渋谷で本物のハチ公に会っていた先生 [2016年05月27日(金)]

 渋谷のハチ公の銅像は有名ですが、東京大学農学部にも、その前身である東京帝国大学農科大学の教授であった飼い主の上野英三郎博士をハチが出迎える様子を伝える銅像が、2015年に設置されました。
 
東大ハチ公物語
 
 ハチ公の誕生日は1923年とのこと。1920年の昭和女子大学の前身、日本女子高等学院創設の3年後のことです。
 今から3年ほど前、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館で「ハチ公展」が行われた折に、渋谷駅の改札近くで、展示会当時80歳の女性が、1歳の時にハチと一緒に父親の腕に抱かれている姿を、外国人宣教師が撮影した写真が初めて公開されました。
 
特別展「ハチ公」展
 
 昭和ボストンで長い間、学生支援関連のお仕事をされていた故バーカス信子先生は、東京に住まわれていた頃、通学途中の渋谷駅で、何度もハチ公を実際に見かけられたそうです。日本でもハチ公の話は映画化されたりテレビドラマ化されたりしていますが、アメリカでも2007 年にリチャード・ギアの主演で日本映画のリメイク版「HACHI 約束の犬」が制作されました。ボストンのジャパン・ソサエティ主催のディナーの特別ゲストだったリチャード・ギアに、ソサエティのメンバーでもあったバーカス先生が本物のハチ公のお話をされたことをとても嬉しそうにお話して下さったことを思い出します。
 1904年に結成されたボストンのジャパン・ソサエティは、アメリカで最も早く設立された日本協会で、現在、昭和ボストンにその事務所を置いています。留学・研修中の昭和の学生の皆さんと一緒にジャパン・フェスティバルの企画など、日本とアメリカの相互理解を促進し、文化的、経済的なつながりを深め、活発な交流を目的とした活動しています。

(Japan Festivalで着付けを教える昭和ボストン留学中の学生)
0526

昭和ボストンのブログ