第10期生・韓国留学便り ~漢陽女子大学校1月編~ [2020年03月19日(木)]

※こちらは2020年1月時点の報告書で、現在は帰国しています。

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
去年は留学に来て間もなかったということもあり、ただ授業内容を必死に聞き取って淡々と言われたことをこなす要領で授業を受けていたが、今年は帰国までのカウントダウンが始まってしまうので、改善してよりよい心意気で授業を受けたい。復習も大切だが他言語で授業を聞くにあたって重要なのは予習だと考える。次回の授業内容に予め目を通しておくと先生の話が聞き取れないことがあっても検討をつけることができ、復習をするときにも理解が深まると思うので予習をしっかりとして授業に取り組みたい。

<学生寮での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
私は留学に来るまで姉とふたりで暮らしていたので気を使うことも無く自分の好きなように生活をしていたが、寮で共同生活を始めてから自分がしたいことをする前に相手のことを考えるようになった。また、相手に対してして欲しいことや、直して欲しいことを直接言うことで相手といい関係が続けられることを学んだ。衝突を避けたくて思ったことを言わずにいると相手とも意思疎通が上手くいかなくなるが、お互いに思ったことその場で言うようにしてからお互いに対して理解が深まり、なんでも言える存在になった。とてもいいことを学べていると思う。

<元旦と旧正月はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
大晦日から元旦にかけて友達とカウントダウンをしている鐘閣というところに行き、初日の出を見るために山を昇ったが、天気がとても悪く初日の出は見れなかった。その日はとても寒く眠さもあってかなり疲れた。しかし、マイナス10度の気温に耐えながらカウントダウンをしたこと、想像以上に高かった山の頂上まで元旦から登ったことは、今思えばとても思い出深い経験になった。そして昼からは昭和の友達と韓国人の友達とスーパーでプルコギ、サムギョプサル、タッカンジョン、ドーナツ、餅を買ってきて寮で「あけおめパーティー」をした。旧正月は明日で月曜日まで語学堂は休みだが、連休の間は店がどこもやっていないと聞いているので特に予定は無い。新年の抱負は、日本に帰国した時に自分で自信を持てる何かを作ることだ。

新年カウントダウンをした鐘閣の近くで装飾されていたイルミネーション

1月1日、初日の出を見に山を登ったが曇りで見えなかった写真

新年カウントダウンが終わった後に食べた2020年初ごはん、カムジャタン

韓国人の友達と寮で新年パーティーをした時の写真(サムギョプサル、プルコギ、タッカンジョン、ドーナツ、餅)

☆M・W☆