2019年4月

第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 2月編・その3~ [2019年04月30日(火)]

<一番楽しい授業は何ですか>
授業は3つしかないのでどれも違った楽しみがある。普段の文法などを習う授業では先生の説明がとても分かりやすく、またグループワークなどもたくさんあるため日本人以外の生徒との交流が持てる。会話の授業では、一人一人プレゼンテーションを行なったり会話を楽しむことができている。また、金曜の文化の授業は1番充実している。なぜならスペインの建物の設計方法を学んだ後、自分の目で確かめることができるし、現地の先生に教えてもらうことでより理解が深まると感じる。スペインの映画を観賞する際に詳細を学んでより深く映画を理解できることがとても嬉しい。その後クラスメイトと討論を行えることも楽しみの1つである。

クラス写真

<週末はどのように過ごしていますか>
週末の夜はマドリードで行われているインテルカンビオに参加し、日本に興味のあるスペイン人と交流を持つようにしている。インテルカンビオではスペイン語だけでなく、スペインのお勧めのバルや観光名所なども教えてもらい、たまに一緒に出かけることもある。また、友達とマドリードやアルカラのバルやレストランで夕飯を食べる。週末はホストファミリーが基本的に家にいるため昼食を一緒にとっている。午後は家族と映画を見るか、友達とマドリードに出かける。自習や課題を行う時間も確保しているが、もっと増やさなければならないと感じている。

インテルカンビオ

家族に日本食を振る舞った時

<普段の生活で注意していることや気を付けていることはありますか>
健康面では、最近だんだん気候が暖かくなってきているが、登校時と下校時の寒暖差が激しいため体調管理を気をつけている。ホストファミリー生活では、毎日コミュニケーションを取り、良い関係を築けるようにしている。勉強面では、授業に遅れないために授業中に出てきた言葉をすぐに調べ覚えるようにしている。留学生活ではより良い生活を送るために、注意しなければならないことが多くある。そのためストレスが溜まることもあるが、それもまた留学経験である。あと残り3ヶ月ほどだが今まで以上に様々なことを考え、充実させていきたいと考える。

登下校の道

☆A・H☆

第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 2月編・その2~ [2019年04月29日(月)]

<一番楽しい授業は何ですか>
月曜から木曜のスペイン語のコミュニケーションの授業が一番好きです。先生が話し合う時間をくれたり、一人一人が発言するのをしっかり聞いてくれるし、気づいたことや知りたいことをその場で聞きやすい環境で私にとてもあっていると思います。読み書きは苦手ですが、話したり聞いたりするのは得意なので、すごく面白いです。毎回テーマは違って、その時々で単語を吸収できることや、多方面の知識がついていくので、スペイン人の友人や家族との話題でも活かせていると思います。

<週末はどのように過ごしていますか>
週末はテストが近い週以外は、スペイン人の友達や学校の友達と一緒に過ごしています。マドリッドへ出かけたり、少し遠出して日帰り旅行のようなこともしました。日本にいる間に想像もしなかったほど多くの人に知り合えて、仲良くしてくれる友達も増えて本当に充実しているし、たくさんの刺激をもらうことができていると思います。最初のころにスペイン語に自信が全くなくても、新しい出会いの場に積極的に行ってよかったと思います。また私の家は週末になると親戚がご飯を食べに来るので、家族と一緒に過ごすこともあります。

マドリッドの公園

友達と日帰り旅行Ávila

Intercambio

 

<普段の生活で注意していることや気を付けていることはありますか>
自分と異なる価値観や文化を尊重することを忘れないようにしています。スペイン人はもちろんのこと、学校にいるほかの国からきている多くの留学生に対しても、必ずリスペクトの姿勢を持つことが大切だと思います。特に歴史や政治関係、宗教の話をするときはいつもよりも注意して話すようにしています。これは別の文化を持つ者同士がコミュニケーションをとる上で、忘れてはならないことだと思います。スペインで自分が外国人として生活してみて、リスペクトをもって接してくれる人もいれば、実際に気持ちの良くないことを言われたりすることもあります。しかし、そのどちらの経験も私にとっては非常に勉強になっています。

クラスの中国人の友達が作ってくれた餃子

☆Y・N☆

第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 2月編・その1~ [2019年04月28日(日)]

<一番楽しい授業は何ですか>
先週から始まった、映画に関しての授業です。残念ながら文化の授業は週に1回しかありませんが、スペインの映画を知るよい機会だと思っています。スペインの映画は日本の映画とはまた少し違った結末を迎える作品も多いのでとても面白いです。また日本の映画のジャンルとスペインの映画のジャンルは似ていますが、青春ものの映画はスペインでは恋愛ではなく子供達の友情や成長を描くものが多くとても興味深いです。次回の映画の授業では、先生が用意してくださった映画を見る予定なので大変楽しみです。また、その映画に関しての課題が出ているのでいつも以上に映画の世界に入り込んで授業を受けようと思います。

カルチャーの授業でアルカラ大学の本キャンパスを見学

<週末はどのように過ごしていますか>
週末は特にすることは決まっていませんが、土曜日は必ずどこかへ出かけるように心がけています。最近は天気が良く暖かいので、朝から近所の公園にウォーキングしに行きます。スペインでは知らない人同士であっても気持ちよく挨拶をしたり、犬の散歩をしている人同士で話が盛り上がっていたりと、スペイン人ならではのフレンドリーさを感じることが多いです。その為、私もスペインへ来てからは同じマンションの方やご近所の方に挨拶をすることを心がけています。また、1、2月はスペインで年に2回の大きなセールの期間だった為、友達と沢山買い物をしました。日曜日は次の日学校がある事を考慮してあまりアクティブに活動せず、近所を散歩したり、自習する時間に充てることが多いです。

レストランにて海老のアヒージョ

2月いっぱいで帰国してしまう長崎の学生と寮でピザパーティー

先日訪れたレイナ・ソフィア美術館

<普段の生活で注意していることや気を付けていることはありますか>
当たり前ではありますが、ホームステイでお家を借りているという自覚を持ち、常に自分の部屋や身の回りを整理整頓して保つように心がけています。自分の身の回りを片すことで勉強しやすい環境を整えることにも繋がると思っています。また、自分に余裕がある時はマザーのお手伝いをするように心がけています。マザーのお手伝いをする事で、マザーとの距離を縮めることができ、積極的にスペイン語を話すチャンスにも繋がると思うので今後も続けていきたいです。

☆A・T☆

第2期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 2月編~ [2019年04月27日(土)]

<一番楽しい授業は何ですか>
午前中の授業は、話す・聞くのコミュニケーションが中心の授業と、読み・書きの文法が中心の授業に分かれている。コミュニケーション中心の授業の方が、話が通じたときの喜びがあったり、新しく覚えた単語を活用できたりするので楽しいと思う。また、他国の留学生の話を聞いたりするのも面白い。9人で授業を受けているので、授業では何度も先生に当てられる。そのため、どの授業も発音や文法ミスは必ず直してもらえる。今期は、教科書が新しくなったため、知らない単語が多く今まで以上に予習が必要になった。

今期から使う教科書

クラスの様子

<週末はどのように過ごしていますか>
週末は基本、部屋の掃除や、一週間分の食べ物をまとめて買いに行ったりしている。また、日越交流会があれば参加したり、友達に誘われた時には遊びに外に出たりもする。最初の頃は積極的に外に出て活動しなくてはいけないと思い色々な所に行っていたが、最近は部屋でゆっくり過ごすことが多い。予定がなくても、土日を無駄にしないように生活リズムには気を付けたい。

週末にベトナム人とインド人の友人と

ベトナム人の友人と、バッチャン村で陶芸を体験

ベトナム人の友人

<テト(旧正月)はどのように過ごしましたか>
テトは、日本に一時帰国したため日本で普段通り過ごした。やはり日本の生活は何でもあり、便利だと感じた。テト休暇中はベトナム語に一切触れず、遊びに行ったり、やりたいことだけをした。その結果、テト休暇後ベトナムに戻り、街中で話し掛けられた時や、普段通り購買で注文をしようとした際に、ベトナム語がすぐに思い浮かばず、口から出てこなかった。勉強しないと一瞬で忘れてしまうと改めて感じた。残りの三ヶ月間は授業にしっかり出席し、集中して取り組みたい。

☆S・O☆

第9期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 2月編・その2~ [2019年04月26日(金)]

<一番楽しい授業は何ですか>
留学中の授業で楽しくなかった授業はなかったです。全ての授業が充実していてどれも楽しかったです。発表やバロムはチームプレイを通して準備する中で韓国人の友達と関われる楽しさや、ある授業では香水を自分で作ったたり、服に関する授業では手芸をしたり博物館見学をしたり、楽しい授業がたくさんありました。特に個人的に香水が好きなので香水を作った時は、香りを選ぶ際は本当に大変でどの配合すればいい香水が出来るのだろうと悩みました。

<週末はどのように過ごしていますか>
最近は博物館や美術館、本屋さん、化粧品の展示イベント、ミュージカルなどを観に行ったりしています。去年は毎日勉強、勉強の日々を送っていたので、このような所に行けなかったのですが、今は時間に余裕があるので行ったりしています。特にミュージカルは学生割引もあって日本より気軽に観に行けることができます。生で歌声を聞けるのと観客の拍手が鳴り止まない、あの空間がとても感動的でとても好きです。そして本屋さんに行くのも楽しいです。韓国の書店は日本の書店に比べるとその場で読める椅子や机が設備されていることが多いです。よって購入しなくても様々な本を読むことができます。どんな本が人気なのか把握でき、さらに韓国語の勉強にもなるので良いです。

<旧正月はどのように過ごしましたか>
前ルームメイトだった韓国人の友達とカンヌンへ行ってきました。カンヌンへ行くのは今回で3回目でしたが韓国人と行くとまた違う感じがしました。食べ物はその友達に任せて行ったのですが初めて見る物ばかりでとてもワクワクしました。韓国では有名なアサリのご飯や麺料理、ジャガイモの餅、コーヒー屋さん、ホットクアイスなど食べました。そして烏竹軒にも行きました。ここは5万ウォン札と5千ウォン札に描かれている親子にゆかりのある所です。銅像や肖像画などの展示があり、見ていて面白かったです。また、カンヌンと言ったら海なので行きました!雲ひとつもない空に奇麗な海だったのでとても感動的でした。

カンヌン名産 ジャガイモで作った餅が入っている「オンシミ」スープ

カンヌンにある鳥竹軒、5万ウォン札の女性銅像

韓国銀行貨幣金融博物館

韓国銀行貨幣金融博物館にある本物のお札か判断する機械

カンヌンの海岸

☆Y・I☆

第9期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 2月編・その1~ [2019年04月25日(木)]

<一番楽しい授業は何ですか>
前回の学期、一番興味深かった授業は西洋音楽の理解とバロム人生教育だった。西洋音楽の理解では西洋音楽のジャンル別に、その音楽が流行した背景や聞いていた層について説明を聞き、実際に音楽や映像を観賞しながら授業が進められ、座学ではあったが毎回授業が興味深い内容だった。バロム人生教育は学期中の2週間、韓国人の学生たちと生活を共にしながら、他人との関係や、自分について振り返ることのできる授業だ。最初はルームメイトの学生たちと上手くやっていけるか心配したが、毎日行われる討論の授業や話し合いを通して、仲が良くなり最終日には一緒に配達して食事をしたりとても仲が深まった。日本人一人で、韓国人学生の輪に入って自分の意見を発表したり意見交換を行うのは、とても良い機会だったと思う。

バロム人生教育の授業で仲良くなったルームメイトの韓国人学生たちと一緒に

<週末はどのように過ごしていますか>
週末は毎回外に出るわけではないが、なるべく外に出るように努力している。新しい映画の情報をチェックして興味があるものは見に行ったり、展示会を見に行ったりして過ごしている。他にも音楽番組の現場を見に放送局を訪れたりしている。最近は前の学期に一緒にスタディー活動をした日本語学科の学生たちとご飯を食べに行ったり、友人の韓国人と出掛けた。他には個人的に韓国の本屋さんやブックカフェがとても好きなので、本屋にはよく出入りし、本もたくさん読むようになった。冬場は、とても寒い日が多くなかなか外に出るのが難しい日も多いが、韓国も気温があがってきているので、春になったら韓国の桜を見に行ったり、学校の近くにある山を登ってみたりしたいと思う。

ソウルイラストレーションフェスティバルで購入したノートや文房具

韓国の音楽番組見学でもらった風船と放送局

韓国人の友人と出かけた時

星の王子様を元にした美術展示会

<旧正月はどのように過ごしましたか>
旧正月の時期は、歯の治療のため日本に帰国していた。帰ってきたときも少し休みが続いていたので、空港から戻る地下鉄が混雑していて、その時期に正月だということを実感した。私が戻った頃にはお店なども通常通りに運営をしていたが、スーパーなどでお餅を売っているところが多くあって、いつもとは違う雰囲気を感じた。SNSで韓国人の友人がお年玉をもらっている写真を見て、韓国では1月1日ではなく2月の旧正月にお年玉をもらうことを初めて知り、不思議だった。韓国は元旦よりも旧正月がより盛大だという印象を受けた。来年は最初からこちらで過ごし、韓国の旧正月を体感してみたいと思う。

☆M・S☆

第9期生・韓国留学便り ~淑明女子大学校 2月編~ [2019年04月24日(水)]

<一番楽しい授業は何ですか>
今は長期の休み中なので大学での授業はなく、2月は語学堂でしか授業はありませんでしたが、毎週金曜日にある特別授業の動画を見ながら行う授業が一番楽しかったです。動画はドラマや、バラエティ番組であったり、歌も聞いたりしてとても楽しみながら授業を受けることが出来ました。また、毎回先生が台本をくれるので部屋に帰ってからその台本を見ながら動画を見て復習することもできました。文法などの授業で教わるものだけではなく、韓国人が日常で使う言い回しなどを学ぶことが出来ました。

<週末はどのように過ごしていますか>
できるだけどちらか片方の日はだれかを誘って外に出るようにしています。大体決まった友達としか行かないので、語学堂のほかの国から来た子たちとも今後は一緒に行けたらいいなと思っています。または、散歩がてら近所や一駅先ぐらいにあるスーパーまで食料や日用品の買い出しに行っています。もう一日は洗濯をしたり、部屋の掃除などをしたりしながらゆっくり過ごしています。残りの時間は動画を探して見たり、親に一週間あったことを電話で話したりしています。

<旧正月はどのように過ごしましたか>
旧正月の間は語学堂も休みだったので済州島に行ってきました。短い時間ではありましたが充実した旅行になりました。済州島に到着したときは少し雨が降っていて天気がよくなかったのですが、少し時間がたってからは晴れて来てくれたので良かったです。海沿いにあるカフェに行ったり、市場に行き、おいしいものをたくさん食べました。タクシーを一日レンタルしたのでツバキを見たり、世界自然遺産である溶岩洞窟にも行くことが出来ました。旧正月の期間中だったので行きたくても開いてないお店があったのは残念でしたが楽しむことが出来ました。

済州島にある石像の形をしたまんじゅう

海が見えるカフェ

済州島の市場の入口

世界自然遺産の万丈窟

☆M・H☆

第9期生・中国留学便り ~上海交通大学 2月編・その3~ [2019年04月23日(火)]

<一番楽しい授業は何ですか>
一番楽しい授業は中国民俗の授業でした。中国民俗の先生は去年からの口語の先生で授業もとてもわかりやすく楽しく教えてくれるのでこの先生の授業はいつも楽しみでした。中国民俗の授業内容は中国の伝統文化や習慣を習います。中国にいてもなかなか文化に触れる機会は少ないのでこの授業で中国のいろいろなことを知ることができました。とてもためになる授業だったと思います。来学期もこの先生の授業があるのでそれもとても楽しみです。この民俗の授業はこれまでの授業の中でもいちばん楽しいと思えた授業でした。

<週末はどのように過ごしていますか>
週末はだいたい外に出るようにしています。ネットで今話題のスポットや人気のお店などを調べて行くのが週末の楽しみの一つです。また、週末を使って文研に行くようにしています。平日はなかなか時間がないので週末にゆっくり見に行くことが多いです。これからは、上海の街から少し離れた場所にも行く予定です。残り4ヶ月の間にできるだけたくさんの場所に行ってみたいなと思っています。いろんな場所に行くことで中国をより知れると思います。

大众点评というアプリで探して行ったお店①
~カルボナーラが絶品~

大众点评というアプリで探して行ったお店②

金魚のアクアリウム展

<春節はどのように過ごしましたか>
今年の春節は張家港というところに行きました。上海では春節時の花火や爆竹などの伝統的な行事を見ることができなくなったので、上海から離れたところに行くことでそれらを見ることができました。初めて中国の春節らしいものを感じることができました。とても楽しかったです。また、上海人の友達の家庭にお邪魔しました。たくさんの親戚が集まって楽しくお話したり、豪華な食事がいっぱい出てきたりと、日本のお正月のように楽しかったです。

春節に上海人の友達の家にて

☆T・W☆

第9期生・中国留学便り ~上海交通大学 2月編・その2~ [2019年04月22日(月)]

<一番楽しい授業は何ですか>
総合課が一番楽しいです。新出単語が出てきて、先生の説明だけでは理解出来なかったり、中国特有のものだったりした時に、すぐにネットで画像を検索してくれて見せてくれるので目で見て理解することが出来ます。耳で聞いて理解するよりも目で見て理解するほうがとても印象的なので覚えやすいです。また、総合課なので読みも書きもどちらもやるので大変な部分もありますがその分先生が丁寧に教えてくださるので、小テストでよい点数が取れたときや先生の質問にちゃんと答えられたときにとてもやりがいを感じます。

<週末はどのように過ごしていますか>
土曜日に日中友好成人式の集まりがあるので参加しています。昭和以外の日本人留学生と交流することが出来、自分が留学中に活動したことが成人式として残せるのでとても良い機会だと思っています。日曜日は友達と映画を観に行ったり、バドミントン等をして身体を動かしています。日本に居たときよりも運動をする機会が減ったので意識的に動かしていきたいです。また、最近上海に住んでいる日本人が活動している上海ブラスバンドという吹奏楽団を見つけたので今週末に見学に行こうと思っています。

半年間準備していた日中友好成人式にて
~日中友好成人式実行委員のメンバーと~

友達と映画を見に行きました

バドミントン場の様子

<春節はどのように過ごしましたか>
春節は上海で過ごしました。春節の上海は帰省している人が多くてしまっているお店がほとんどで少し寂しかったです。デリバリーを頼もうと思ってもやってないお店が多いので不便でした。春節当日は上海ディズニーランドで行われている美女と野獣のミュージカルを観に行きました。日本でも見たことがあったけれど同じ話でもセリフの言い回しが違ったり、雰囲気が全く違いとても面白かったです。また上海に来て1か月ほどの時に、一度違うミュージカルを観に行ったことがあったけれどそのときよりもセリフが聞き取れてほんの少しだけ自分の成長を感じました。

美女と野獣のミュージカル①

美女と野獣のミュージカル②

☆C・S☆

第9期生・中国留学便り ~上海交通大学 2月編・その1~ [2019年04月21日(日)]

<一番楽しい授業は何ですか>
時間割通りの授業を一通り受けてみて、今のところ一番楽しみなのは魯迅作品だけを取り扱った授業です。魯迅は中国の現代思想を語るうえで最も重要な人物で日本にいる時から名前はもちろん知っていましたが、先学期の現代文学での授業やまた魯迅記念館に行った経緯から当時の中国人に対する魯迅思想の影響力を驚くほど感じたので中国文化を勉強する者として学ぶ価値のある授業だと思います。一人の作者の思想や作品をここまで掘り下げることもなかなか出来ないと思うので、貴重な機会を大切にしたいです。

魯迅文学授業中の様子

<週末はどのように過ごしていますか>
上海に帰って来て一週間しか経っていないので今学期のことは何とも言えませんが、前学期は友達と博物館や美術館に行くか一人で学校内のフリースペースで勉強していました。前学期放課後の時間をよく一緒に過ごしていた友達が博学で、博物館・美術館に行くことを趣味にしていたので、わたしも文化講座のレポートの材料になるかと思い一緒に行っていました。中国の博物館・美術館は無料で入場できるところが多くあり、例え無料にならなくても学生証を提示すれば半額で入れる場所がほとんどで決められた金額の中で生活費をやり繰りしないといけないわたしにとってとても助かっていました。

週末に訪れた中華芸術博物館内の作品

中華芸術博物館の外観

<春節はどのように過ごしましたか>
2年目は春節の街の盛り上がり具合を自分の目で見たいと思いつつ、日本で過ごしていました。今学期が最後の留学期間で、せっかく中国国内にいるのだから日本からだと交通費にお金がかかってしまうような場所に旅行に行こうと友達と事前に約束していたので、冬休み期間は旅行費用を稼ぐために日本でアルバイトをしていました。とあるデパートで販売のお仕事をしていたのですが、そこでの中国人観光客の多さにとても驚きました。韓国人や欧米人もいることにはいますがそれに比べて圧倒的に中国人が多かったです。それに従って店内アナウンスも日本語英語の次に中国語が流れていて、その中国語アナウンスや中国人観光客同士の会話を聞き取ろうとする努力をしていました。

冬休みに日本でアルバイトしていたお店が上海にも少し名前を変えて存在していた

☆M・K☆