第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 6月編~

<延長したクラスについて教えてください>
私が今とっているクラスはB2.1になります。今までのクラスと違って会話のテーマが抽象的なものになってきています。例えば人の感情についてであったり、幸せとは何かなど。一方でリスニングの内容は歴史・文化・政治の講演であったりディベートなどとても難しいものになってきています。今のクラスは生徒の国籍もバラバラで、皆しっかりスペイン語で話せるので今までよりも生徒同士で会話することが多く色々な文化を知れてとても楽しいです。延長したクラスは言語のクラスしか取っていませんが週5回あり以前と変わらず充実した授業です。

授業課題(マドリード近郊での旅行に関する動画)を撮りに休日にトレドへ
授業課題(マドリード近郊での旅行に関する動画)を撮りに休日にトレドへ

<ホストファミリーとは普段どのようなことを話しますか>
基本的に家族には何でも話すことができます。お父さん、お母さん、お姉ちゃん、妹で話す内容には違いがあります。日本とスペイン、アルゼンチンの文化・歴史・政治・ニュースや学校であったこと、友達のことなどの日常的なことなどよく話します。最近は特に自分の将来のことについて相談することが多いです。お姉ちゃんが私と年齢が一つしか変わらないので私と同じ悩みを最近まで持っていたこともあってか、家族に質問もされますしそれについてたくさん話すことが多いです。

ホストファミリーの姉の卒業式に家族と参加
ホストファミリーの姉の卒業式に家族と参加

<留学を延長して何を得られましたか>
日本語を話す機会がいまほぼゼロに近いので自分の語学の成長を直に感じることが出来ています。今までよりもスペイン人の友達と一緒にいる時間が格段に増えました。また、クラスもB2に進めたことは自分の中でとても大きいと思っています。授業は難しいことも多く、躓いたり悩むこともありますが、先生がいつも力になる課題を出してくださるので頑張れています。あと残りの1ヶ月と少し、スペイン語を吸収できるだけ吸収して日本に帰りたいです。

マドリードにある日本人学校での夏まつりと盆踊り
マドリードにある日本人学校での夏まつりと盆踊り

 

タパスの日にクラスのみんなと先生でバㇽに
タパスの日にクラスのみんなと先生でバㇽに

☆Y・Y☆