第10期生・韓国留学便り~淑明女子大学校10月編~ [2019年12月06日(金)]

<授業には慣れましたか。また、授業で大変なことは何ですか>
はじめに比べて授業には、かなり慣れてきました。語学堂のクラスのことも話す機会が増えてきました。語学堂のクラスでは少人数な上に、先生が定期的に席替えをしてくれたり、ペアーワークやグループワークをする時間もかなり多いのでクラスメイトとたくさん話せて仲良くなれるので嬉しいです。授業で大変なことは、進むスピードが速いし、全て韓国語や英語など母国語以外の言語なので、しっかり聞いてついていかないと、すぐにどこをやっているのか分からなくなったり、聞き逃したりしてしまうことです。

<学生寮での生活で楽しかったことは何ですか>
学生寮での生活で楽しかったことは、24時間ずっと、友達と一緒に過ごすことができるので、くだらない話で盛り上がって喋ったりするのも楽しいです。一緒に夕飯を作って食べたり、一緒に出前を取って食べたりするのも楽しいです。週末には、ルームメイトと一緒に買い物に出かけたり、カフェに行ったりするのもとても楽しいです。ルームメイトも昭和女子大の友達ですが、日本では、あまり一緒に買い物に行ったりする機会がなかった子たちなので、学生寮での生活で絆を深められたことがとても嬉しいです。

ルームメイトと一緒に作った牛丼

ルームメイトと一緒行ったカフェ

ルームメイトと一緒に見に行った漢江の花火大会

<ハングルの日と開天節は何をしましたか>
10月9日の開天節は中間テストが近かったので、一日中家にいて、語学堂のワークやテキストの勉強、授業のプリントや教科書の勉強をして過ごしました。10月3日のハングルの日は、1人で大学路に行って、韓国の演劇を観てきました。全て韓国語での演劇なので、はじめは全て理解することが難しくて大変でしたが、だんだん、耳も慣れてきて、理解できるようになってきました。私は、演劇やミュージカルを観に行くことが好きなので、同じ趣味の友達もできて、とてもいい経験になりました。

大学路最寄り駅

演劇を観に行った大学路

観た演劇のチケット

☆K・H☆