ大学生活を過ごしていてはあじわうことのできない、これまでとは全く違う思考と方策を身につけることでしょう。合理的に、かつ相手をリスペクトして協働する、有意義なこれらの活動に、より多くの学生が中核として参加してくれることを期待しています。

 

夏のオープンキャンパス [2018年08月03日(金)]

6月、7月のオープンキャンパスには、多くの受験生、保護者の方にご来場いただきました。

8月18日(土)、19日(日)も、学科説明会、体験授業、学科ブースでの相談等がございます。

猛暑が続きますが、ぜひ初等教育学科を訪問してみて下さい!

教職員、担当学生一同お待ちしております!!

生活科の授業 [2018年07月11日(水)]

6月7日、3年生が昭和こども園を訪れ、科学工作を楽しみました。

作ったのはゴムの力でくるくる回るコップ。

事前にみんなで練習し、子どもたちに教えながら、回転させて一緒に遊ぶことができました。

昭和こども園との連携の深まりは、学生の学びの深まりともなっています。

 

 

学寮研修〈東明〉 [2018年05月24日(木)]

 

東明2日目には、7つのグループに分かれ、神奈川県大井町・松田町の小学校・幼稚園での初めての参観実習に参加しました。

 

教育・保育実践の場で子ども達と触れ合いながら、あらためて子どもと関わる仕事への責任と魅力を確認できました。

参加観後には、各自設定したテーマをもとに、先生方に積極的に質疑をし、丁寧にお答えいただきました。

 

続く3日目の学生の自主企画である「ようこそ先輩」では、昭和女子大卒業後の先輩方の活躍を伺い、大学で培ったキャリア教育が卒業後、どのように生かされるかを知りました。

 

学寮研修〈望秀〉 [2018年05月24日(木)]

望秀学寮研修2日目は、館山市内の幼稚園・小学校に分かれて、参観実習を行いました。

38名の学生がうかがった館山小学校・幼稚園では、校長先生、副校長先生、教務の先生、副園長先生が学生たちを笑顔で迎えてくださいました。

 

 館山市の幼稚園では2年保育を行っています。

年少さんは4月から幼稚園に通い始めてまだ2週間くらいしかたっていません。それでも、館山幼稚園の園児たちは先生の指示をしっかり聞いて、落ち着いて学習する姿が見られました。

幼稚園の先生は、「一指示、一動作、一確認」を徹底していて、園児たちの様子をよく見て、指示を出していました。また、学生は一緒に踊ったり、じゃんけん列車の仲間に入れてもらったりして楽しそうに保育参加していました。

 館山小学校では、1時間の授業をじっくり1本落ち着いて参観しました。

授業参観後の学生の振り返りから、教師と児童の関わりの焦点をあて、深く授業が読み取れるようになったことが伝わってきました。

興味の引き出し方、指示の出し方、発問、声掛け、まとめの方法等、多くのことを感じ取り、自分のものにしていこうとする姿がありました。

 4年生の教育実習を前に、「良い授業」をたくさん参観して、自分の引き出しを増やし、園児や児童とよいかかわりのできる授業者に育ってもらいたいです。

新入生を迎えて [2018年04月12日(木)]

新入生の入学最初の週は、オリエンテーションの他、ガイダンスや講話、履修、テスト、施設の案内など盛りだくさん。

まだ慣れない大学生生活への緊張や不安で少し疲れが見られる頃、三年生主催の新入生歓迎夕食会、懇談会があります。

 

主催した三年生も、一年生との交流を通じて二年という時の流れの速さに驚きつつ、自身の成長も実感できたようです。

 

今週から授業が始まり、来週は学寮研修があります。

 

新入生にとっては慌ただしい日々が続きますが、充実した学生生活をスタートできるよう、学科教職員一同サポートしていきたいと思います

1年生の皆さんへ [2018年04月04日(水)]

 

ご入学おめでとうございます。

高校までの学びと大学の学びの違いは、大学の授業は先生方のオリジナルの内容だということでしょう。数年前、海外の有名大学の授業をネットで配信するシステムが話題になりましたが、大学の授業の本当の価値は、先生と学生の直接のやりとりの中で生まれるものと思っています。

また、大学では自分の将来に向けて、自分自身で学びをデザインしなくてはなりません。大学を卒業したら、専門的に勉強してきた人と見なされ、それを武器に社会に出ていくことになります。なので、将来を見据えて長期・短期の計画をしっかり立てましょう。

とはいえ、目標をあまりに狭く限定してしまうのも望ましくありません。いろいろな学部が集まっているUniversityならではの環境を活かして、大学全体の様々なプロジェクトにも関心をもち、広い視野をもつようにしてください。

迷ったときは、友達や先輩だけでなく、私たち教員も精一杯サポートします。皆さんのこれからの学生生活が充実したものとなるよう心から願っています。

初等教育学科 学科長   永岡 都

卒業パーティー [2018年03月25日(日)]

平成29年度卒業パーティーが3月19日(月)に開かれました。

パーティーは終始和やかな雰囲気で、先生や友人との写真撮影や歓談に華を咲かせました。

 

抽選会もありました。
風船の中に番号の書かれた紙が入っています。

 

記念品の贈呈。
先生方と一緒に撮影した華やかな集合写真と
学び舎の写真と昭和女子大学のマークの入った紅白ワイン。

 

最後はクラスアドバイザーから感謝の気持ちを込めて
クラス委員と卒業パーティー委員へ花束の贈呈。

卒業生の皆さん、素敵なパーティーをありがとうございました。

皆さんの未来に幸あれ!!

卒業式 [2018年03月23日(金)]

3月16日(金)平成29年度の卒業式が挙行されました。
普段は学校の様々なところに隠れている小人たちも今日はそろって門出をお祝いします。

卒業生が式に出席している間に、最後のクラスルームが行われる教室を3年生が感謝の気持ちを込めて装飾を施します。

 

ご卒業おめでとうございます。

新しい社会で元気にたおやかにご活躍することを初等教育学科一同祈っております。

そして卒業生接待係の3年生有志の皆さん、先生方ありがとうございました。