2011年1月

「東南アジア青年の船」紀行⑧ [2011年01月21日(金)]

東南アジア青年の船
~まとめ~

「 日本人としての誇り 」

東南アジア青年の船事業に参加して自分が変わったと思うことは、日本という国が好きになったことです。私は外国が好きで、このプログラムに参加する前に1年半アメリカに住んでいました。アメリカ人の明るさと前向きな考え方にすっかり慣れて帰国した私は、日本人の暗さ、後ろ向きの姿勢を東京で感じながら日々生活していました。もっと多くの外国人と知り合ってその国々を良く知り、見聞を広めて早くこの嫌いな国から飛び出したい、という思いで参加した東南アジア青年の船でした。ところが私は自分が今まで気づいていなかった日本の良さを、プログラムを通して知ることになりました。
まず、国内プログラムで私は岐阜県に滞在しました。生まれも育ちも東京で、忙しい日々に毎日翻弄されていた私は初めてゆったりとした本当に温かみのある生活、家族を肌で感じることができました。国内旅行でも、ホテルに泊まって旅をするのと一家庭にお世話になるのとでは全く事情が違います。私は自分が日本に求めていた理想の家族にここで出会うことができました。プログラム中に国外の5カ国でホームステイをしましたが、岐阜の家族ほど私のことを温かく迎え、労わってくれた家族はありませんでした。また、食事も私にとっては最高の時間でした。ホームステイ中にいただいた無農薬、有機栽培の新鮮な野菜や果物、お米やお水も世界一だと思います。同じ国の中でさえもたくさんのカルチャーショックを感じました。
いよいよ乗船してからも、日本がどんなに良い国なのか実感する場面にたくさん遭遇しました。国ごとで集合するときに列がピシッとそろっていたり、人が見ていないところで手を貸してくれたり、イベントの後片付けで率先して奉仕しているのはいつもJPYでした。相手に対する気遣いや礼儀正しさ、良い意味での謙虚さは日本人には自然に身についていると思います。
そして、日本の良さを最も感じたのはタイとインドネシアに行った時のことです。街でたまに見かける手足のない物乞いの人々には大変ショックを受けました。ホストファミリーは裕福でおしゃれをして高級車に乗って、何人かの女中がいるにも関わらず、街には裸足で地面を這う人が多くいるのです。私は日本の豊かさを改めて感じました。貧富の差があるといっても日本人の大多数は中間層で、たとえホームレスであっても靴は履いているし、物乞いを見かけることはめったにありません。東南アジアでそのような光景を見たのは非常に悲しいことでした。

 

私の根本は変わりません。早くこの国を出て外国に住みたいと思っています。しかし、日本の悪い点ばかりを外国人に話すのではなく、自分が感じた日本人の素晴らしさをもっと外国に広めていくつもりです。日本は、これから経済発展を続けていく国々の見本となるべき国だと心から思いました。それと同時に、私たちの世代が自分たちの国に対する誇りを高く持ってこれからもよりよい日本社会のために貢献していかなくてはならないと強く思います。SSEAYPで得た貴重な体験は私の向かうべき将来の道に光を当ててくれたと感じています。

「東南アジア青年の船」紀行⑦ [2011年01月19日(水)]

SSEAYP
~Homestay in Vietnam~
東南アジア青年の船
~ベトナムでのホームステイ~

 

 

The last homestay during this program was in Vietnam, Ho Chi Minh City. The first impression of this city was countless motorcycles. It is not the only thing I was surprised about the vehicle. I sometimes saw small kids between parents on the motorcycle. If the child was small, it looked okay, but I got scared when I saw two small kids between parents. I was also worried if the main transportation of my host family would be a motorcycle.
At the city hall, I met my host sister with Philippine homestay mate. The host parents could speak few English, and only the host sister could communicate with us in English. Their house was located in the flower shop district, and they were doing flower business there. Even though the house was small, I enjoyed the lively atmosphere and cheerful people living there. My host family had motorcycles per person, but it seemed like they usually don’t use them. I hesitated to ride on a motorcycle at first, but I gradually had a feeling that I want to try it. On the last day, my host mother gave me a ride, and I still remember how excited I was. It was much faster than cars to go shopping. I also noticed that it was safe to ride a motorcycle in Ho Chi Minh City. I learned the reason why many people like to have motorcycles. To tell the truth, when I rode on a motorcycle, I felt a lot of fun, but at the same time, I felt the air pollution. If there were well-organized transportation, the scenery of Vietnam would be completely different. The economy of this country is growing. I hope the money will be spent for better public transportation system.
This country was a French colony, but the south part doesn’t have traces of France. It was rather similar to Japan. I enjoyed the foods and shopping. The taste of foods was the best among the five countries I went during this program. I also found the fashion of Vietnamese was similar to Japanese ones. I liked the design of clothes and ceramics of Vietnamese product. The price was attractive, too. Now I can understand why many foreigners like to visit Vietnam. I stayed three days only in Ho Chi Minh City this time, so I’d like to come back to Vietnam and visit other places.

 

このプログラムで最後となるホームステイはベトナム、ホーチミン市です。到着して初めの印象は溢れんばかりのバイクでした。そしてバイクに関して驚いたことはそのおびただしい数だけでなく、その乗り方でした。ときどき両親の間に子どもが挟まって乗っていることがありました。子どもが小さければまだ見ている方も安心できますが、なんと2人の子どもが両親に挟まれ、4人で1台のバイクに乗っている姿をみたときにはさすがにヒヤヒヤしたものです。ホストファミリーの普段の交通手段がバイクだったらこのような感じかな、と心配になりました。
今回はホーチミン市の庁舎でフィリピン人のホームステイメイトとホストシスターに会いました。両親は英語をほとんど話すことができず、彼女とだけ英語でコミュニケーションがとれました。お家はお花屋さんが立ち並ぶ住宅街の一角にあり、私のホストファミリーもお花屋さんを経営しているそうです。家のサイズは小さかったものの、活気に満ちた雰囲気で明るいひとたちに囲まれた生活空間はとても楽しかったです。家族全員1人1台はバイクを所有していたのですが、普段はあまり使わないそうです。不思議なもので、最初はバイクに乗るのをためらっていた私でしたが、現地の雰囲気に押され、だんだんと乗ってみたくなりました。お母さんが最後の日に私を乗せてくれて、今でもその時の興奮を憶えています。ホーチミン市ではバイクに乗ると買い物も短時間ででき、意外と安全でした。なぜ多くの人がバイクを所有しているかわかった気がします。ただ、バイクに乗った時はとても楽しかったのですが、それと同時にこの国の大気汚染を強く感じました。もし良い公共の交通機関が発達すれば、ベトナムの風景はまるで違うものになると思います。経済発展が著しいベトナムですが、経済活動で出たお金が交通機関の発達に使われてほしいなと思いました。
この国は昔フランス領でしたが、南部はその名残がありませんでした。むしろ日本に似ているところが多かったように感じます。食べ物や買い物も楽しかったです。料理の味はこのプログラム中に訪問した5カ国の中で一番おいしかったし、ベトナム人のファッションが日本人と似ているということも発見しました。洋服や陶器のデザインが気に入りました。値段も魅力の一つです。ベトナムに来たがる外国人がたくさんいる理由がここにありました。私は今回、ホーチミン市にだけ3泊したのですが、またベトナムに来て、今度は違う場所にも行ってみたいです。

「東南アジア青年の船」紀行⑥ [2011年01月18日(火)]

東南アジア青年の船
~シンガポールでのホームステイ~

シンガポールは小さいながらも経済的に豊かな国として有名です。国土面積は東京の大きさにも及びませんが、それでも生活水準が高い国です。小さい国なので、たくさんの人がマンションに住んでいて、私のホストファミリーも3人の子どもとベビーシッターがいるのにもかかわらず、マンション住まいでした。驚いたことに、マンションはたくさんの部屋や駐車専用の建物、子どもの遊び場やプールがついていて、まるで豪華なリゾートホテルのようでした。
この国には多数の民族が住んでいて、だいたい大きく分けると中華系、マレー系、インド系の人がいます。今回一緒にホームステイをすることになったマレーシア人の参加青年と私の家族が歓迎夕食会でマレー語を話していたので、そのときにマレー系の家庭だとわかりました。マレーシアとインドネシアで似たような文化を体験していたので、日本との文化の違いに対してそれほど驚くこともありませんでした。もう辛い食べ物を食べることや手で食事をすることには慣れていたからだと思います。ただ、中華系が圧倒的に多いシンガポールでマレー系の家庭にホームステイするとは思っていませんでした。シンガポールでは民族によって大きく分けて3つのコミュニティーが形成されていました。ホームステイ中、私は中華街に観光に連れて行ってもらったものの、ほとんどの時間をマレー系のコミュニティーの中で過ごしました。表面的には異なる人種が問題なく共生しているようでしたが、実際にはそれぞれの地域社会の中で、目に見えない壁のようなものを感じました。
私のホストファミリーは休日さえもいつも忙しいようでしたが、いろいろな場所に連れて行ってくれました。しかし観光を十分に楽しんだ半面、家族愛があまり無いなと思いました。両親が常勤の共働きで、彼らが子どもの面倒をみる時間があまり無いそうです。私が泊まっている間もいつものように子どもをずっとベビーシッターに預けたきりでした。シンガポールでは普通のことのようですが、私としては触れあう機会の無かった子どもたちがかわいそうだなと思いました。観光客として行ったら知ることのなかっただろう、本当のシンガポールの日常生活を経験することができました。

「東南アジア青年の船」紀行⑤ [2011年01月15日(土)]

SSEAYP
~Homestay in Indonesia~
東南アジア青年の船
~インドネシアでのホームステイ~

              After Thailand, we reached to Indonesia, Jakarta. It was again a Muslim country. I expected to wear long sleeve shirts even if it’s hot because Indonesia is strict about the religion in my image. I also imagined that the shower was going to be cold water. However, my prediction was not correct.
              Jakarta is one of the crowded cities in the world. A lot of people and heavy traffic jam were welcomed me. Our buses to go to the reception site were escorted by the police in order to avoid the traffic jam. I met my host family at the reception, and they took care of me with three other participant youths from Thailand, Singapore and Lao. For my surprise, my host mother did not wear the scarf which represents Islam. The religion was not so strict, and many women did not wear the scarf on the street, too.
             Two hours drive to their home after we met was very tiring, but I remember that my excitement woke me up. Their house was huge, and the interior parts were also gorgeous. I could even use hot shower. My host family also had several servants and a driver. I was so surprised because I did not expect such a luxury life in Indonesia. The living standard in Jakarta seemed much higher than Japanese one.
              What I liked most about Jakarta was that I found a lot of well-made products at cheap price wherever we go shopping. I enjoyed sightseeing and meal time with a lot of people. The food was similar to Malaysian, but I like the taste better. On the other hand, like in Thailand, the poverty also caught my eyes in the crowded part of Jakarta. The situation was similar to Thailand, but I found more homeless children there. They came closer to our car for begging when it stopped at the traffic light. It was hard for me to see such children from the air conditioned car. My family was kind and warm to me, but their attitude toward the homeless was mean and cold. I left Jakarta with unsettled feeling.

 タイを去って、私たちはインドネシアのジャカルタに到着しました。再びイスラム教国家です。インドネシアは宗教に対して厳格な国だからいくら暑くても長袖の洋服を着ないといけないのだろうと思っていました。また、シャワーはお水しか出ないのだろうと覚悟していたものです。ところが私の予想は間違っていました。
 ジャカルタは世界でも有数の人口が多い都市です。たくさんの人と交通渋滞が私を迎えてくれました。参加青年の乗った、レセプション会場まで行くバスは渋滞を避けるために警察に先導されたほどです。レセプション会場に到着すると、今回のホストファミリーは私の他にタイ人とシンガポール人とラオス人の参加青年4人の面倒を見てくれるのだということがわかりました。このとき驚いたことに、お母さんはイスラム教にも関わらず、スカーフを頭にかぶっていませんでした。よく見ると道でスカーフを着けていないイスラム教の女性が多くいたので、宗教に厳しいインドネシアのイメージは崩れました。
 家までの2時間のドライブにはうんざりでしたが、家に着くと興奮して目が冴えてきました。大きくて内装も豪華なおうちでした。さらに温かいシャワーを使えたのです。ホストファミリーには数人のお手伝いさんと専属の運転手がついていました。このような贅沢な暮らしを想像していなかったので、私は本当に驚きでいっぱいです。ジャカルタの生活水準は日本よりも何倍も高いように思いました。
 ジャカルタで私が一番気に入ったのは、どこに買い物に行っても質の良い品物が安価でみつかることです。みんなと観光をしてごはんを食べることもとても楽しいひとときでした。食べ物はマレーシアのものと似ていましたが、ジャカルタで食べた物の方が自分の口に合ったようです。その反面、タイと同じく私の目を捉えたのは市街地での貧困でした。状況はタイと似ていましたが、私が見たのはより多くの幼いホームレスの子どもたちです。私たちの乗る車が信号待ちをしている度に近寄ってきては物乞いをしていました。クーラーの効いた車内からそのような子どもたちを見るのは辛いことでした。家族はみんな、私に対しては親切で温かいのですが、ホームレスに対する態度は意地悪く冷たい印象を受けました。なんだか複雑な心境でジャカルタを後にした私でした。

「東南アジア青年の船」紀行④ [2011年01月14日(金)]

SSEAYP
~Second Homestay in Thailand~

東南アジア青年の船
~タイでのホームステイ~

      Bangkok is a big city filled with good food, products, and people. Thailand has a long history, and there are a lot of interesting places to look at. Most of the people are Buddhism, so I felt the different feeling comparing with Malaysia when I arrived at the port of Thailand.

              This time, my host family was older than Malaysian host family. My parents had three daughters who are all older than me, and two of the daughters took me and my homestay mate from Myanmar around.

              I had heard that Thailand was a heaven of shopping before I went there. I couldn’t imagine it, but it was real. I went to one of the famous markets in Bangkok, and found that the product price was totally different from Japanese one. I could buy more than three clothes with just 1000 JPY. The food price was also much cheaper than Japanese one. Considering the living standard in Japan, I thought that it is much better to move in Thailand because I felt the food, people, culture and climate were good. However my feeling changed after I went to the famous temple.

              I didn’t know Thailand had the issue of poverty. When I went to the temple, it was really crowded because the seasonal festival, “roikuraton”, was going to hold the following day. There were many street stalls and some performances around the temple. It was fun to go there to know more about Thai culture. On the other hand, the busiest part of town showed me the severe poverty. I saw many homeless people wearing nothing on the upper part of their bodies without shoes. There were also some people who didn’t have legs or arms. They were all crawling on the floor, and I couldn’t stand to see them. At the same time, I realized how rich Japan was.
Thailand is very interesting attractive country, and I would like to visit there again soon. However, the country made me think about the big issue we are facing.

                                

           

       

            

     

    

   バンコクはおいしい食べ物や良いもの、良い人たちであふれる、大きな都市でした。タイには長い歴史があり、面白い観光スポットもたくさんあります。ほとんどの人が仏教なので、港に着いた時にはマレーシアとは違った雰囲気を感じました。
今回のホストファミリーは前回の家族に比べると年齢が高く、私より年上の3人姉妹がいる家庭でした。そして、その3人のうち2人の姉妹が交替で私とミャンマー出身のホームステイメイトをいろいろな場所に連れて行ってくれました。 

   私はタイに行く前、タイは買い物天国だということを聞いていました。それを想像できなかった私ですが、実際に行ってみてその意味がわかりました。バンコクでも有名な市場に行ったのですが、ものの値段が日本の物価とはまるで違っていたのです。私はたった1000円で3枚以上の洋服を買うことができました。食べ物の値段も日本より安く、日本の生活水準を考えるとタイはおいしい食べ物もあるし、人も良いし、文化や気候も自分にあっているからいっそのことここで暮らした方が良いのではないかと思ってしまうほどでした。しかし、有名なお寺を観光したあとで私の気持ちは少し変わったように思います。 

   私はタイが貧困問題を抱えていることを知りませんでした。季節の行事である“灯籠流し”のお祭りの前日だったこともあり、お寺に行ったときはとても混んでいました。周辺には露店が並び、パフォーマンスもやっていました。タイの文化をより深く知るには行ってみると楽しいと思いました。その反面、私はその賑やかな場所で深刻な貧困を目の当たりにしたのです。私は上半身裸で靴も履いていないホームレスの人たちを何人も見ました。中には足の無いひとや腕のない人もいて、彼らは皆床を這っていました。見るに堪えなかったのを覚えています。また同時に、日本はなんて恵まれた国だろうと実感しました。
タイは面白くて魅力的な国です。またすぐに訪問したいと思います。しかし、私たちが直面している大きな問題について非常に考えさせられました。

 

「東南アジア青年の船」紀行③ [2011年01月07日(金)]

SSEAYP
~First Homestay in Malaysia~  K.Y.
東南アジア青年の船
~マレーシアでのホームステイ~
               After spending time for eight days on board, we reached the first port, Malaysia. A totally different landscape welcomed me, and it was a really exciting moment.
I met my host family at the welcome dinner in Kuala Lumpur. I stayed two days in their house with a Cambodian homestay-mate. The family had three children, and they were Muslims. It was only two days to spend a quality time with them, but I felt a lot of cultural differences and learned a lot from them.
Since there were many Muslims on the ship, I was used to seeing women wearing the scarf on their head, but it was totally new for me to live in a Muslim way. It was in the bathroom that I felt the first culture shock. There was no paper there, and the water from the shower was cold. Muslim people do not use papers when they use toilets for the religious reason. The climate in Malaysia is always hot, and they don’t use warm water to take shower.
It was when we ate that I also felt a culture shock. They had meals with hands. My family members were using forks and spoons at the welcome dinner, but using tools was not usual. They later told me that they use tools to eat only public certain places. I hesitated to eat with hands at first, but I found it was rather comfortable using hands when I ate Malay food.
Even though the culture was different, I enjoyed spending time with my host family by talking, playing games, sightseeing, cooking, and eating together. In Malaysia, I felt people’s kindness and love for family. My host family really treated me as one of their kids. The first homestay was filled with culture shock, but I’m glad that I stayed with my host family.

 

 船で8日間過ごし、私たちはやっと最初の寄港地であるマレーシアに到着しました。日本と全く異なる風景が私を出迎えてくれ、本当に興奮で一杯でした。
最初のホストファミリーに会ったのはクアラルンプールでの歓迎夕食会でした。私はカンボジア人の参加青年と2人で一緒にホストファミリーと2日間過ごすことになりました。3人の子どもがいる家族で、イスラム教徒の家庭でした。一緒に過ごしたのはたった2日間でしたが、たくさんの異文化体験を経験し、学んで得たものは大きかったように感じます。
船にはたくさんのイスラム教徒の参加青年がいたので、スカーフで髪を覆ったイスラム教の女性を見ることには慣れていたはずの私でしたが、異なる宗教の人と衣食住をともにするのは生まれて初めてのことでした。まず私が受けたカルチャーショックはトイレに行った時のことです。そこには紙がなく、トイレと一緒に備え付けのシャワーからは冷たいお水しかでなかったのです。イスラム教の人々は宗教上の理由からトイレで用を足した後に紙を使わないのです。また、気候が1年中温かいためシャワーの為にわざわざお湯を使うことはしないそうです。
食事をしたときにもカルチャーショックを感じました。家族みんな手で食べるのです。私が歓迎夕食会で初めて彼らに会ったときはフォークとスプーンを使っていたのですが、それは非日常的だったようです。後で聞いた話では、食事のときにフォークやスプーンを使うのは特定の場合に限るそうです。初めは手だけで食べることにとても抵抗があったのですが、マレー料理を食べるときには手のほうがむしろ食べやすいということがわかりました。
文化は違っていてもホストファミリーと一緒に話したり、ゲームをしたり、観光をしたり、料理を作ったり、食事をしたりすることで楽しい時間が過ごせました。マレーシアでは人の優しさや家族に対する愛情を感じることができたと思います。ホストファミリーは私を家族の一員として迎えてくれました。第1回目のホームステイはカルチャーショックの連続でしたが、自分のホストファミリーと一緒に過ごすことができて本当に良かったと思っています。

 
 

 

謹賀新年 [2011年01月01日(土)]

みなさま あけましておめでとうございます。
今年もみなさまの健康と幸福をお祈り申し上げます。

英コミの在学生、卒業生の皆さん、そして入学を目指している皆さんに
幸運が訪れますように!
(T.I.)