国際学科の学生より ~其の弐~ [2009年11月24日(火)]

片岡ゼミは台湾からの留学生1人をふくめた9人で構成されています。
ゼミでは、プレゼンテーションをしたり、課題図書を読んで学生同士で
ディスカッションを行ったり、皆でボランティア活動をしたり、
いろいろなことを学んでいます。

一つ例を上げると、前期ではノートの取り方を勉強しました。
大学では黒板を使う授業よりもパワーポイントを使った授業がかなり増えます。
したがって、ノートの取り方も高校の時とは違ってきます。

後期に入り、今は内田樹著『下流志向』をもとに学生同士でディスカッションしています。
たまに先生も参加して、チョークでスーツの袖を真っ白にしながら熱弁をふるうこともあります。

片岡ゼミのメンバーは今流行りの肉食女子で、揃うと話が絶えません(笑)
先生もユーモア溢れていて、生徒の事を考えてくれる、素敵な先生なので、ゼミの空気は
いつも和気あいあいとしています。

学生それぞれ専攻の語学が違うので、普段はなかなか皆会えません。
なので、ゼミの時間の時間を待ち遠しく思っている学生、多しです!

「昭和の泉にて~和やかに恋を愛でる片岡ゼミ」
「撮り直しのゼミ写真~スマイル~」
[片岡ゼミ一同]