第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 11月編・その2~

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テスト対策は授業で習った部分をもう一度見直しをして復習しました。教科によってテスト形式が全く違っていて、今回は初めてのテストということで少し大変でした。先生から言われたテスト範囲の単語を何度も書いて覚えました。リスニングのテストは、付属で付いているCDを何度も聞き直して、テストでどこの本文が出ても内容をしっかり理解できるようにしました。作文のテストでは400字で留学での困難について書かなくてはならなかったので、自分で書いたものを中国人の友達に添削してもらってテストに臨みました。

<寮生活で大変なことは何ですか>
今月から上海の気温も段々冬らしい気温になってきて、体調管理をするのが少し大変です。テスト期間で十分な睡眠をとることができず、また寒くなってきたこともあり、最近体調を崩しています。部屋では湯船につかることができず、シャワーでの生活になるため、体を休めることができないのがとても残念です。また寒くなってから外に出ることが憂鬱になってきている部分が最近あります。そのため運動もかねて、一日一回は外に出て買い物をしたり、散歩をしたり、友達と一緒に食事をしたりしたいと思います。

静安寺
静安寺にあるハンバーガー屋さん

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の大イベントは中間テストでした。留学に来てから初めてのテストでもあったので、どのような形式であり、どのようにテスト対策をすれば良いのか、とても悩みました。しかし、同じクラスの日本人の子や仲良くなった韓国人の友達がテスト勉強の仕方などを教えてくれて、なんとか無事に終えることができました。自信がなかった教科も自分が思っていたよりも良い結果であったので安心しました。しかし口語のテストで自分がまだまだであることがよくわかったので、次の期末テストに向けて日常生活から会話を増やしていきたいと思います。

口語の授業風景

 

☆M・M☆