第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 9月編・その3~ [2017年11月30日(木)]

<今月学んだことは何ですか>
スペインと日本の生活を学ぶことができました。スペインで生活してみて驚いたことは、横断歩道を歩行者が横断しようとしていたら必ず停車することです。日本でも、交通ルールとして、横断者がいたら停車することが規則となっていますが、スペインの運転者ほど止まっていないと思いました。日本よりも罰則が厳しいのだろうと思いました。また、道路にゴミが落ちていることが日本よりも少ないと思いました。理由として考えられるのは、ゴミ箱が多く設置されていること、自動販売機が設置されていないこと、清掃員が毎朝道路を掃除していることです。ゴミが落ちていないのは景観を害さないためにも大切なことがわかりました。

街のあらゆる場所に設置されているごみ箱

<ホームステイ先での生活について>
私がホームステイ先で学んだことは、日本と生活時間が少しずれていることです。日本は日の出が5時半頃で日の入りが17時半頃ですが、スペインは日の出が8時頃で日の入りが20時頃です。3時間くらい生活時間の感覚が違うことが生活をしてわかりました。また、スペイン人はお話をするのが好きな人が多いこともわかりました。また一日に食べるご飯の量が多く、スペイン人は食にこだわりが強いことがわかりました。スペインには果物がたくさんあり、日本に比べとても安いので毎日食べることができます。日本で食べることができないものを進んで食べていきたいです。

20:30頃に日が暮れ始めるスペイン

ホストファミリー宅に常にあるフルーツ

<新生活を振り返って(反省点、改善したいこと)>
今月の反省点は、授業で学んだ動詞の活用が会話になってしまうとすぐに出てこないことです。ホストファミリーと会話をしているときに、動詞を不定詞で言ってしまったり、活用を直してもらうことが多々あります。今まで学んできた活用を会話でも活かせるように改善していきたいです。知らない単語がまだまだたくさんあるので、新しい単語を聞いたら確認する作業を引き続きしていきたいです。また、学校にいる時に他国の学生と会話をすることがあまりできなかったので、10月は進んで話していきたいです。

セルバンテス広場

☆M・H☆