2017年3月

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その4~ [2017年03月12日(日)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
あと半年で留学が終わってしまうので、しっかりと授業に取り組みたいです。もちろん予習や復習などもしっかりやっていきたいです。授業中にしっかりと先生の言っている事をしっかりと理解し、くまなくメモもしていきたいです。その為に授業と休憩の区別をしっかりしていきたいです。生活をリズムをしっかりと整えていきたいです。また、昨年末から体調が優れないので、体調管理を整えて授業に影響がでないようにしていきたいです。

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
親がやって当たり前だと思っていた事も、自分でやればこんなにも大変なのだなと改めて親の偉大さを感じました。この寮生活が日本での生活は当たり前ではないと教えてくれました。また、友情面では、このような事をしたら友達が傷つく、悲しむという事を学びました。他人のふり見て我がふり直せではないですが、もっと自分も人の事をもっとしっかり考えて生活していきたいです。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
テスト期間だったので、テスト勉強をしていました。他には特にしていません。今年は就活を意識していきたいです。友達とSPIの勉強を一緒にやろうと約束しているので、SPIや英語の勉強をしっかりとしていきたいです。そして、今年中に必ずHSK6級を取っていきたいです。また、体調面に関しては昨年末から優れないので、今年は自分の体の事を考えながら生活し、今までの悪い習慣をなくしていきたいです。

街中のクリスマスツリー

街中のクリスマスツリー

新年を祝うモニュメント

新年を祝うモニュメント

☆N・K☆

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その3~ [2017年03月10日(金)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
失敗を恐れない気持ちで取り組みたいです。前期の生活を振り返ってみると、失敗を恐れたせいで逃してしまったチャンスが幾つかありました。“積極的に!”と意識していても、心の中では怖くて、結局“私にはできない。”と決めつけてしまいました。また、失敗したら恥ずかしいというプライドも私のチャレンジ精神を邪魔していたと思います。
前期の生活を通して、自分の短所を発見することができたので、後期は発見した短所をどのようにして克服するか、どうやって長所に繋げていくか、試行錯誤しながらチャレンジしていこうと思います。“こうすればよかった、ああすればよかった”と後悔する回数が減るように、また、“恥ずかしい!”なんていう小さなプライドを壊せるようにトライ精神で頑張ります!

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
あまり変化したと感じることはないですが、徹夜が多くなりました。本科生として授業を受けているために、現地の生徒たちよりもかけている部分が圧倒的に多いです。そのため現地生よりも倍以上努力しないと追いついていけません。未だにわからないこともたくさんありますし、理解しようとしてもしきれない場面に多く遭遇します。それでも、少しでも追いつけるように勉強して、気が付いたら日付が変わっていた?なんて思う機会は圧倒的に増えました。日本で勉強していた頃は、そんなに夜中まで起きていることがなかったので、生活リズムが結構崩れてしまい、体に良くないなと反省しています。そのため、遅くまで起きてしまった日は、日中に少し仮眠を取るなどして、体調を崩さないようにしています。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
友達と年越しをして、そのあとはテスト勉強をしました。
今回の年越しは、そばやおせち料理がなかったので、スパゲッティを茹でて、ピザをデリバリーして、みんなでわいわい過ごしました。日本は年越しを盛大に行いますが、中国は意外とあっさり年を越してしまったので、自分でも本当に2017年になったのかと実感が湧きませんでした。
新年の抱負は上記で述べた通り、「失敗を恐れず」にいたいです。2016年はスピーキング力が伸びないことに悩みを抱えていましたが、その原因が?音を間違えたら恥ずかしいというプライドにありました。?音は確かに大切ですが、“伝えよう”という意思が大切なのであって、音が一番大切なのではありません。音が間違っていても伝わる時は伝わるので、完璧なんて目指さずに自分は自分にあったやり方で、伝えたいという意思を大切に意思表示していきたいです。

茹でたスパゲッティとデリバリーしたピザで年越し

茹でたスパゲッティとデリバリーしたピザで年越し

部屋でテスト勉強

部屋でテスト勉強

☆A・F☆

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その2~ [2017年03月08日(水)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
今までは初めての環境で慣れない部分が多く、授業も緊張して発言するのに勇気が必要であまり発言できずにいましたが、授業もどのように進んでいくかわかったし、発言しないと授業も進まないので受け身の授業から参加型の授業に自分からしていきたいと思います。また、一つ一つの単語をしっかり理解しながら、積極的に自分から中国語を学ぶ意欲を高めていきたいと思います。そして、日本人だけでかたまらず自分からもっと外国人に積極的に中国語や英語を使っていきたいと思います。

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
ときどき友達が部屋に遊びに来たりするので常に部屋を綺麗にしておこうという考え方を持つようになりました。また、10か月という短い留学で昭和のみんなだけでいようとせず、自分から外国人に話しかけてみることで、友達の輪が広がったり、クラスメイトとご飯を食べに行ったり積極的な行動が今までよりも多くなったと感じています。また、今までは中国語を話すとき使うとき、間違えるのが怖かったが、今では間違えるのが少し怖くなくなりました。この4か月で私の中で性格も含めて多くのことが変わっていったと思います。

クラスメイトとごはん

クラスメイトとごはん

クラスメイトと

友達の輪が広がりました

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
年越しそばがなかったのでカップ麺を友達と一緒に食べながら年越しをし、お互いに新年の抱負を話しました。また朝ごはんもその友達と一緒におもちを食べて、少し日本の気分を味わいました。
新年の抱負として、まずは中国語を極めます。今学期の中間、期末テストの結果に満足していないし、あと約半年しかないため、中国語が伸びるか伸びないかは自分次第なので、今まで以上に中国語を頑張り、HSK6級や中国語検定2級を受けられるようにしたいです。また、中国語だけではなく、英語も忘れずに取り組み、今年は色々なことを吸収したいと思います。

☆N・H☆

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その1~ [2017年03月06日(月)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
昨年は、授業中の発言が少なく、先生に質問をすることも少なかったので、今年は席を前の方に座ることから始め、積極的に発言したいです。予習、復習をして自分の答えに自信を持つことが出来れば、発言の回数も増えると思うので、引き続き自習の時間を取っていきたいです。昨年はクラスメイトとの交流で中国語の会話が鍛えられたので、今年もクラスメイトと会話する機会を大切にしたいです。また昨年は授業に慣れていなく、緊張感をもって受けていましたが、半年ほど経ち、少し余裕が出てきたので、遅刻や忘れ物がないよう気を引き締めて受けていきたいです。

クラスメイトと夕食会

クラスメイトと夕食会

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
お金のやりくりが出来てきたと思います。来たばかりのころは、食費にかけすぎてしまったことや、親からの仕送りが足りなくなってしまうことがありましたが、今では食費も前より安く済ませることが出来、日用品の値段も把握できているので、うまく買い物が出来ていると思います。
また、部屋にはテレビがないので、来たばかりのころは、ネットの動画サイトで日本の番組を見ていましたが、最近ではクラスメイトに薦められて中国の番組を見るようになりました。冬休みに入り、中国語を聞く機会が減ったので、中国の番組を見ることや、HSKの勉強をして、中国語を聞く機会を作っています。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
元旦は友達と日本料理屋におせち料理とおでんを食べに行きました。とてもおいしかったです。正月の上海の様子が見たかったので、散歩に出かけました。中国には春節があるので、日本ほど正月が盛り上がっていないことが街を歩いていてわかりました。昨年は、風邪をひいて授業を休むことがあったので、今年は体調管理をしたいです。それから、半年ほど経って、中国人との交流が少ないと感じたので、今年は日中交流会などのイベントを利用して積極的に中国人と交流していきたいです。

元旦に食べた日本料理屋のおでん

元旦に食べた日本料理屋のおでん

☆Y・T☆

第2期生・ドイツ留学便り ~ライプツィヒ大学 12月編~ [2017年03月04日(土)]

<テストに向けて何か対策をしていますか>
今月次のテストに上がるための大きなテストがあり、難易度もあがっているためしっかりと対策をしました。必ず心がけていたのが授業をしっかり受けて分からないところは先生、または私のチューターさんに質問するようにしていました。授業でもテストにむけて練習プリントや宿題などが出されるので、それらをしっかりと解いて間違えたところを重点的に復習しました。話すテストに関してはあらかじめ出されていた題に対して話のネタを書き出しておき、実際に時間を計って友達やチューターさんの前で話したりして練習しました。

<仲良くなった友達について>
クラスメイトにメキシコから来た女性の方がいて、その人とよく話したり遊んだりしていました。彼女は29歳で薬品関係の仕事に就いているのですが、とてもフレンドリーで優しく、まるでお母さんのようでした。ドイツ語がまだうまく話せない私に対してもゆっくりと話してくれたり、よくスキンシップをとってきたりしました。彼女はよくクラスメイトや他の友達も誘って様々なところへ遊びに連れてってくれました。実際に私も彼女に誘われて湖へ泳ぎに行ったり、クリスマスマーケットに行ったりしました。今はメキシコに一時帰国し、しばらく学校も休むようなので少し寂しく感じています。

メキシコ人、日本人の友達と

メキシコ人、日本人の友達と

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
ドイツではクリスマスは有名かつ重要な行事なのでクリスマス期間は様々なことをしました。例えば12月1日にドイツのクリスマスで有名なアドベントカレンダーを買い、毎日欠かさずチョコレートを取り出して食べていました。日によってチョコの大きさや種類が異なっていたため、毎日のちょっとした楽しみにもなっていました。もちろん、クリスマスマーケットでの買い物も欠かせません。ドイツでは都市によって規模の大きさや売っているものが違うようですが、私はライプツィヒとニュルンベルクのクリスマスマーケットに行きました。売っているものも同じものもあれば違うものもあり、何よりどれも綺麗で可愛らしかったので見ていて飽きませんでした。例えばグリューヴァインのコップも都市や屋台によって形やデザインが異なります。それを集めるのもまた楽しいものだと思いました。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

マーケットで買い物

マーケットで買い物

綺麗で可愛いオーナメント

たくさんの綺麗で可愛いオーナメント

☆Y・H☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その4~ [2017年03月02日(木)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
11月中盤から12月は接続詞を重点的に習ったので接続詞をたくさん復習しました。授業中は進行が早く、頭の中で消化しきれていなかったので、接続詞を使う場面や状況を1つずつ洗い出してまとめました。例文も付け加えて一目見てわかりやすくなるようにして覚えました。接続詞は活用は簡単ではありますが用法が多く、わたしにとって少し厄介なものでしたが、まとめてみるとそこまで深く考えなくてもいいのだと気付きました。あとは過去形、線過去の使い分けや命令形もテストの範囲だったので復習しました。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
わたしの家に親戚がやってきて、家族と親戚とホームパーティをしてクリスマスをお祝いしました。前日に料理の下準備を姉と一緒に手伝い、当日には食卓にたくさんの料理が並べられていました。

クリスマスイブの夕食作り

クリスマスイブの夕食作り

クリスマスイブの夕食

クリスマスイブの夕食

しかし、前々日から私は体調を崩していたのであまりたくさんの料理を食べることができませんでした。お母さんは私にクリスマスの料理を振る舞うことを楽しみにしていたので、気を使わせてしまってとても申し訳なかったです。私としても楽しみにしていたのでとても残念でした。食後はお父さんとお姉ちゃんに曲を流しながらたくさんのスペインのダンスを教えてもらいました。汗をかくほど動きましたがとても楽しかったです。
25日はバレンシアから来た叔父がお昼にバレンシア風パエージャを大きい鍋で作ってくれました。パエージャは地方によって入れる食材や味が違います。バレンシアのパエージャは主に鶏肉、兎の肉、豆が入っていました。とても美味しかったです。食後はクリスマスのお菓子をつまみながら夕方になるまでずっと話していました。

おじさんが作ってくれたバレンシアのパエージャ

おじさんが作ってくれたバレンシアのパエージャ

<今年を振り返って>
スペインに来てからあっという間に4ヶ月が終わり、つまり留学生活の約半分が終わったと思うとびっくりです。ここまで日本食食べたいな、家族や友達に会いたいなと思い、日本が恋しくなることが何回かありました。これからの5ヶ月もまだ思うことはあるかなと思います。しかしなんのためにスペインまで来てるのかを、時々考えます。簡単に出来るものじゃない留学をさせてくれている家族を思うと頑張らないと恥ずかしいなと感じます。なので、気を緩めず後の5ヶ月も楽しみながら勉強も頑張ろうと思います。スペインに来て新しい環境で暮らし、新しいものをたくさん見て、食べて、聴いて、楽しんで、一生ものとなるこの経験を忘れないように来年も過ごしていきたいです。

年越しの瞬間

年越しの瞬間

☆S・I☆