「ドイツ語イマージョン」クリスマスパーティ 其の弐 

今回、授業の一環としてドイツ語でクリスマスパーティを開催していただきました
ドイツの一般家庭のクリスマスの過ごし方や、さまざまなクリスマスのオーナメントなど、
くわしく豆知識を交えながら紹介してもらったり、お菓子を食べたり…と
盛り沢山でとても楽しい会でした

日本のクリスマスというと、恋人と過ごすのが一般的になりつつありますが、
ドイツでは家族みんなでプレゼント交換をしたり、食事をしたりするとのことで
なんだかとても新鮮な感じがしました。

ドイツのシュトーレンというお菓子を今回初めていただきました。
濃厚で、ずっしりしていて、ああ、ドイツだなあ、と感じるお菓子で、
とてもおいしかったです

 

ドイツに留学経験のある岡山先生は、いつも生のドイツのことをお話ししてくださるので、
今回のクリスマスの話も本当に驚き楽しみながら、異文化を学べました。

片岡先生も、とてもくわしくドイツのクリスマスについて教えてくれました。
私は片岡先生が途中途中に挿む、豆知識のようなものがとてもすきです。
何かをやりたい、と言ったときに、応えてくれる先生方に本当に感謝しております。
また、このようなイベントをしつつ、ドイツ語やドイツの事を学べたらなあ、と思いました

[Y・K]