第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 4月編・その2~

<一番大変な授業は何ですか>
一番大変だと感じる授業は、語学堂でのプロジェクト活動です。2人1組でペアになってクラスで1冊の雑誌を作る活動ですが、取材をしなければならかったり、韓国語で書かないといけなかったりと大変なことが多いです。また、Naverのカフェにやったことを日記のように書かなくてはならず、たくさんのことに気を遣う必要があります。語学堂が終わるころ雑誌になるので、今は調整作業ですが思ったより調整しなければならないことが多く大変さを感じています。

雑誌作りの作業
雑誌作りの作業
naverのカフェ
naverのカフェ
出来上がった雑誌
出来上がった雑誌

<仲良くなった友達について>
仲良くなった友達は、日本人もいれば中国人が多いです。特に、留学前は中国に対して良い印象を持っていなかったですが、ニュースに出ているような人たちはごく一部なのだと感じました。韓国人は、最近日本語学科の学生さんとの交流会のようなものもできたので、一緒にご飯を食べたり、出掛けたりとバディの韓国人とも出掛けたりご飯の美味しいお店を教えてもらったり、地元を案内してあげると言ってもらえるほど仲良くなれました。

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学して良かったと感じる時は韓国人だけでなく他の日本人や外国人との輪も広がったことです。実際、日本に帰国してしまえば会うことはなくなってしまうけれど、私たちと日本語で話したいと日本語の授業を取っている中国人の子を見ると、とても嬉しくなります。日本人の子には帰国後会うこともできるし、韓国人の子には今度日本旅行行く時には案内を頼まれるなど、留学していなければ言われないことだと思うので、良かったと思っています。

日本語の授業で使用している教科書
日本語の授業で使用している教科書
日本語の授業で使用している教科書の中身
日本語の授業で使用している教科書の中身

☆Y・H☆