2019年3月

3/16 卒業式【学生レポート②】 [2019年03月20日(水)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科1年のセイコとアヤネです。

 

 

3月15日に卒業式接待係として準備をしてきました!

 

 

4年間過ごした大学での思い出や、生活に想いを馳せた先輩方が

胸を張っていけるよう準備をしましたが、とっても楽しかったです。

 

 

3月16日、卒業式当日は卒業証書や記念品のセットを教室にし、

卒業生に花束を渡しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガウンを着て、堂々としていた先輩達はかっこよかったです!

私たちも後輩にそう思ってもらえるように

大学生活を送りたいと思いました。

3/16 卒業式【学生レポート①】 [2019年03月20日(水)]

こんにちは。

英語コミュニケーション学科四年のアキエです。

 

 

3/16(土)に昭和女子大学の卒業式がありました。

当日は天気が心配されていましたが、

天候にも恵まれ、無事に卒業式を終える事ができました。

 

 

 

 

 

 

卒業式で、私は学長賞と恪勤賞を頂き、

また人間文化学部の総代として賞状を受け取りました。

学部の総代として壇上に上がった時はとても緊張しましたが、

無事に賞状を受け取ることが出来ました。

 

 

卒業式が終わり、学生生活を振り返ると、

様々な思い出が蘇りました。

特に、友人たちと取り組んだ学寮や、

人見記念講堂で行われる女性教養講座や文化研究講座など

昭和女子大学でしかできない経験が印象に残っています。

 

 

また、ボストン留学では、語学を学ぶだけでなく、

現地の方々とのコミュニケーションを通じて

自分を見つめ直す良い機会になりました。

これらの経験を通じて、私は入学当初よりも

自分自身を大きく成長させることができました。

 

 

 

 

 

 

私は一人ではこんなに充実した学生生活を

送ることは出来なかったと思います。

充実した学園生活を送れたのは、家族や友人たち、

先生や職員の方々の支えがあったからだと感じています。

支えてくださった皆様に深く感謝します。

 

 

この昭和女子大学の英語コミュニケーション学科で過ごした日々は

私にとってかけがいのない財産です。

これからも本学で過ごした日々を胸に、励んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

3/14 附属校3年生対象体験授業 [2019年03月14日(木)]

3月14日の午後、昭和女子大学の様々な学科が

附属校3年生を対象として「体験授業」を実施しました。

 

 

英語コミュニケーション学科では、井原奉明教授による

「ことばのおいしい調理法~入門編①包丁さばき」と題した授業を行いました。

 

 

 

 

井原先生の専門分野は言語学、哲学・倫理学です。

今回の授業は、ことばを料理の素材に見立てる、というユニークな発想で組み立てられました。

 

 

一つの素材に多彩な調理法があるように、ことばも様々な観点から分析できます。

そして、調理法を身につけると美味しい料理が作れるようになるのと同じように、

ことばの切り分け方や組み立て方を知ると、ワクワクする世界が見えてきます。

 

 

生徒たちは、井原先生のアドバイスやスライド、ワークシートを手掛かりに、

音、語、文、さらに世界を切り分けて組み立てることに挑戦しました。

 

 

クイズやペアワークを楽しみながら、ことばについて深く考えるひと時となりました。

学問のおもしろさを知ったり、英語を学ぶ意欲が増したり、といった効果もあったようです。

 

 

 

 

 今回は附属校生を対象とした企画でしたが、

より多くの方に英語コミュニケーション学科の学びの様子を

体感していただくためにオープンキャンパスでも体験授業を実施しています。

 

 

英語コミュニケーション学科の実際の授業を受けてみたい!という女子高校生なら、

どなたでもご参加いただけます(既卒者も可)。

 

 

詳しくは、本学アドミッションセンター[spass@swu.ac.jp]に

お気軽にお問い合わせください。