第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その1~ [2018年02月21日(水)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テスト対策といった対策はしていません。毎日溜めないように宿題→復習→予習のサイクルで勉強しました。毎日の授業でわからない単語が多発するので、ノートに意味を書き留めてインプットしていました。スペイン語に耳を慣らすためにも、教科書に付属しているCDを時間がある時に聞くようにしています。文法は、日本で一通りやってきてはいますが、もっと詳しくやるので、日本で習った基礎の部分から振り返ってみました。宿題、復習、予習をきちんとしていればテスト前に、対策として焦ることはないです。

知らない単語がぎっしりの教科書と単語ノート

 

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
ママの兄弟の家で過ごしました。ホストファミリーのママが5人兄弟なので、24日と25日は両方とも大人数の親戚の方々と過ごしました。今回初めて会った人も沢山いて、スペインのクリスマスは家族と過ごす事をすごく重視していると思いました。クリスマスキャロルをバックミュージックに、仕事で普段は忙しくても、親戚みんなで楽しく集まって食事をするスペインのクリスマスは、とても良い伝統だと思いました。クリスマスをファミリーと一緒に過ごせたのは、一生の宝物です。

クリスマスに飾る「ベレン」というお人形(写真右側)

全員入りきらなかったけど…家族写真

 

<今年を振り返って>
振り返ってみると、あっという間でした。来たばかりの頃は、例えば、ホームステイ先でシャワーを浴びるタイミングなど、小さいことを気にしていたりしていましたが、今はだいぶ慣れてリラックスできています。言語は、最初来たばっかりの時は、本当に何も理解できなくて、悩んでいたけれど、前よりは進歩したと思います。あっという間に過ぎてしまったので、もっと1日1日を噛み締めて過ごしていきたいと思います。2018年の目標は、スペイン語を使って、たくさんの人と出会って、もっと交流することです。スペインにいる間しかできない事を一生懸命こなしていきたいと思います。

日本語を勉強しているスペイン人との交流会に早速参加!

☆N・O☆