【図書館学課程】「さわる絵本」について知ろう!作ってみよう! [2019年05月09日(木)]

本学科図書館学課程の「児童サービス論」では、授業の一環として「さわる絵本」について取り組みます。

「さわる絵本」とは、厚い布地に絵本の絵の部分をアップリケしたり、マジックテープやスナップ、ボタン、ファスナー等を用いたりする手作り絵本です。繰り返して使用するのに耐えられるよう、布製のものが多いため、「布の絵本」とも呼ばれます。

昨年末辺りから週に一度有志が集まって、この「さわる絵本」を作るワークショップを開いています。

今回は「みにくいアヒルの子」に挑戦します!できるだけ早い完成をめざすそうです!

進捗状況をこのブログで時々報告したいと思っています。

(I.M)