2018年3月

2018年3月26日の理事長ブログ [2018年03月26日(月)]

東京は21日の雪にもめげず桜の満開宣言。真っ青な空のもとお花見サンデーとあって少しサイクリングで回るが、駒場の校内も、北沢川緑道も人でいっぱい。入学式までは持たないのが残念。
19日月曜日、10時30分来客、11時雑誌取材のあと12時前に大学を出て横浜国立大学の経営協議会。18時30分赤坂で警察庁の方々と会食。田中さん以下、女性キャリアがどんどん育っていて頼もしい。
20日火曜日大学院の将来に関する意見交換会。大学院に社会人に来てもらうにはどうすればよいか。意欲的な提案も出てうれしい。13時来客2件、その後メール処理や原稿チエックをしていて私立大学連盟の総会へ。16時30分過ぎてしまうがまだ議事進行中。17時30分からの懇親会で早稲田の鎌田総長、東洋大の竹村学長、法政の田中総長などと話す。19時南麻布のテンプル大学ジャパンキャンパスの特別講座。アマゾンジャパンのCEOのジャスパー・チャンさんのスピーチは素晴らしかったが、日本も日本人もこうしたグローバル企業に伍していけるのか、心配。昭和女子大でもこうした公開講座を企画しなければと思う。
21日水曜日春分の日。雨からみぞれ、午後には雪になって少し積もる寒い中、初等部の卒業式。私のあいさつは6年生には理解できたと思うが下級生にはどうだったか。夕食にわかなたちが来る。
22日木曜日10時からNPO昭和の打ち合わせ。13時犯罪者被害者基金の評議員会に出席した後、東京外語大学の経営協議会。引き続いて懇親会。18時30分リーダーシップ111に久しぶりで顔を出す。懐かしい人たちにたくさん会えた。もう私たちが創立してから2回目の戌年、24年なのだ。当時は男女共同参画室長の働き盛りだった。
23日金曜日、9時15分から新任者研修で約90分話す。女子大の存在意義など本当はすべての教職員に話すべき内容だと思う。

午後高田馬場の大正製薬上原会長。15時MS&ADホールディングスの方。17時過ぎ立山町から岩井さんが訪ねてきてくれる。キャロットタワーで夕食。桜がかなり開花しているが21時ごろから雨。ジムへ。
24日土曜日。よく晴れ桜の開花も進みそう。朝ヨガをしてから13時人見記念講堂で附属中高部の保護者にごあいさつ。中高部の改革の方向について話す。そのあと世田谷公園でわかなたちと合流、17時京王プラザホテルで昭和信用金庫神保理事長の叙勲祝賀会。立食かと思っていたら着席で立派な会食。叙勲は公務員よりこういう方にこそ差し上げるべきだと思う。越智内閣府副大臣、区長以下の世田谷区の方々など知っている方が多数。
25日日曜日も素晴らしい天気。ジムに行った後サイクリング、美容室。夕食に両方の娘の家族。娘たちはそれぞれ会合。

2018年3月19日の理事長ブログ [2018年03月19日(月)]

桜が開花宣言。寒い冬だったのにもう春がやってきている。我が家の庭の海棠も赤いつぼみが膨らんできた。今週は昭和女子大にとっておめでたいことがたくさんあった。3月13日の西キャンパス起工式、16日の卒業式と上海交通大学のダブルディグリー修了生が誕生、グローバル人材育成推進事業の事後評価で、唯一S 評価を獲得。志願者数が全国の女子大で一番多かったことと合わせみんなの努力のたまもの。
3月12日月曜日は京都の八瀬からホテルオークラへ。天気が良く都は春めいている。荷物を預けてすぐ近くの本能寺へ。今までなぜか訪ねることがなかったが、信長の御廟所もあるし、関係資料の宝物殿もあるのを知らなかった。鳩居堂で便せんなど買う。講演も予定より多く参加してくださったということで熱心に聞いていただき、良い気持ちで帰京。太子堂へ。
13日火曜日素晴らしい天気に恵まれた。北沢総合支所によってから大学へ。西キャンパスの起工式。テンプル大学ジャパンキャンパスのストロナク学長、加藤さんも参加。アメリカでも神父さんが祝福をするそうだ。

13時30分理事会打ち合わせ。15時30分慶応大学大岩名誉教授。日本の情報教育の遅れに切歯扼腕という感じ。初等部の柴田副校長に小学校でPCを自由に使える部屋を作ってくださいとお願い。1時間ほどでBPOの総会へ。終了時間が大幅に遅くなったので懇親会には出ないで、マー君をピックアップして太子堂へ。
14日水曜日、9時40分、10時と来客。11時から12時過ぎまでビジ研で運営委員会。13時から15時ごろまで大学ミーティング。16時からパレスホテルで経済同友会、教育改革委員会。本山東京理科大学理事長の隣席。アメリカの大学の研究資金の集め方も桁外れ。終了後小林いずみさんと立ち話。そのあと外国人記者クラブで会食。
15日木曜日、11時評議員会。比嘉理事、日比谷さん、平尾さんもご出席。13時理事会。予算案、事業計画など2回連続して同じ話を聞くことになるので重点を置いて話してもらう。ちょうどグローバル人材育成支援の事後評価が14時に日本学術振興会で発表されたので皆さんに報告できる。みんなでまじめに取り組み、目標を上回ったことが評価されている。S評価は昭和女子大だけであった。17時15分から国際学部打ち合わせ。マー君を公文まで連れて行ってからビジ研の交流会へ。五十嵐さんも来てくれる。みんなとおしゃべり。
16日金曜日は卒業式。せっかくの日なのに曇りで雨もぽつぽつ。9時30分と、13時30分の2回。
2階席はまだ空席が見える。午後の部には上海交通大学の劉健新党書記、中国大使館の王婉参事官も出席してくださり、ダブルディグリーの卒業生を祝ってくださる。夕方目黒で会食。車が混んでお客さんが30分遅れて到着。
17日土曜日は素晴らしい晴天の下、こども園の卒園式。こども一人に2人以上出席でお父さんたちは立ちっぱなし。コスモスホールでできないだろうか。園児たちにお別れの言葉を暗記させなくても「サヨナラ子ども園」の歌で十分でないかとか細かいことは別にして、赤ちゃんだったいろはがもう卒園と個人的にも感慨深い。

お弁当をもらって帰る。午後は手伝ってもらって大掃除。それからジムに行き、夕食は下北沢の天華で島さん親子、わかなたちと。
18日日曜日はゲラを見たり、ジムに行ったり。かぐみたちが夕食に。

2018年3月13日の理事長ブログ [2018年03月13日(火)]

もうあの東日本大震災から7年が巡ってきた。私は当時あるコラムに「震災、津波の被害からは人々の英知と協力で必ず復興する。しかし福島についてはどうなるか予想がつかない」と書いた。福島県全域の風評被害は何とか薄れたが、廃炉の作業は遅々として進まず、世界中で自然エネルギーへの開発が進められる中で日本はどうしていくのか。東芝の破たんもこの事故が遠因の一つである。
3月5日月曜日、朝一番で銀行と税理士さんのところへ。自分にはこうした分野の知見がなくてひたすら助けてもらうだけ。11時30分頃に大学に行き13時から女性文化研究所の運営委員会と女性文化研究賞の選考委員会。選考のために読んでいた本はとても読みごたえがあり、水準の高い本だったので、楽しかった。また、ほかの選考委員の評を聞いていると読みたくなる本もある。17時キリマンジャロの会の件で外務省へ。岩男先生のご子息の古谷公文さんが代表理事を引き受けてくださるというので一安心。外務省もJICAも誠実な対応をしてくださる。
6日火曜日10時アドミッション部長。3月入試の結果など。予想通り3月期の受験者が多かったため、受験者数は1万2千を上回り、過去最高。受験者数でトップクラスの女子大となった。11時打ち合わせ、13時大学部局長会、15時30分教育会議。
7日水曜日アサヒグループホールディングス。指名委員会、報酬委員会、取締役会。勉強会と続く。
10年間お世話になっていい経験をさせてもらい、多くを学んだ。16時ジャパンライフデザインシステムズの方。18時30分駒場のレストランで毎日新聞関係の方々と会食。楽しく話が弾み遅くなった。
8日木曜日9時10分から中期方針の進捗状況について各理事から聞く。10時40分大学ミーティング。13時常勤役員会。金子学長は昭和ボストンへ出張のため14時30分頃抜ける。私は15時30分過ぎ渋谷ヒカリエに行き、国際婦人デーのイベントへ。若い人たちとパネルディスカッションで面白かった。

そのあと川崎さんと話をして中国大使館のレセプションへ。程永華大使、汪婉参事官にごあいさつ。タクシーが混み20時のアポに遅れる。
9日金曜日銀行へ寄ってから大学へ。支店長さんが丁寧に対応してくださる。12時前に大学を出て経済同友会へ。16時五反田で小原白梅育英基金の卒業生の集い、18時アメリカ大使館のレセプション、19時45分大学に戻ってダイバーシティ推進機構の発表会と懇親会。3回レセプションが連続。
10日土曜日午前中ジムへ。15時前に自宅を出て新大阪へ。下西さんが来てくれて哲史さんも一緒に会食。立派に成長されて頼もしい。
11日11時から関西神通会の総会。富山から校長先生や元同窓会長も。同期生の白石さん、釈永さんや浜野さんなど多数出席。14時45分黙とうをしてから散会。京都へ。
春めいていることもあり観光客多数で華やか。宮川町で中作さんと食事をするが、お店で若い男性が一人で食べているのは、料理人が自分の勉強のためだそうだ。

2018年3月5日の理事長ブログ [2018年03月05日(月)]

もう3月、急に暖かくなり梅に続いて沈丁花の香る時期となった。しかし花粉も多くなって目がしょぼつく。これも春の季語か。
2月27日火曜日ダナンからの飛行機が予定より早く7時過ぎに成田に着く。近すぎて睡眠時間が取れない。昼寝もできないので午後から大学に行く。お土産をもっと買ってくればよかったと後悔。いろいろな事務処理や打ち合わせなど仕事が多い。いろはをピックアップして太子堂へ。
28日水曜日10時アドミッション部長。入試の状況はまずまず。何とか受験生は昨年より微増。A日程は昨年より減ったので隔年現象かと心配していたがよかった。お昼ロータリークラブへ。14時にいろはをアフタースクールの体験授業に連れていくが初めてで緊張している。生活機構研究科の教授会に顔を出す。16時30分から初等部の次期幹部と懇談。金子中高部校長・学長、飯田さんも同席。私としては大学で目指している教育と初等部も同じ方向を向いてほしい、と要望。具体的には体も知的にも精神的にも過保護のひ弱な子供でなく、たくましい子を育ててほしい、そのために体を鍛えるとともに、英語教育を進めたり、iPadを全員に持たせ情報教育にも力を入れてほしい。教員の事務や保護者対応のサポートも必要。
3月1日木曜日竜巻注意報や強風注意報が出ていたが朝8時30分にMS&ADホールディングスの取締役会。10時30分に終わり、大学へ。11時福祉社会学科の新採用候補者の面接と大学ミーティング。13時近くにまで。13時45分女性と健康週間のイベントで厚生労働省の高木副大臣。オーロラホールで。

もっとたくさん集客すればよいのに残念。厚労省の担当官がキャリアママでご協力いただいているのでびっくり。15時30分深見さん、16時30分武川局長。18時30分からパレスホテルでポピンズ30周年記念パーティー。麻衣子さんへの社長交代も披露。野田聖子さん、安倍昭惠さん、丸川珠代さん、宮内義彦さんなどそうそうたる出席者。若い人も出席していて久しぶりに会う方たちもたくさん。
2日金曜日いったん大学に出てから城南信金で小原白梅育英基金の理事会へ。昼食をいただいた後大学に戻り13時30分北國新聞の取材。14時30分、15時30分来客。夕方横浜で女性経営者交流会の講演。女性のリーダーシップについて話したのだが熱心に聞いてくださる。終了後参加者と話すがユニークかつエネルギッシュで、自分の仕事について熱を込めて話してくださる方が多い。
3日土曜日中高部の卒業式。一糸乱れず、厳粛な式典。卒業生は1999年から2000年、まさに世紀の変わり目に生まれた子供たちなのだ。そのあと事務処理、昼食、人事面接などして帰宅。意外と原稿がはかどらず。
4日日曜日8時間眠ってしまう。ヨガをしてから英毅さんと子供たち、昼食後梅が丘公園の梅まつり、そのあとみんなが下北沢に来て夕食まで一緒。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「VERNALISTA」3-4月号にコラムを掲載
2018年3月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「VERNALISTA」3-4号 株式会社ヴァ―ナル
p60-61(2頁)
「会話の場を楽しむために気をつけるべきことは?」をテーマに、記事が掲載されました。
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 月刊「清流」4月号に記事を掲載
2018年3月1日 坂東眞理子 理事長・総長
月刊「清流」4月号
p52-53(2頁)
第28回「超高齢社会の人生設計図」に「世界に目を向け、自分の“いま”を見つめ直しましょう」と題し、記事を掲載しました。
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」3月号が記事を掲載
2018年3月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」3月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に「救援力、受援力」と題して記事が掲載されました。
=============================================