第7期生・韓国留学便り ~淑明女子大学校 9月編~ [2016年11月10日(木)]

<日本の授業との違いはありますか>
韓国の学生は日本の学生よりも授業に対する真剣さがすごいです。韓国の学生は前の席を好んで座ります。ギリギリに教室に入ると、日本では前の方しか空いてなかった、ということがよくありますが、韓国では後ろの方しか空いていません。授業2分前に教室に駆け込んだ時に一番後ろの席が空いていたのには驚きました。前の授業の人と入れ替わるときにも、みんな前の席をめがけて急いで教室に入って来たのも日本では見られない面白い光景でした。

<学生寮での生活について>
私のルームメイトはアメリカ人です。私は一緒に留学したKさんと同室だと思っていたのでとても驚いたし、大学に入学してからは英語をとても疎かにしていたので、これからの生活がとても不安になりました。ルームメイトは韓国語を一切勉強したことがなく、淑明には留学生向けに英語で行う授業があることを理由に留学したため、会話はすべて英語です。なぜ私がわざわざ英語を話さないといけないのかと何度もイライラすることはありましたが、1年間アメリカ人と過ごし、韓国にいながら英語を日常的に使えることは自分の成長に繋がるとポジティブに考え頑張りたいです。今回ルームメイトと話して自分の英語力がとても衰えていたことに気が付きました。

<新生活を振り返って。また、旧盆はどのように過ごしましたか>
留学した当初は、ルームメイトや寮費、授業で先生が話す韓国語が早いなど不安なことがたくさんありなんでこんなに辛いのだろうと思っていました。今でも辛いことがゼロになったわけではないですが、その分楽しいこともたくさんあるし、人間の適応力に驚いています。
旧盆はほとんど外に遊びに行っていました。新しい環境に遊びに行って自分があまりにも人見知りをしたことには驚きました。新しい環境でせっかく新しい友達を作れるチャンスなのに、人見知りをしてしまう自分に嫌気がさしました。人見知りを克服したいです。

友達との時間

友達との時間

☆A・M☆