コンシューマー・マーケティングの講義のご紹介 [2021年07月19日(月)]

こんにちは!
3年生のA.M.とY.M.です。

7月12日(月)、3年生のコンシューマー・マーケティングの授業で、マーケティングリサーチ会社のTNC小祝社長を
お招きし、「海外視点でこれからの食潮流を読む~これまでの価値観を超えて~」について講演をして頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外トレンドからヒントを得て、国内で商品化してヒットした成功事例、
これまでを超える「新しい価値観」の広がりなど、海外トレンドをどのように日本に浸透させていくのか、
さらには広がり始めている新しい価値観について学びました。

例えば、これまでを超える「新しい価値感」の広がりとして、7つのキーワードがあります。
1. 距離を超える→スマートミラーで自宅をジムに。
2. 新しい購買体験→人がいなくてもサービスを受けることができるバーチャルショ ッピング。

3. 時間消費とパーソナル・ラグジュアリー→ミシュランレストランの味を自宅で楽しめる。
4. ネオ・ローカリズムと新しいコミュニティ→地元商店街の商品をオンライン販売。
5. 社会のためのデータ活用→移動歴から感染リスクを判断できる個人コード。
6. 事業の枠を超える事業転換、異業種連携、社会貢献
  →ウーバーとスーパーマーケットの連携で高齢者の買い物をサポート。
などといったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の講演で潮流やトレンドを各国の文化に合わせて商品化すること、
新しい時代に対応する力の重要性について学ぶことができました。
講演の中で印象的だった言葉があります。「海外の動きは日本の未来である」です。
だからこそ、潮流を読み解くことが大切なのだと思いました。普段の生活では知ることの出来ない知識を身に着けることができ、
大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

貴重なお話をお聞かせ下さりありがとうございました。

『起業・スモールビジネス論』のご紹介 [2021年07月15日(木)]

こんにちは。
食安全マネジメント学科4年のR.A.です。

本日は私が2021年前期に履修していた「起業・スモールビジネス論」についてご紹介します♪
経営学・コンシューマー・マーケティングを担当していて、ご自身もブランド立ち上げ経験がある青木美保先生が担当教諭です!

この講義では、主に
1.  起業とは何か
2. ビジネスアイデアをコンセプトに磨き上げ、ビジネスプラン策定のプロセス
3. 起業・スモールビジネスの成功要因
の3点について学びます。

将来、起業に興味がある人、今はビジネスアイデアがなくても起業について学びたい人に、とてもおすすめの講義です。

初回の講義で「起業家」と、その起業家を全面的にサポートする「サポーター」を決定します。
その後、グループディスカッションを通して、ビジネスアイデア・プランを組み立てます。

私の班は、私自身が起業家となり、「海が見えるパン屋」というビジネステーマで話し合いを進めました。
正直、こんなパン屋があったら素敵だな~と生半可な気持ちでテーマを決めてしまったため、細かいビジネスプランを立てることに少し苦戦しました…。
また、生徒同士の話し合いだけではなく、実際に、都立大学駅にパン屋を起業した
「takupan」さんにインタビューする機会を設けて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中で特に印象に残っているポイントは、店内のカウンター等の設備は手作りすることで、
経費を抑えているということです。また、takupanさんのビジネスコンセプトは「誰でも気軽に買えるおいしいパン屋さん」とのことでした。
このように、起業において、コンセプトがしっかりと決まっていることで、お客様と従業員に起業家の考え・想いが伝わることを学びました。
Takupanさん食べログURL→タクパン (TAKUPAN) – 都立大学/パン [食べログ] (tabelog.com)

そして、先日、ビジネスプランの最終プレゼンを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンでは、緊張したと同時に、講義が終わってしまうという寂しさを感じました…。以上、本講義ではとても貴重な体験が出来ました。プレゼン終了後、みんなでtakupanのパンをいっぱい試食しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、今後、女性はもっと社会に進出し、そして一人ひとり大きな夢を持つべきだと思います。
その一歩として「起業・スモールビジネス論」を受講することを強くオススメします。

 

R.A.

学科のPR動画を撮影しました! [2021年05月05日(水)]

こんにちは。学部4年のK.Nです。

先日、学科のPR動画の撮影がありました!
今回、ナレーター役として動画撮影に参加した3人は、全員留学経験のあるメンバーです。

学科を選んだ理由や学科の特色などを紹介した後、留学体験についても語っています。
私は夏休み期間に1ヶ月間ボストンへ行って勉強してきました。
詳しい内容は動画でも話していますので、完成したら是非見てみて下さい!

今回、撮影と聞いてはいたものの、とってもラフなものだと思っていましたが、機材がとても本格的で凄く感動しました。笑
撮影雰囲気はとても明るく、スタッフの皆さんも優しく、和やかでした。

                         ナレーター撮影は室内に3人が間隔を開けて並んで話しました♪

             オープニングとエンディングの撮影は外に出て青空の下で撮影しました!

 

凄く貴重な経験ができて楽しかったです!
どんな動画に出来上がるか今からとても楽しみです。
この動画を見て新入生が入学を決めてくれたら嬉しいなと思います。

 

4年 K.N.

【新歓期】新入生と上級生の懇談会が開催されました♪ [2021年04月19日(月)]

こんにちは。食安全マネジメント学科 新1年生のK.K.です。

4月8日(木)に3年生による上級生懇談会が行われました。
入学したばかりではじめは緊張していた私たち一年生も、
少人数グループに分かれて行った対談や、先輩方が作ってくださった学科クイズを通して
この学科のことより知ることができ、会が終わるころには全員が笑顔で楽しんでいる様子でした!
先輩方から入学祝いとしていただいたルーズリーフケースとホチキスはこれから大事に使っていこうと思います。

                               ~上級生からの歓迎の言葉をいただきました!~

 

また、先生方の紹介や各クラスのクラスアドバイザーのクイズなどもあり、
授業とはまた違った先生方を知ることもできました。

~クイズの答え合わせ(先生の子供のころの夢は?) ~                   ~上級生を囲んで歓談タイム~

 

まだ交流できていない先輩方とも、これから学寮研修や行事などで交流出来たらうれしいです!

1年生 K.K.

1期生の卒業式が行われました! [2021年03月18日(木)]

こんにちは。食安全マネジメント学科です。

来たる3月16日(火)に食安全マネジメント学科の記念すべき1期生の卒業式が挙行されました。

4年前の学科創設時に入学した1期生の卒業を祝うように晴天で暖かな気候の中、アカデミックガウンに身を包んだ73名の卒業生が全員無事に卒業を迎えました。

新型コロナウイルスの影響で、参列者の制限や卒業パーティーの中止などがあり、例年とは少し異なる卒業式ではありましたが、卒業生は皆、晴れやかな笑顔で卒業していきました。

様々な資格や賞を受賞した卒業生もおり、学科長から賞状の授与も行われました。

 

 

 

 

 

 

 

食安全マネジメント学科の1期生として、4月から様々な場所で活躍していってくれることを教職員一同楽しみに、巣立つ卒業生を送ることができ、良い卒業式となりました。

                               最後は学生・教職員一同で記念撮影

 

 

 

 

 

合格おめでとうございます! [2021年02月12日(金)]

合格おめでとうございます。

人にとって常々変わらない営みは食べる事。食べる事は生きる事。食べる際に味や栄養、見た目の美しさ、食卓の雰囲気等は大切な要素ですが、それ以前に大切な事は食の安全です。食の安全をベースに実社会で活躍すべく、幅広い分野に興味を持ち、自分磨きをしてください。

それと共に、研修学寮や各プロジェクトをはじめ、本学のプログラムを充分に活用しつつ、同期生に留まらず、学科学年を超えた幅広い人間関係を築き、人生におけるかけがえのない財産を作ってください。

【入学前の準備】

入学までの準備として信頼のおけるメディア等で食、食品安全、食品の流通の情報に目を通しておくと良いでしょう。

 

食安全マネジメント学科 学科長

曽田 功

 

【研究室の活動】オンラインセミナーを行いました [2021年02月05日(金)]

こんにちは!須賀研究室です。

 

先月、広島大学大学院統合生命科学研究科 斎藤祐見子先生に、研究室セミナー「GPCR研究における最近のトピック-シグナル受容器一次繊毛を起点とする神経情報-」をオンラインで行っていただきました。

 

ほとんどの細胞が1本のみ持っている一次繊毛の働きについて学びました。一次繊毛は周囲の情報をキャッチするシグナル濃縮装置であり、一次繊毛の機能が乱れると遺伝子疾患にかかってしまうということを知りました。その他にも一次繊毛の様々な機能について説明していただき、1本の繊毛がこんなにも重要な役割を担っていることに驚きました。

 

斎藤先生、貴重なお話をありがとうございました。

 

学部4年生 A・E

 

【学寮代替プログラム:2年生】オンライン講演会を行いました。 [2021年01月06日(水)]

皆さん、こんにちは。

新年1回目のブログは、12月に2回に渡り行われた学寮代替プログラムについてお話します。

 

本来、私達は1年に1度、望秀海浜学寮または東明学林という昭和女子大学の研修施設にて3泊4日の学寮研修を行います。

そこでは、学科の特色に沿った盛り沢山な企画と部屋での共同生活に取り組みます。

ですが、今年は新型コロナウイルスの影響によって実施することができなかったため、クラス委員を中心に先生方のサポートを受け、オンラインビデオ会議システムZoomを使ったプログラムを企画いたしました。

テーマを「コロナ禍における外食企業の現状と対策案について」とし、「コロナ禍で消費行動や外食企業がどう変化しているかを知り、対策案を考え、就活や就職後に生かせるようにする」ことを目的に掲げて実施しました!

1日目は、「変化を知る」という目的で、日本経済新聞社から白鳥和生先生をお迎えし、外食産業を取り巻く変化と企業独自の対応に関することをテーマに、講演会を実施しました。

白鳥先生は、複雑な内容を分かりやすく、終始明るい雰囲気でお話くださり、たいへん学びの多い時間となりました。

 

2日目は、1日目の講演会の内容をもとに、「コロナ禍での消費者ニーズにこたえるため、生産者としてどのような提案をするか」について、グループごとにディスカッションを実施しました。

個人で考えてきたアイデアを、1グループ4-5人で20分間話し合い、2分以上2分半の制限時間の中で発表を行いました。

それぞれの班が魅力的なアイデアを出し合うことができ、充実したディスカッションとなりました!

 

普段、私達は食の生産から流通までの基礎知識を学んでいることもあり、現場の現状や対策といった“食の現場の今”について、とことん学ぶことで知識のリフレッシュにもなりました。

また、講演会で“今”を知り、“先”を考え、“自分で発言し発信する”ことができたことは、将来への力になっていくと感じました。

 

学部2年生 M・T

 

 

【健康美プロジェクト】昭和女子大学×大黒屋 100周年記念おせんべい共同開発! [2020年12月22日(火)]

みなさん、こんにちは!

突然ですが、食品の企画・開発に興味はありますか???

 

この商品は、私達の学科で行う「健康美プロジェクト」の授業で

昭和女子大学100周年記念品として大黒屋様と共同開発して制作したものになります!!

 

昨年、1年かけて管理栄養学科・食安全マネジメント学科の学生が協力して

市場調査から企画・開発の一連の流れを実践的に学びました。

 

このブログを読んでいる皆さんは、少なからず食品の企画開発に興味があるのではないでしょうか??

 

企画開発は「自分達が作りたいものをつくる」「食べたいものをつくる」

これだけでは、作っても売れる商品は作れず、在庫だけが余ってしまい消費期限が来て商品もダメになってしまいます。

 

ターゲット・コンセプト決め、市場調査・分析する、試作する、価格設定、売り上げ見込み、容器・包装のデザイン等

想像以上にやることは沢山あります!!!

食品の企画開発は、花形の職業に見えるかもしれませんが、地道に考え1つ1つ進めていかなければなりません。

 

しかし、完成した後の感動や、実際にお客様の手に渡った時の声を聞くと

今までの努力が全て報われた気持ちになります。

あの感動は何にも代えがたいですね。(笑)

 

今回のプロジェクトを通して最も難しいと思った点は

コンセプト決めと試作でした。

 

管理栄養学科と食安全マネジメント学科の2学科がいたので、様々な視点から

意見をまとめることや、私たちが考えた理想をどのようにして形にしていくのかを考えるのが大変でした。

 

管理栄養学科の学生と食安全マネジメント学科の学生、そして大黒屋様と何度も話し合いお互いの妥協点を見つけることで全員が納得した形で商品を作り上げることができました。

 

食品企画・開発をしたい!!と思っている学生の皆さんは

ぜひ、この学科で一緒に学びませんか??

 

在学中に、貴重な体験ができること間違いないですよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

学部4年生 M・S

【健康美PJ】宇宙食プロジェクトが秋桜祭に参加しました! [2020年12月09日(水)]

今回、宇宙食プロジェクトでは活動紹介という形で秋桜祭に参加させていただきました。

日本科学未来館のMiraikan Cafeに提案するメニューを、各班が宇宙をイメージして考えたものを掲載しました。写真は宇宙をイメージしたドーナツとトルティーヤです。

コロナ禍でオンラインでのやりとりになってしまい、活動しづらい面もありましたがzoomを活用し、話し合いをしたり自宅で試作してみたりと活動していました。

これからもオンラインでの活動になると思いますが、より積極的に活動していきたいと思います。

 

学部3年生 N.S