第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その3~ [2018年02月25日(日)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
授業で使用している教科書とワークを何度も読み返して文法事項や単語を覚えることと、授業内で扱った練習問題をたくさん解くことをしました。私はテスト勉強の際には特別新しいことをしようとは思わず、ひたすら今まで勉強してきたことの復習をするようにしているのですが、その際に文章を大きな声で音読することを心掛けています。そうすることでスペイン語を読む力や、話すために必要な言葉の言い回しなども頭に入れることができ、効率よく勉強できていると思います。また、今回はリスニングやオーラルの試験もあった為、教科書のCDを毎日聞いて練習もしました。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブはホストファミリーと一緒に過ごし、夜はお祖父ちゃんの家で大勢の親戚の方々と一緒に食事をしました。全員で20人くらいの人々との食事であった為、最初は緊張していましたが、ホストマザーが調理をすることろから私にも手伝わせてくれたり、食事の時には隣に座ってたくさんサポートしてくれたおかげで、家族と一緒に楽しくクリスマスを祝うことができました。初対面であった親戚の方々もとても親切で優しかったです。その後、ホストマザーとホストシスターが教会でのミサに誘ってくれて、24時から一緒に教会に行ってお祈りをしました。私は無宗教である為、ミサに行くのは初めてでわからないことばかりでしたが、そこでもホストマザーが一つ一つ丁寧に説明してくれて、貴重な体験をすることができました。クリスマスをホストファミリーと一緒に過ごして、彼らとの距離がさらに縮まった気がしますし、スペインの文化を身をもって体験することができて本当に嬉しかったです。

ホストファミリーや親戚の方々とクリスマス会の準備

ホストシスターと一緒に作ったチョコパイ

自宅の装飾(クリスマスツリー)

自宅の装飾(キリスト教の伝統的な人形)

自宅の装飾(クリスマスまで各日曜日に火を灯すキャンドル)

<今年を振り返って>
今年を振り返ると、スペインに来る前も来てからも、とにかくあっという間に月日が経って行ったと感じています。留学前は、楽しみな気持ちよりも不安や心配の方が多かった気がしますが、留学が始まるとすぐに楽しい気持ちの方が大きくなり、学校のクラスメイトや先生方、ホストファミリーのおかげで、とても充実した毎日を過ごすことができたと感じています。そして、1年前や半年前の自分と今の自分を比べてみると、勉強面や生活面など全てにおいて成長したと思えることばかりだと思います。特に勉強面に関しては、留学前からの努力が報われたと思うことが多く、日々の勉強の大切さを実感しました。

☆N・N☆