2017年3月

第2期生・ドイツ留学便り ~ライプツィヒ大学 1月編~ [2017年03月30日(木)]

<今教わっている先生について>
私のクラスには基本3人の先生がいます。2人は女の先生で一人が男の先生です。その男の先生が私のクラスの担任なのですが、彼は火曜日と木曜日、一人の女の先生が水曜日と金曜日、もう一人の女の先生が月曜日というふうに交代交代でやってきます。男の先生は日本の授業のように基本口頭で説明し、大事なところは板書するので一番安定感があります。水・金の先生はとてもフレンドリーでアクティブな先生で、授業も基本グループワークだったりちょっとしたゲーム方式で行われます。休み時間でも友達と話していると「何話してるの?」と言って入ってきます。月曜日の先生も授業のスタイルは男の先生と少し似ていますが、発音をよく注意してくるので私達はいつも「発音の先生」と呼んでいます。3人とも個性溢れる先生です。

<寮・ホームステイ先での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
寮に5ヶ月住んでみて変わったことといえばやはり掃除や料理、洗濯などを積極的に自分でやるようになったことです。日本にいた時はおばあちゃんや親に任せっきりだったのですが、同居人がちゃんと料理したり掃除したりしているところを見ると最初は迷惑をかけまいと思い自分もすすんでやっていました。今は毎日料理のメニューについて考えたり週一で掃除をしたりと自然に家事をするようになりました(料理の腕は全然ですが…)。そして同居人と住むことによって人とコミュニケーションをとるのがより楽しくなり、より協力的になったような気がします。

初めてちゃんと一人で作ったカレー

初めてちゃんと一人で作ったカレー

料理をしていると面白い発見も

料理をしていると面白い発見も

同居人や友達が作ってくれたご飯

同居人や友達が作ってくれたご飯

異文化を感じられるだけでなく、コミュニケーションをより多くとることが出来ます

異文化を感じられるだけでなく、コミュニケーションをより多くとることが出来ます

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
年越しパーティーを夜中までやったあと、元旦は一日中部屋で寝転んでいました。ドイツでは年越し自体はパーティーなどをやったりしてみんなで一斉に祝うのですが、元旦は祝日とはいえ特にやることもなく、お店もみんな閉まっているので部屋でじっとするしかありませんでした。そんなお正月を過ごしましたが、今年の抱負として今までよりもより積極的に何事にもチャレンジしてみたいと思います。臆病で怖がりな性格なので何か物事を手を出すときどうしても時間がかかってしまいました。しかしドイツに留学して個性豊かな友達に会ったり本当に多くのことを経験したりしてから、何でも怖がる必要はない、むしろすすんで何かをやってみないと損することもあるんだということに気づきました。また、ドイツに留学してみて改めてドイツが文化的にも歴史的にも興味深い国だと感じたので、日本に帰ったらもう一度ドイツのことについて勉強したいと思います。

☆Y・H☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 1月編・その4~ [2017年03月28日(火)]

<今年はどのように授業に取り組んでいきますか>
B1.1にクラスのレベルが上がってから、自分の語彙力の低さを痛感しています。私のクラスの担当の先生は、授業中に辞書の使用を禁止しているのでついていくのに精一杯です。また、文化の授業も1つ上のクラスと合同で行なっているので、更についていくのに精一杯です。新年が始まって新しいクラスから、また1つ環境が変わりました。今は自分で語彙力を高めるために毎日課題を設定して勉強しています。それを最後までずっと続けていくことをまず課題として、そこからより積極的に授業に参加できるように取り組んでいきたいです。

<今年はホームステイ先でどのように過ごしたいですか>
ホストファミリーが全員ポジティブで活発的なので、いつも刺激を受けています。家族皆が何か自分の興味のあるものを必ず実行に移しています。わたしもとにかくやってみる事から始めるというチャレンジ精神がスペインに来てから身につき、また、高まっています。例えば、セビジャーナスの教室に通い始めたり、困った時にとりあえず誰か知らない人でも話しかけて聞いてみたり、以前だったらできなかった事が、臆せず出来るようになって来ました。確実に行動力が付いて来てると感じています。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください。>
大晦日にホストファミリーと、両親の友人の家族と一緒に夕食をし、元旦まで一緒に過ごしました。日付が変わる時に伝統の鐘の音に合わせて葡萄を12粒皆で食べることができてすごく思い出になりました。元旦の昼過ぎは、家族と一緒に雪山に出かけました。皆でそり滑りをしてこれもまたすごく良い思い出になりました。楽しかったです。今年の抱負は、自分で積極的に行動して、学校以外にも活動の幅をより広げて行ければ良いなと思っています。これから自分の中の目標に向かうためには更に努力が必要なので、楽しいことだけでなく辛い思いをしてでもメリハリをつけて頑張って行こうと思います。

大晦日、お姉ちゃんと妹と一緒に

大晦日、お姉ちゃんと妹と一緒に

家族で雪山にそり滑りに

家族で雪山にそり滑りに

休日に行ったアランフェスの宮殿

休日に行ったアランフェスの宮殿

インテルカンビオ(言語交換)のメンバーでスケート

インテルカンビオ(言語交換)のメンバーでスケート

☆Y・Y☆

3/25(土) オープンキャンパス [2017年03月27日(月)]

3月25日(土)午後に開かれたオープンキャンパスは、晴天であったこともあり、開始直後から、とぎれることなく多くの方が国際学科の展示ブースを訪れました。学科ブースでは、教員と中国・韓国・スペイン留学を体験した在学生が、来場した高校生と保護者に学科の特色、特に留学について質問にお答えしました。

国際学科のブースの様子

国際学科のブースの様子

国際学科の特色としては、全員留学、英語+もう一言語を日本でも留学先でも学ぶこと、ダブル・ディグリー・プログラム、各国別の留学プログラム、などを紹介しました。いただいた主な質問は、他学科との違い、入試形態の違い、学費と留学費用、それぞれの言語と留学先や時期・期間・単位認定について、留学先での授業時間外での過ごし方、留学中の日本との行き来について、などでした。熱心に具体的な質問をいただき、関心の高さを感じました。

学科説明会---アルカラ留学体験談

学科説明会—アルカラ留学体験談

学科説明会---ソウル留学体験談

学科説明会—ソウル留学体験談

学科説明会---上海留学体験談

学科説明会—上海留学体験談

米倉

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 1月編・その3~ [2017年03月26日(日)]

<今年はどのように授業に取り組んでいきますか>
約4か月間のアルカリングアでの授業を通して、先生たちが求めているものは積極的な発言だと分かりました。どんなにテストで良い点数が取れていたとしても、課題にまじめに取り組んでいたとしても、授業で全く発言していなければ、その学習過程を習得していないと判断されます。例えどんなに文法や単語が間違っていたとしても間違いを恐れず自分から発信していく必要があるなと感じました。クラスが変わって生徒の発言が多いクラスになりました。みんなに引けをとらないよう発言していきたいです。

新しい教室

新しい教室

<今年はホームステイ先でどのように過ごしたいですか>
色々な点でスペインと日本の生活には違いがあると感じています。生活面という意味では、スペインは光熱費が高く、節電を求められるので、無駄な使い方はしないようにと心掛けるようになった気がします。考え方という点ではまず、家族や近所の人とのつながりの大切さを学んだ気がします。日本の生活で家族を疎かにしていたわけではありませんが、もっと感謝を伝えなければと思うようになりました。また言わないと伝わらない環境なので思ったことをはっきり言うようになった気がします。

普段の食事、paella

普段の食事、paella

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください。>
元旦はホストマザーのお兄さんの家で親戚や近所の人と一緒に過ごしました。なぜか、スペイン語が全く喋れないアメリカ人の夫婦もいて、英語も話さなければいけない状況だったので少し大変でしたがみんなで歌ったり、踊ったりと日本にいた時とは考えられないくらい陽気な元旦をすごすことができて楽しかったです。ただご飯が多すぎて朝から夜までずっと食べ続けているような状況だったので少し辛かったです。新年の抱負としてはもっと知識を増やして今の生活をより充実したものにしようと思います。

Navidad,Reyes magos期間の特徴的な飾り

Navidad,Reyes magos期間の特徴的な飾り

Navidad,Reyes magos期間の特徴的な飾り

Navidad,Reyes magos期間の特徴的な飾り

☆M・T☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 1月編・その2~ [2017年03月24日(金)]

<今年はどのように授業に取り組んでいきますか>
去年は授業後の復習を毎日することができなかったので、今年は授業後の復習を丁寧に行い、クラスで習った文法や新しい単語をしっかり覚えていきたいです。また、復習だけでなく、予習も毎日行うことができるよう時間を効率よく使って生活していきたいです。授業には積極的に取り組むことができているが、今年はより発言の回数を増やしていき、語学力の向上を目指していきたいです。また、多国籍のクラスメイトとの会話をもっと増やしていき、いろいろな国の文化を学んでいきたいです。

クラスメイトと

クラスメイトと

<今年はホームステイ先でどのように過ごしたいですか>
ホームステイを通してスペインの家族の繋がりの強さを感じました。家族の幸せや悲しみ、苦しいことをなど全ての感情を共有し、それをみんなで分かち合ったり、解決したりすることが当たり前だということを知りました。そして、日本の家族との過ごし方について考え直すことができました。また、感じていることをはっきり言うことは大切なことだと思いました。些細なことでも伝えないと誤解を生んでしまったり、心配をかけてしまうことが何度かありました。家族だからといって何も言わなくても伝わるということはないということが分かりました。

スペインのクリスマス最後の日=東方の三賢人"レジェスマゴス”の日に食べるロスコン・デ・レジェスというスイーツ

ロスコン・デ・レジェスというスイーツ。レジェスマゴスの日(スペインのクリスマス最終日)に家族で食べました

 

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください。>
元日はホストファミリーとホストシスターのフィアンセのお宅へ伺って、一緒に食事をしました。ホストシスターのフィアンセの家族はとても親切で温かく迎えてくれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。今年の抱負は、スペイン語だけでなく英語、他国の文化や歴史などを学びなおし、もっと世界について知りたいです。なぜなら、授業中にヨーロッパやアジアの歴史や文化について先生から質問されてももなかなか答えることができなく、自分の無知さを痛感することが多々ありました。また、興味を持った文化についてもっと深く学びたいと思ったので、日本に戻っても勉強を続けたいです。

年が明ける際に新年の幸福を願い、12粒のぶどうを食べます

年が明ける際に新年の幸福を願い、12粒のぶどうを食べます

新年を迎え、ダンスをしているホストファミリー

新年を迎え、ダンスをしているホストファミリー

☆A・S☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 1月編・その1~ [2017年03月22日(水)]

<今年はどのように授業に取り組んでいきますか>
今学期はクラスに日本人が一人しかいないので、積極的に授業に取り組みます。これまでは日本人が多くいたので頼ってしまうところが多かったです。今は日本人が私しかいないのでスペイン語を学ぶ環境としてはとてもいい環境です。新しいクラスメートに先生と環境も変わったので、これまで以上にスペイン語を使っていきたいです。前学期はあまり発言できなくて悔しい思いをしたので、今学期は前学期よりも自分に厳しく、予習、復習、単語暗記や毎時間の授業を大切にしていきたいです。また、休み時間なども積極的にスペイン語を使うように、クラスメートと話すようになってきたので、これからもそういう時間を大切に使っていきたいです。

今使っている教科書とノート

今使っている教科書とノート

<今年はホームステイ先でどのように過ごしたいですか>
ホームステイをしていて変化したことは、自分の考えが楽観的になったことです。日本にいたときは結構一つのことに対して考えてしまうことが多かったのですが、今は何か嫌なことがあってもポジティブに考えるようになりました。あと、今までは新しいことをするということに対して消極的だったのですが、ママの性格もあるのか新しいことを始めるということに抵抗が少なくなりました。生活面は日本にいた頃より、責任持って行動しなきゃと思うようになりました。例えばマドリードへ行くにしてもいつテロが起きるかわからないということを頭の片隅に置いておくだけでも自分の注意喚起にもなるし、スリなどお金管理にも責任を持つようになりました。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください。>
元旦はホストマザーと過ごしました。12粒のブドウも鐘に合わせて食べました。ママが早すぎて私はついて行けなかったです。ずっと、この行事をしてみたかったので実際にすることができてとても楽しかったです。1月2日にはママの息子たちや孫が家に来て新年のあいさつをしました。初めてたくさんのスペイン人を目の前にして少し緊張しましたが、話しかけてくれたりしたのでとても気楽に過ごすことができました。人生で初めて海外で過ごす元旦でしたが、ホストマザーとゆっくり過ごすことができて、またスペインの文化にも触れることができてとても充実した日を過ごすことができました。今年もたくさんのことに触れて、自分の目でたくさんなものを見て、いろんな経験をしていきたいなと思います。今年は去年以上に良い一年にしたいです。

スペイン年始の恒例行事、12粒のぶどう

スペイン年始の恒例行事、12粒のぶどう

年始の家からの景色

年始の家からの景色

ホストマザーの手料理

ホストマザーの手料理

☆T・S☆

第7期生・韓国留学便り ~ 淑明女子大学校 1月編~ [2017年03月20日(月)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
前の学期で韓国語6級の授業まで取り終えました。そのため今回は韓国語の授業ではなく、自分が関心のある分野の授業を取りたいです。前の学期で一つの授業に対し、課題がたくさんあることを理解したので、学期中、課題とテストで追われないように調整したいです。授業中の取り組み方は前の学期と同様、集中して行いたいです。また、チームプレゼンなどあったら前回よりも遠慮せず、積極的に参加していきたいです。

<学生寮での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
一人の時間の大切さに気が付きました。前の学期までいたルームメイトが寮を出て、今私は一人で部屋を使っています。ルームメイトが寮を出て行くと言ったときは、4か月間当たり前のように同じ部屋で過ごしてきたことが終わってしまう悲しさを感じましたが、実際一人になってしまうととっても楽です。ルームメイトがいるときも部屋ではリラックスしていた方でしたが、今の自分と比べると知らないうちにどこかで緊張していた部分があった気がします。次のルームメイトが来るまで、一人部屋を楽しみます。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
語学堂の中間試験が4日だったため、元旦は部屋で勉強をしていました。日本にいる家族から連絡が来て、日本のお正月が羨ましい気持ちもありましたが、中間試験の勉強をほとんどしていなかったため勉強をするしかありませんでした。新年の抱負は、日本に帰国して友達や家族に「韓国語できるようになった?」と聞かれたとき「うん!」と自信を持って答えられるように努力することと、人生を楽しく生きることです。

年越しに食べたうどん

年越しに食べたうどん

韓国語で話す機会を増やすために言語交換をしています

韓国語で話す機会を増やすための言語交換

 

☆A・M☆

第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 1月編・その3~ [2017年03月18日(土)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
去年は毎日欠かさず予習をやっていましたが、テスト前になって焦って勉強を始めることが多かったので、今年はこつこつテスト勉強もしていこうと思います。また、テスト勉強だけでなくニュースなどを聞き取って書いてみたり、勉強方法を工夫していきたいと思います。発言力が足りないというアドバイスもいただいたので、ただ答えるだけでなく、しっかり自分の文章を作って発言していきたいと思います。復習もあまりできていなかったので、今年はしっかりやっていこうと思います。一つ一つめんどくさがらずに、留学しているという自覚をもって、授業に取り組みたいです。

 

<学生寮での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
今まではすべて両親がやってくれていたものを、今では自分がしっかりとしないといけないので、親の大変さに気づきました。常に周りを気にしながら生活する習慣がつきました。また、日本にいるときはよく夜更かしをしてしまって授業中眠くなってしまうことがありましたが、今では12時に毎日寝るようにしているので、授業に集中して取り組めています。しかし、食事面ではあまりいい食習慣がついていないので、今年は正しい食生活を目指していこうと思います。火が使えないのでなかなか料理をすることができないんですが、工夫してちゃんと栄養を取っていこうと思います。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
元旦は違う学校に通っている昭和女子の子と、カフェで勉強をしたりどのような年にしたいかなどを話しながら過ごしました。また次の日が発表の日だったので、発表の準備をしていました。年を明ける際には、日本の番組を見ながら母と電話をして年を明けました。2日から学校ということもあったので、人生で一番正月ということを感じませんでした。新年は、食習慣をしっかりして健康に気を遣う、こつこつ勉強をすること、を目標に頑張っていきたいです。留学生活もすでに半分がたとうとしていて、時間の速さを感じます。留学が終わった時に後悔しないように一生懸命物事に取り組んでいきたいと思います。勉強面だけでなく、人としても成長できるような年にしていきたいと思います。

元旦に昭和女子の子とカフェにて

元旦に昭和女子の子とカフェにて

初めての大雪で積もった日の語学堂前

初めての大雪で積もった日の語学堂前

☆K・S☆

第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 1月編・その2~ [2017年03月16日(木)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
今年はもっと授業に積極的になりたいです。課題や予習、復習は今までもよく出来ていたので、次は授業中に積極的になりたいと思います。先生に当てられたら、答えるということが多いのでクラスのみんなに質問したらそこで積極的に答えられるようにしたいです。そして、自分の意見をしっかり持って、それを伝えるチカラも身につけたいです。自分がどんな事を考えているのかを伝えることも大切だと感じたので間違っていても積極的に取り組みたいです。

<学生寮での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
どう行動したら効率よく動くことができるか考えるようになりました。日本の家にいる時はトイレもお風呂も水も水道水が飲めたのですぐしたいことが出来ましたが、今の生活はトイレもシャワーも水も部屋から出ないといけないので、勉強時間を増やすためにも効率よく動いて時間を短縮させています。共同で使う物も多いので他の人を考えて綺麗に使うことは当たり前になりました。日本で生活していた環境や、親のありがたさが感じられます。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
家族が韓国に来ていたので一緒に過ごしました。元旦は初めて韓国の神社に行きました。やはり韓国は旧暦を使っているため、元旦の神社には日本ほどお参りに来ている人は少なかったです。韓国の神社に入る時に一礼しているのが特徴的でした。カラフルな提灯が飾られていて日本の神社とはすこし違っていました。今年は健康に気をつけて人間として成長したらいいです。机に座ってする勉強だけではなく、体験したりする勉強も積極的にしていきたいです。

韓国の神社

韓国の神社

韓国の神社のカラフルな提灯

韓国の神社に飾られたカラフルな提灯

☆K・U☆

第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 1月編・その1~ [2017年03月14日(火)]

 <今年はどのように授業に取り組みたいですか>
語学堂では今まで通り、次の日の授業の予習を隅々までやり、発表の課題も多いため、準備の時間を十分に確保するよう心掛けたいです。大学の授業では、前学期は単語や内容が難しく理解に時間がかかるという理由で次の授業の予習や、資料を読む作業を疎かにしてしまったため、今学期は留学に来た頃に比べると韓国語の語彙も増え、生活にも余裕ができたので、予習復習をきちんとして授業に臨みたいです。

雪が積もった日の朝、語学堂に行く道で

雪が積もった日の朝、語学堂に行く道で

課題や勉強をする学校近くのカフェ

課題や勉強をする学校近くのカフェ

<学生寮での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
洗濯、掃除、洗い物、食生活の管理をすべて自分でしなければならないことが想像以上に大変で、いかに今まで親に頼ってきたかを実感しました。また、日本の自室はかなり散らかっているのですが、今は2人部屋で常に友人と過ごしているため、整理整頓の習慣が身につき、与えられた空間をきれいに使おうと常に意識しています。そして私は何か嫌なことがあったときやプレッシャーを感じたとき、物事をマイナスな方向に考えてしまう癖があるため、そのようなことが続くと、一緒に暮らしている友人にまで不快で暗い気持ちに思いをさせてしまう!と思い、何事もポジティブに考えるよう心がけるようになりました。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
年越しの瞬間は友人たちの部屋に集まってカウントダウンをして、一人一人抱負を言い合いました。わたしの抱負は少なくとも人前では常に笑顔で過ごすということです。気に入らないことがあっても顔に出さない、愚痴を言わない、何事もポジティブに。当たり前のようですが、これを意識することでとても前向きになれると思います。もう一つは積極的に外国人の友人を作ることです。韓国語を話す機会を1分1秒でも増やして更なる上達を試みたいです。

授業で仲良くなった韓国人のお姉さんが作ってくれた料理

クラスメイトの韓国人のお姉さんが作ってくれた料理

 

☆M・T☆