2016年8月

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 5月編・その3~ [2016年08月12日(金)]

<授業の予習・復習、宿題で大変なことはありますか>
当たり前のことですが、授業中や家族との会話の中での表現や文法などは普段の会話で使えるように理解し復習するということをその日のうちにやるのが大変といえば大変だと思います。また、最近では文法が習ったことのないものばかりであったり、表現もスペインらしい表現で、日本語でこれというピッタリと当てはまる言葉がないものもよく出てくるので、そういったものはスペイン語で説明出来るように使う際のシチュエーションなどを合わせてメモするようにしています。

Cultura(文化)の授業にて

Cultura(文化)の授業にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の修了証書をもらった記念に

最後の修了証書をもらった記念に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ホームステイ先で心がけていることは何ですか>
私は自分が考えていることなどをスペイン語で伝えることはほとんど出来るようになりましたが、何か起こったり、誰かと話しているなかでの表現に乏しいので、家族が喋っているときに使っている表現を気にするようにしています。また、日本語とはアクセントだったり喋るときの強弱だったりが違うので、それらに慣れるためにもよく聞くようにしています。

ホストファミリーとのバレンシア旅行

ホストファミリーとのバレンシア旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<1年間の留学を振り返って>
自分が考えていた以上の経験をスペインで過ごせたと思います。なぜなら、ホームステイ先の家族に恵まれ季節の行事を家族と一緒にスペインらしく過ごしたり、旅行にも連れて行ってもらい様々なスペインのことや、それぞれの考え方などを学ぶことが出来ました。また、日本の家族と初めて長期間離れて暮らしていたので、両親の有り難みを知ることが出来ましたし、逆に両親と一緒に暮らしていないからこそ出来るようになったこともありました。そして、スペインの家族や学校の先生、友人と過ごした時間のなかでより自由な考え方を得られたと思います。今度の留学を経て旅行とは違う学ぶための機会を与えてくれた両親に感謝ですし、右も左もわからないまま来た私に対して家族の一人として迎えてくれ、日本に帰ったあともいつだってスペインに来たら帰って来なさいと言ってくれるスペインの家族などたくさんの幸運に恵まれ留学できたことをこれから活かしていきたいと思います。

ホストファミリーがアルバムを作ってくれました

ホストファミリーがアルバムを作ってくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆W・M☆

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 5月編・その2~ [2016年08月10日(水)]

<授業の予習・復習、宿題で大変なことはありますか>
文法の予習は、自力でやるには少し大変だと思います。どういうときに使われるのか がはっきりしないとわからなくなったりします。特に接続法の使い方が少し難しいと 思います。しかし、やることで授業中に「あ、これはこういうことだったのか!」とな ると、すっきりして理解が深まります。 宿題では、問題演習の問題の意味が時々把握できないことです。単語にはたくさんの意味 があり、それを理解しないとわからなくなります。

プレゼンの授業の様子

プレゼンの授業の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなゲームも

こんなゲームも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ホームステイ先で心がけていることは何ですか>
食べ物を残さないようにしています。スペインの家庭では、たくさんの食べ物を作っ てくれるお母さんがいます。おなか一杯になってもちょっと頑張って完食できるよう に食べます。ちゃんと食べて、おいしいとほめるとお母さんはとても喜びます。少し でも、残すと、悲しい顔をするので、申し訳ない気持ちになります。なので、なるべ く全部おいしくいただいています。
でも、本当に無理な時はちゃんと いうことも大切です。

スペインの家庭料理

スペインの家庭料理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スペイン留学を振り返って>
この1年間、日本にいた時よりも充実していたと思います。充実な生活をするほど、1 年間は本当にあっという間に過ぎていきます。平日の午前は授業を受けて、午後は家 で犬と戯れたり、散歩に出かけたり、友達とマドリードに出かけ、ごはんしたりして いました。授業がない日には、美術館に行ったり、日帰りでいける観光地に行った り、買い物したり、友達とパーティーしたりして過ごしてきました。日本人の友達で はなく、クラスのみんなとカフェしたり、積極的に日本人以外の友達と活動すること もできたと思います。スペイン語だけでなく、中国語、英語、日本語、また各国の文 化が飛び交い、スペインを存分に満喫してとても楽しい1年になりました。

ホームステイ先の愛犬

ホームステイ先の愛犬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆T・C☆

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 5月編・その1~ [2016年08月08日(月)]

<授業の予習・復習、宿題で大変なことはありますか>
自分の感覚では、予習復習においてはそこまで苦労したことはありません。ただ宿題は、まま苦労することがありました。通常の宿題とは別に、毎週提出する『雑誌(revista)』と『本(libro)』と呼ばれる課題があり、これらと1時間目2時間目の課題が重なった日が量的な問題でとても大変でした。宿題は毎日ありますが、文法の問題や作文の問題はわからないところが次の日解決できるので理解の為に本当に役立ったと感じます。

<ホームステイ先で心がけていることは何ですか>
第一は決まり事を守ることです。12項目ほどありましたが、それを破って信頼を失いたくはなかったのでそれらは必ず遵守すると心がけています。それから、家ではつとめて明るく過ごす事です。それは真顔でいると必ず具合が悪いのか、何か怒っているのか、私が何を思ってそんな表情でいるのかが全く分からない、という誤解を与えるからです。実際はそれが通常の表情なのですが、誰かといて誤解を与えない為に明るく元気に笑顔で振る舞うように心がけました。

ホームステイ先のお庭に記念のローズマリーを植えました

ホームステイ先のお庭に記念のローズマリーを植えました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の夕食はお魚のグリル

この日の夕食はお魚のグリル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<1年間の留学を振り返って>
一年間の留学を終えるにあたって振り返ると、思い出されるのは日々の生活や旅行、新しくできた人間関係です。自分からすれば信じられない程の変化があったと感じています。それは、家族と長く離れたことによって新しい価値観を得られたことや、人の優しさに触れたことや、今まで怖くて手が伸ばせなかったけれどとても楽しい経験が出来たこと、長い歴史に直接触れたことなど、多くに起因しているでしょう。日本で過ごしていただけでは得られなかったものを知ったと同時に、反対にそれらを知ることができる価値観を培うには日本で過ごした時間も無駄などでは決して無かったのだと気付くこともできました。いま持っている価値観があるからこそ、別の価値観を認識できることを知ることができました。そして同時に、日本への当たり前、普遍へ対する懐疑もまた得ました。結果的に、多くを経験的に知ったことによって視野が広がったのだと思われます。

誕生日のサプライズケーキ!

誕生日のサプライズケーキ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆T・A☆

 

第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 5月編・その4~ [2016年08月05日(金)]

<語学堂最後の学期(夏6月15日~8月21日)にのぞむ決意>
5級の段階で、新しく習う文法というよりは今まで習った文法の組み合わせでより自然な表現を学びました。また、単元ごとのテーマも日常的なテーマから就職や環境問題、経済活動など日本語で自分の意見を言うのも少し難しい内容になったので、単元ごとの新出単語も難しいものが多くなりました。6級も5級以上により専門的なテーマになり、自分の意見をもって授業に取り組むことが必然になると思います。各テーマの中で、ただ文法や単語をおぼえるだけでなく、そのテーマを通しての自分の考えをしっかり持って韓国語で伝えられるように事前予習に取り組めたらいいなと思います。

<寮で心がけていることは何ですか>
他の寮生に迷惑をかけないように気を配ることを常に意識しています。廊下での足音も意外と響いて、時間帯によっては不快に思う人もいるので、ささいなことも共同生活の中では意識しなくてはいけないと思います。

<こどもの日、または釈迦誕生日はどのように過ごしましたか>
先日の口演大会という、各級の代表が韓国語の短編物語を要約し発表するものがあり、私のグループが5級の代表になり、2位になりました。その賞として商品券をもらいました。休日はその時のメンバーと軽い打ち上げとして梨泰院へ遊びに行きました。グループ内に台湾人の子がいたので、日本、台湾、韓国の比較をしながら楽しい時間を過ごしました。
子どもの日は、韓国人の友達と『モネ、光を描く展』という展覧会に行きました。韓国で美術の展覧会に行くのは初めてだったのですが、モネについての説明文や作品紹介をよみながら観覧したので、とても勉強になりました。

梨泰院で見つけた美味しいジェラート

梨泰院で見つけた美味しいジェラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国の展覧会も楽しめました

韓国の展覧会も楽しめました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆H・K☆

 

第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 5月編・その3~ [2016年08月03日(水)]

<語学堂最後の学期(夏6月15日~8月21日)にのぞむ決意>
最後の語学堂ということで、帰国してからは忙しくなり今のように集中的に韓国語を学ぶことができないと思うので授業ではなるべく多くのことを吸収し与えられる課題などに対しては誠意をもって取り組みたいと思います。また、テストの結果でもっと良い点数を出せるように欲を出したいと思います。夏学期にはTOPIKの授業がまた増えると思うので有効に活用して帰国までに6級合格を目指したいと思います。夏学期は大学の授業がないので帰国前に文化体験や現地の友達などとたくさん遊べる機会を増やし、TOEICの勉強も並行して行いたいと思います。

<寮で心がけていることは何ですか>
寮で心がけていることは、特に思いやりです。部屋にいるときは特に、自分だけで部屋を使っているわけではないので寛ぎつつも共同生活をしているという意識で相手を思いやることを特に心がけています。また、なるべく部屋にいる時間を減らして外に出ようと気をつけています。共同スペースなどは自分だけが使うわけではないので、次に使った人が気持ちのいいように掃除の方がなるべくラクできるように使っています。そうすることで自分も快く生活ができると思います。

<こどもの日、または釈迦誕生日はどのように過ごしましたか>
こどもの日は弘大まで行き、友達の誕生日プレゼントを買いに行きました。そのついでに今まで行ったことのなかった方面に行ってみたり、カフェで話をしたりしてストレス解消になりました。ここ最近弘大によく行きますが、その日はやはりこどもの日だったということもありいつもより子供連れの家族が多かったように感じます。韓国のこどもの日は日本のこどもの日に比べて、もっと祝日という意識があるように感じました。

弘大には個性的なカフェが沢山あります

弘大には個性的なカフェが沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑の多い店内で

緑の多い店内で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆T・M☆

 

第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 5月編・その2~ [2016年08月01日(月)]

<語学堂最後の学期(夏6月15日~8月21日)にのぞむ決意>
今日まで過ごしてきたなかでやりきれなかったことが多くあるので、実践して生活することを心がけたいと思いました。また、級があがるに連れて課題も難しくなってきたけれど、今しか経験できないことなので手を抜かず望みたいと思いました。習った文法や、単語をすぐに普段の生活に取り入れないと忘れやすいのでもっと活用できるように努力したいです。5級のテストをうけて自分の弱い点を見つけたため、最後の学期はそこを中心に勉強しながら、自習時間も効率的に進めたいと思います。

<寮で心がけていることは何ですか>
共同生活ならではの、生活リズムを周りに合わせることはもちろん、共同で使用する洗濯機やシャワー、電子レンジなどもきれいに使ったり、自分がされたりして嫌なことはやらないように心掛けています。また、他国の生徒とも暮らしてみて文化の違いに驚くこともあったけれどお互いにそこを理解して生活することもとても大切だと学び生活するようになりました。

<こどもの日、または釈迦誕生日はどのように過ごしましたか>
他の学校に留学している友人と子供の日のライブを見に行きました。ホンデにはライブホールがいくつかあり、ライブ前にも美味しいグレープフルーツのパッピンスを食べながら互いの学校生活や韓国語についてなど、語り合いました。釈迦誕生日には、日本から友人がきていたので一緒にカロスキルに買いものに行きました。休みの日ということもあり、にぎわっていました。少し裏道を歩いたところにおいしくて安いパスタ屋を見つけて、またきたいと思える素敵なお店に出会えてうれしかったです。

韓国のかき氷、パッピンス

韓国のかき氷、パッピンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達と話せて楽しい休日でした

友達と話せて楽しい休日でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆S・M☆

 

 

2016年度後期留学出発式 ‐韓国・淑明女子大学‐ [2016年08月01日(月)]

【韓国・淑明女子大学留学者によるスピーチ】

안녕하세요.저는 한국으로 유학가는 무카이야마 아야노입니다.제가 유학을 가는 이유는 자심감을 높이고 싶기 때문이에요.저는 지금 스무살이에요.일본에서 스무살은 인생에서 가장 반짝반짝 빛나는 니이라는 이미지가 있어요.그런 스무살 때 외국에 가서 여러가지를 경함하고 느끼는 것은 반드시 자신감으로 이어진다고 생각해요.이곳은 유학하는 동안의 목표이기도 해요.앞으로 저는 한국어를 쓰는 일을 하고 싶어요.그러니까 TOPIK에서 높은 급을 따는 것은 물론,한국에 여러 장소에 가고 또 여러 세대 사람들하고 이야기해서 생생한 한국어를 되도록 많이 흡수하고 싶어요.제가 기대가 되는 것은 1년이라는 시간을 이용해서 한국에 여기저기에 가는 것이에요.서울 여기저기를 샅샅이 가고 여러 지방에도 가서 나만의 가이드북을 만들고 싶어요.감사합니다.

こんにちは。私は韓国に留学するA.Mです。私が留学する理由は自分の自信に繋げたいためです。20才という大切な歳に海外へ行き、様々なことを体験し感じることは必ず自分の自信に繋がると思います。また自分の自信に繋げることは、留学中の目標でもあります。将来、仕事で韓国語が使えるよう、色々な所で色々な世代の方と話して、できるだけ多くの韓国語を吸収したいです。また、私が楽しみなことは韓国の隅々まで訪れることです。様々なところを訪れて、自分だけのガイドブックを作りたいです。ありがとうございました。

(A.M)

韓国・淑明女子大学留学者によるスピーチ

韓国・淑明女子大学留学者によるスピーチ

2016年度後期留学出発式 ‐上海交通大学留学 ‐ [2016年08月01日(月)]

【中国・上海交通大学留学者によるスピーチ】

大家好!我是国际学科二年级的M.U。今年9月我将和我的同学们一起去上海留学。

之所以选择去上海留学,是因为中国是世界上的文明古国之一,我想亲自去看看,了解一下新闻媒体所没有报道过的中国的方方面面。
在中国留学期间,我不仅要努力学习,还想在课余时间积极参加各种有意义的活动,去登万里长城,参观紫禁城等,并结识中国以及各国朋友,拓宽自己的视野。
在当地,我愿和朋友们互相帮助、互相学习,渡过充实的留学生活。以回报长期以来一直支持我的、无私奉献的父母、老师的恩情。
谢谢大家!

みなさん、こんにちは。国際学科2年のM.Uです。私は、今年の9月から中国の上海に留学します。
中国に留学をしようと思ったのは、ニュースや新聞の情報では得られない中国を知りたいと思ったからです。中国へ実際に行き、長い歴史持つ中国の文化に触れ、多くの外国人との文化交流の中で新しい発見をし、自分の視野を広げたいと思います。現地では、世界遺産である万里の長城や、紫禁城などの観光名所に行くことも楽しみのひとつです。
帰国するまでの目標は、語学力を上げることはもちろん、異文化理解をし、偏った見方ではなく、いろいろな面から中国を見れるようになることです。
留学先では有意義な時間が過ごせるよう、仲間たちと団結し、共に助けあい、一人一人努力して、実りある留学生活を送るつもりです。そして、ここまで支えてくださった両親や先生方、学生スタッフの皆さんに恩返しできるように成長して帰ってきたいと思います。
どうもありがとうございました。

 (M.U)

中国・上海交通大学留学者のスピーチ

中国・上海交通大学留学者のスピーチ

 

2016年度後期留学出発式-スペイン・アルカラ大学留学- [2016年08月01日(月)]

【スペイン・アルカラ大学留学者によるスピーチ】

Hola! Buenas tardes.
皆さん、こんにちは。
Mi nombre es H.W. Soy estudiante de segundo grado del Departamento de Estudios Internacionales.
私は国際学科2年のH.Wです。
A partir de septiembre nos vamos a estudiar a España por nueve meses.
私たちは9月から9ヶ月間スペインに滞在します。
Para comenzar, nos gustaría ofrecer nuestro profundo agradecimiento a nuestros profesores y asistentes que nos han guiado y acompañado hasta hoy.
始めに、学生を代表して、これまでご指導いただきました先生方と助手の皆様に感謝申しあげます。
Ahora para comenzar a estudiar en Alcalá, mi objetivo principal es conocer España y su gente.
私のスペインでの目標はスペインの方々と交流することです。
Quiero que mis futuros amigos españoles empiecen a tener interés en Japón y en nosotros a través de este intercambio.
そして、私と知り合った人が、日本に好感をもつきっかけとなりたいと思っています。
Mi sueño es ser un puente entre Japón y los países hispanohablantes.
私の将来の夢は、スペイン語圏に行き、日本との架け橋になることです。

Las 21 (veintiuna) estudiantes que vamos a la Universidad de Alcalá, nos esforzaremos diariamente y nos ayudaremos mutuamente.
アルカラ大学に留学する私たち21名は、日々努力を重ね、お互い助け合ってまいります。
Cuando volvamos a Japón, nos gustaría mostrarles cuanto hemos crecido.
そして来年、私たちの成長した姿をお見せしたいと思っています。
Muchas gracias.
ありがとうございました。

(H.W)

スペイン・アルカラ大学留学者によるスピーチ

スペイン・アルカラ大学留学者によるスピーチ

2016年度後期留学出発式 – ボストン留学 – [2016年08月01日(月)]

7月20日(水)の昼休みに、英語コミュニケーション学科、国際学科合同の2016年度後期留学出発式が実施されました。

ボストンに加えアルカラ大学(スペイン)、上海交通大学(中国)、ソウル女子大学(韓国)、国民大学(韓国)、淑明女子大学(韓国)、漢陽女子大学(韓国)に留学する200名弱の学生が参加し、金子学長の講話のあと、学生代表が英語、スペイン語、中国語、韓国語で決意表明の挨拶をしました。

出発式の様子

出発式の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ボストン留学者によるスピーチ】

Departure Ceremony Speech (Boston)

“I couldn’t say what I wanted to say.” I often feel this way when I talk with foreigners. The causes are that I don’t know natural phrases often used by native English speakers, their culture, society, or politics. And the biggest cause is that I’m afraid my English won’t be understood by them.
To overcome these obstacles, I will both learn English in Boston and gain a better understanding of American society.
There are 3 things I’m looking forward to doing.
First, I will be in situations where I can use only English. All of our classes are done in English. People who walk around the city talk in English. When I order a hamburger, it must be in English. And beyond such basic needs, speaking directly with Americans in their own language will help me to deepen my intercultural understanding. Also, like you, I hope to improve my TOEIC score.
Second, the US presidential election will be held in November. Many Americans will be talking about it, so it will be a great chance to learn about American politics and political views.
Finally, in relations with my friends, teachers, and people in volunteer work, I want to reflect upon my life and deepen my self-understanding. Volunteer work is a standard part of the Showa Boston curriculum, and I look forward to serving others in this way.
Please join me in these efforts, and let’s do our best!

“言いたかったことを言えなかった”
外国人の方と話すとき、このように思うことが多いです。その原因はネイティブが使う自然な表現や彼らの文化、社会、政治についてよく知らないからです。そして最も大きな原因は自分の英語が通じないことを恐れているからです。これらを乗り越える為に私はボストンへ行きます。私が楽しみにしていることは3つあります。1つ目に英語しか使えない場面に自分を置くということです。授業はすべて英語で行われ、町を歩く人々の会話も英語、ハンバーガーを注文するときもまた英語です。だから英語を話し、聞き、書く機会は日本よりも確実に多いでしょう。2つ目はアメリカ大統領選挙が11月に行われることです。多くのアメリカ人が選挙について話し、それはアメリカの政治や政治的観点について学ぶ良い機会になるでしょう。最後は私の友人、先生方、ボランティアで出会う人々との関わり合いです。これによって自分の人生を見つめなおし、自己理解を深めたいのです。ボストン留学が終わるまでに、これらの経験を通して、TOEICで750点をとり、自信を持って英語を話すという最も大切な目標に到達したいです。これらのことを私と一緒に挑戦してみませんか?

ボストン留学者によるスピーチ

ボストン留学者によるスピーチ

(H.M)