第4期生・上海交通大学留学便り ~2月編・その2~ [2014年04月04日(金)]

下記は学生の留学体験談です。

<楽しかった授業は何ですか>
 写作と閲読の授業が今学期から加わりました。写作は今までにはなかった授業で、たくさん文章を書くことがまだ慣れず少し大変ですが、文章で自分の意見を現すことが楽しいです。写作の授業を通して文法の未完成な部分がわかり、今後の勉強に生かしていきたいと思いました。

<寮・ホームステイ先で休日はどのように過ごしていますか>
 週末は、上海市内を散策したり普段は行かないようなレストランを探していってみたりしています。上海の地下鉄はとても安いので地下鉄に乗って少し遠くに行ってみるのもなかなか楽しかったです。先日は、上海市内の公園に、彩灯を見に行ってきました。色とりどりのちょうちんがたくさん並びとてもきれいでした。そのほかにクラスメイトと映画を見に行ったりしています。最近HSKの勉強をするために、気分転換に居心地良く勉強できそうなカフェを探しにも行ったりしています。


[彩灯]

<春節はどのように過ごしましたか>
 春節は上海の町中のお店がほとんどしまってしまい、いつものにぎやかな街とは違った雰囲気になっていました。そんな人が少なくなった街中に爆竹の音は毎晩鳴り響いていました。路上で爆竹を鳴らすのは当たり前で、花火を打ち上げているところもあり、つくづく派手だなあと感じながら日本との違いに驚きがたくさんありました。春節も終わったころに、友人たちと広州へ旅行に行ってきました。中国国内旅行は初めてで、発展した国際都市である上海とは違った中国らしい場所でした。


[旅行の様子]

ribbonI.Nribbon