第10期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校10月編~ [2019年12月11日(水)]

<授業には慣れましたか。また、授業で大変なことは何ですか>
授業内容は難しいですが、少しずつ慣れてきたと思います。今学期は発表が多いので大変です。発表はチーム発表で韓国の学生と一緒にします。国文学史の発表では30年代詩人についての発表をするのですが、資料調査をするのがとても大変です。文学史や研究本などから資料を見つけるのですが、昔に発行された本などは、漢字も多く理解するのに時間がかかります。同じチームの人に迷惑をかけないように日々発表準備を頑張っています。他にもプロジェクト活動がありその授業では、実際に大学外でアンケート調査、自分たちのプロジェクトを広めるための野外活動もあります。座学だけの授業だけではなく、実際に自分で調査をし、一つのものを作り上げる大変さを実感していますが良い発表、プロジェクトになるように頑張りたいです。

国文学史の発表の原稿

<学生寮での生活で楽しかったことは何ですか>
寮で楽しかったことは、友達と一緒にご飯を食べたことです。最近は一人で食べることが多かったのですが、久しぶりに友達とご飯を食べたのでとても嬉しかったです。ご飯を食べながら、最近大変な事、楽しかったこと、行ってみたい場所などについて話しました。特に中間考査が終わってから食べるチキンは最高でした。韓国では、食べ物の配達をしてくれるアプリを使うと、たまにイベントで割引してくれます。この間は、チキンが半額で食べることができました。とても嬉しかったです。寮のいいところは、常に友達と同じところに住んでいるので、直接話したいときもすぐに話すことができるし、テスト期間が近づいてきたら一緒に遅くまで勉強ができるところです。お互いに支え合いながら生活できるのが良いなと思いました。

寮でルームメイトと映画を見ながら
チキンを食べたときの写真

<ハングルの日と開天節は何をしましたか>
祝日はハヌル公園に行ってきました。この時期はススキのお祭りが開かれていて公園一面にススキが咲いていてとても綺麗でした。この公園はハヌル(空)の名前の通り山の上にあり公園までの道のりの坂道が多く大変でした。しかしその坂道を超えた後にはきれいなお花が広がり、ソウルの景色も一望できます。私は、土曜日に行ってのですが子供からお年寄りまで幅広い層の人たちが大勢いました。公園で景色を見ながらピクニックをする人もいました。韓国のお友達からここは元々はごみの埋め立て地だったと聞いてとても驚きました。今度は違うお花が咲く時期に行ってみたいなと思いました。

ハヌル公園での様子

ハヌル公園での様子

ハヌル公園での様子

☆M・K☆