第3期生・韓国留学便り ~国民大学校 10月編~ [2016年12月15日(木)]

<授業には慣れましたか。また、授業で大変なことは何ですか>
授業には慣れてきました。どのペースで進み、いつ課題が出されるのかなどを把握し始めたので、余裕をもって授業を受けることができています。授業で大変なことは、他国の留学生との意思疎通です。それぞれ中国人・ベトナム人・ロシア人ならではの発音やイントネーション・考え方があり、グループで物事を決めたりする際に、スムーズに進まないことがあります。しかしそれも文化の違いであると考え、意見を押し付けないように心がけて、グループのメンバーで一つ一つ話し合い、解決しています。

国民大学校で友達と

国民大学校で友達と

<学生寮での生活で楽しかったことは何ですか>
部屋はロシア人二人と、日本人二人なのですが、最近徐々に親しくなり、一日にあったことを話したり、たまに韓国ドラマを一緒に見ています。このまえは、夜中に寮のコンビニにカップラーメンを買いに行こうと誘われ体に悪いとわかりつつ食べ、太るねと話しながら会話をするのも楽しかったです。授業に資料を一緒に印刷しに行ったり試験勉強の進み具合を話したりなど会話も増えて部屋にいることが苦痛でなく居心地が良いです。

<開天節またはハングルの日は何をしましたか>
開天節は友人とインチョンにある童話村という壁紙アートを見に行きました。韓国には壁紙アートが多く、見に行くのに凝っています。

壁紙アート

壁紙アート

近くには中華街もあったのですが、日本の中華街とは雰囲気も違って面白かったです。寮からは2時間半ほどかかり、遠出でしたが、韓国留学の楽しみであった韓国の隅々まで見に行くことを実践できていると思います。KTXに乗って日帰りの遠出もしたいなと思っています。来月にはTOPICを受けに大邱まで行きます。勉強をおろそかにせず、せっかく大邱まで行くので試験後に日帰りで観光もしたいと考えています。

☆K・H☆